So-net無料ブログ作成

macOSをUSBメモリに入れられた。 [MacOSX]

2019年のMacBook AirではUSBブートできないと思っていてそう書いたけれど、インストーラーを落としてきてUSBに入れることができて、インストール後にブートできました。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201475

ただデフォルトでUSBブートできないようになっていた(MacBook Air early 2019)ので、それを解除しないといけないのはある。でも、選べば解除できるのでそんなに難しいことはない。

ネットワークブートのように入れ込むドライブを選んでから入れるというのではなくて、入れてからそこからブートするというものでした。前はそうじゃなかったような気がしたんだけど、まぁやり方がわかればそれでいい。ただ、同じマシンで違うドライブでブートしようとすると、Apple IDが重複してしまうためかいちいち認証が必要となっていた。

まぁ認証させなくても使えるんだろうけども、Apple側のクラウドの各種機能は使えなくなってしまいそうなので、それはそれで不便だろうと。ただ、まっさらな環境での動作確認という役割だけだったら別に不便はなさそうな気はした。それにUSB側のOSからAirの本体のSSDにアクセスできたので特に問題はないかなと。

そんなわけで動作確認用の環境は用意できた。そんなんじゃなければ他の環境なんて普通いらないよね。本来のSSDにはドカドカ開発環境を入れてその影響が出るだろうから、やっぱり確認は必要なんだよね。面倒だけどやりました。





OSのインストールとは全然関係ないのですが、Macにはlddコマンドがなくてotool -Lで調べないといけないみたい。
なので
otool -L `which MP4Box`

みたいにしないと依存性が見られないとさ。これはMacがFreeBSD系のものであるからか、それともgcc系から離れてLLVMになってしまったからか。でもLLVMでコンパイルしてもlddは使えるそうなので、macOS自体の問題なのだろうね。めんどくさぁ。

そもそもlddを思い出すまでに、nmとかldconfigとかのコマンドを調べてしまった。まぁ復習できてよかったけど。ピンポイントでしか使わないツールってコマンド名すら忘れる…。ましてやMacにしか使えないものなんて覚えようとすらしてない。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2019/09/14 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2019/09/13 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2019/09/12 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2019/09/11 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2019/09/10 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2019/09/09 [Twitter]


コメント(0) 

コマンドラインアプリをGUIアプリにする前の下調べ。 [プログラミング]

MacでWindowsのShellExecute()のようなことをしたい場合どうしたいか、調べたらすぐに出てきた。

https://codeday.me/jp/qa/20190508/790510.html

壊れたような日本語に翻訳されたサイトですが事足りるので別にいい。要するにopenコマンドをsystem()関数で呼び出せば済むだけなので、ファイルのパスを探してくるだけで、手間はShellExecute()と大して変わりません。面倒がなくていいね。というか、コマンドになっているからシェルスクリプトに書けるというメリットがありますね。

そういやsystem()関数とか呼ぶのは、Swiftではどうやってたかな。というか、Swiftあんまりやってないんだよなぁ。SwiftとC言語の関数とかどう互換性があったのかよくわからない。

http://moapp.hateblo.jp/entry/2017/01/04/221623

system()関数を呼び出そうとするとエラーになるそうで。Cocoa的にNSTaskを使えばいいっぽい。

https://qiita.com/kitanoow/items/8b551a2d121ff95ef553

細々なことをしようとすると面倒臭いっぽいが、コマンドを発行する程度ならそんなに面倒じゃなさそう。ただコマンドのフルパスを指定しないといけないとか、UNIXのお作法的に気持ち悪すぎる。普通パスが通っているところにフルパスを指定するとか謎仕様なんだけど、パスを指定する設定がないので仕方ないのかな。

まぁMacだけで使うのでパスが固定されていてもそれほど問題はないのかもしれないけど、なんらかの変更があった時には対応できないよな。というか、そういう仕様はUNIXとしてかなり腐っている感じがするのは私だけでしょうか。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2019/09/08 [Twitter]


コメント(0) 

convert2mp3.netがなくなったので [ソフトウェア]

今までFirefoxのアドオンでYoutubeから音を抜いていた。convert2mp3.netを使うアドオンだったのだが、サイトがなくなって使えなくなってしまった。かなり残念。

他の音だけを抜けるアドオンがあったのだが、生のAACでiTunesでは再生できず、それゆえにiPhoneに入れられないという事態に陥っていた。それを回避するためのconvert2mp3.netだったのだが、いろいろ問題があったらしく閉鎖されてしまった。


その他のアドオンでAACを取ってきて、MP4Boxで変換をかければそれで済むのだが、正直コマンドラインを開くのが面倒。それにMP4Boxの引数がちょっと気持ち悪くて覚えづらい。

$ MP4Box -add input.aac out.m4a

このように通常入力ファイルはオプションのパラメーターというか -addみたいな前置なしに設定できるのだけれど、それが出力ファイルに設定されていて非常に気持ち悪い。普通なら入力ファイルだけ指定しても、デフォルトで指定されたファイル名で出力されるのが普通で、ハイフン付きのオプションで指定してあげるのが普通だ。gccみたいに入力ファイルはそのまま引数で指定して、出力は-oで明示してあげるみたいな。

まぁそれがMP4Boxの仕様だというなら仕方がない。利用方法からそうした方が理にかなっていたりしたんだろう。気持ち悪いがこれ以上はツッコミは入れない。これでできるんだから別にいいや。


これをMacでやろうとすると、
・homebrewを入れる
・MP4Boxを入れる
・ターミナルを開ける
・cdで移動してコマンドを打つ
・変換後iTunesで開く
と面倒な作業をしないといけない。

HomeBrewとMP4Boxは一度入れてしまえばいいのだが、毎回ターミナル作業があるのがしんどい。それと先に言ったように一般的なパラメータの設定ではないので、どこかに書いておかないと忘れがちである。覚えているほど頻繁にやるというわけでもないし、変なGEEKでもないのでそんなお金にもならない知識覚えたくもない。

そしてMacのシェルスクリプトにドラッグ&ドロップしても(いろいろしても)ダメで、それに準じた方法がMacにはないという話も以前した。Windowsではできたし、多分Linuxでもディストリビューションによってできたはずなのに、Appleは他のOSから学びませんねと。

https://miff.blog.so-net.ne.jp/2018-12-23-1

基本的にAppleの古巣のエンジニアというのはUNIXの概念がないのではなかろうか。なんというか、コマンドラインで使う前提にOS全体が作られていない気がする。

そんなわけでドラッグアンドドロップして終わらせるアプリを作ってみようかなとちょっと思っている。もちろん、Macでしか動かないものなので一般性はないかもしれないけど、acc -> m4a の変換が面倒な人には朗報かもよってところで乞うご期待。

というか、GUIがコマンドラインとシームレスに使えるように作ってあればなんの問題もないはずなのに、こういうところは気が利かないんだよなAppleって会社は。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット