So-net無料ブログ作成

驚くほど飽きっぽいのは治らないものか [本]

飽き性である。漫画すらあんまり面白くなかったら途中で放り出してしばらく放置ということもしばしばである。マンガですらこれなので、活字の本なんて時間と労力のかかるものでは、相当興味が続かない限りは通読するのが難しい。

友達が図書館で借りた本を読まずに返した、という話を聞いてまだ自分の方がマシなのかなぁと思ったりはした。でも、やっぱり興味が続かないというか、飽きるのはれっきとした事実ではあるので、なんとかしたいことの一つであったりはする。

一般書とかも買って満足してしまうところがあって、とりあえず手にしてしまうと安心して読まなかったりする。興味の糸というか緊張がふつと切れてしまい、後でも読めるからと放置して目の見えないところに行くと忘れてしまう。

なので、時間が限られている図書館で借りることも多い。特に実用書とかではなくて、小説などの一般の人が多く読む娯楽のものについては、借りて限られた時間のうちに読むことが割と重要だったりする。時間が限られているため、無理にでも読む時間を割く。買ってしまうと油断していつまでも読まないこともある。続けて読まないと後戻りしたりして効率的に本を読めないということもある。


あと問題なのは買っちゃうと場所をとること。以前、断捨離という言葉が流行ったが、本が捨てられない。売ってしまおうと思ってはいるけれども、どうせ二束三文でブックオフの資金源になるだけだし、なんかチリ紙交換に出してしまうのも何となく気がひける。

一番ダメな思考がいつかまた読むかもしれないと思っていることだ。大体はほとんど読まない。わかっているけど、捨てる気にはならないのだ。画集とかは特にコレクションとして買っているので、後で図書館でというわけにもいかないし。こんまりのときめくなんとかとか、やるか? なんというか、おじさんがときめくとか気持ち悪いことこの上ないのだがw。

とりあえず、惰性で読んでいた続き物のマンガは捨てようかと思う。本当に好きなもの以外は再度読むこともないだろうし、今なら電子書籍で出ているものも少なくないし。ただ一度買ったものを電子書籍で買い直すっていう行為が許せるかどうかは微妙なところではある。

やっぱ本であふれているというのは生活空間を圧迫するし、見た目もあまりいいものではない。混沌とした空間は整理された空間よりも精神に悪影響があるとも聞くし、何かを取り出す時にも物が少なく整頓してある方がいいに決まっている。今はわりと自由な時間を取れそうだし、ちょっといろいろ改善できるところはやってみようかと思っている。まずは要らないものを捨てるところからやりたい。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キャロル&チューズデイの音楽的素養2、3話 [アニメ]

きちんと歌の音楽を外人にやらせたのは英断だと思う。英語がおぼつかない日本人に英語の歌歌わせてもなんだかねという感じだし。日本語の声との違いは気にしない方向で。


episode:02 Born to Run

Born to Runといえばブルース・スプリングスティーンかな。一般的な日本人にはあまりポピュラーではないかもしれないな。洋楽知っている人にとっては有名人ではあるけれども。



アメリカっぽいものが好きな私ではあるが、なぜかスプリングスティーンはあまり好きになれなかった。あまりに安定しすぎているところがちょっと面白みがないというか。

マイケルジャクソン風にでも、ダフトパンク風にでも、って言ってるけど、イマイチその二つを出した理由がわからない。そういやDaft Punkってカテゴリはパンクじゃないよな。EDMとかそっち方面だよな。まぁPoliceが自分たちがパンクロックだって言ってた時期があったぐらいだから、カテゴリなんてあっても目安ぐらいのものなのかもしれない。

シンディーさんとクリスタルさんと、女子トークで出てくるのだが、シンディーは前に出てきたシンディー・ローパーでいいとして、クリスタルって誰だ? クリスタルってクリスタル・ケイぐらいしか知らないんだが、あれは洋楽ではないしな。"unbreakable"と"everything"という曲を歌っているらしいがググっても出てこない。まぁそのうちわかるだろう。


episode:03 Fire and Rain

これは曲名でわからんのでCM明けのレコードを見る。James Taylorか。嫌いじゃないけど特に好きというわけでもない。カヴァー曲も多そうな「You've got a friend」が有名だよな。



Fire and Rainは知らないな。70年代初頭みたいだが、70年代はロックを主に聞いていたので、こういうフォークがかった曲はあまり知らない。



Taylor SwiftのTaylorはJames Taylorから来ていると何処かで見た気がする。なんかJames Taylorが若い女の子の前でなんとも態度を決めかねているのを見たので嘘じゃないと思うのだが。


マネージャーのおっちゃんが昔やっていたバンドがMotor Headのパクリだということを言っていた。モーターヘッドとか懐かしいな。でも、まともに聞いたことがない。あ、そうそうMotörheadね。どこの国か知らんがウムラウトが付いていたんだった。



1980年ね。ちょっと守備範囲から遠いな。古き良きハードロックというところか。

フローラというのも出てくるがアニメの中での話だろう、たぶん。ブルーノの火星公演って言ってるのは、ブルーノ・マーズがなんとなく意識されるし、「ジャスティンとタローをピコらせた」というのはJustin Bieberとピコ太郎が念頭に置かれたんだろう。少なくともJustin Timberlakeではないだろう。どこのブルーノ?とか、どこのジャスティン?とか突っ込まれていたけど、正直この時代にそのネタがおっさんにすら生き残るレベルではないと思う。

ブライアン・エプスタインは知らなかった。というかビートルズはマネージャーの名前を知っているほど詳しくないよ。作っている人がその時代を知っているか、ビートルズマニアなんだろうな。音楽が大事なんであって周りの付随事項はその手の人の語り草にしかならん。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%97%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3

渡辺信一郎的には音楽のジャンルとしては、特に設けていないというかポップスぐらいの設定かもしれないな。前のようにジャズとかラップとかきちっと規定しているわけじゃないっぽい。

コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

11axは今はそれほど欲しいと思わないかなと。 [ハードウェア]

IEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)ですが、11acを遥かに凌駕するほどではないみたいですね。とはいえスペック上は2167Mbpsから4804Mbpsの2.5倍の速さになるのは間違いないことで、速度を気にする人は欲しいというのもわからなくはない。僕も11nのドラフトの時にやたら高いルーターを買ったクチだから。

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/shimizu/1166212.html

11acにしても2Gbpsも出している人は少数派だろうし、そこまで帯域が必要な人は10Gイーサを使っていることなんでしょう。でも、最高スピードが速くなるということは、一般的なスピードが底上げされることでもあるので、導入して悪いことはないんでしょう。まぁそれまでの802.11の互換性もあることだし、それほど問題はなさそうに思えるけど、やっぱりコスパとドラフトからくるちょっとした技術的なつまずきが気になるところです。

ともあれ、伸び代が前よりも少なくなってきていることは確かで、そこまで速さが必要な人は少ないというのも確かだったりするわけで。APは出てきてもクライアントがあまりないという状態は如何ともしがたいものであるのも確か。それは新しい規格はみんなそうですね。

上のリンクにあるように速度よりか混雑時のコリジョン回避とかの方が重要みたいですね。でも、それが有効なのはAP同士がやたら近くにある集合住宅の場合だとか、不特定多数がつながれる公衆無線LANとかだから、一軒家でどうこうという話ではないとは思う。なので、クライアントが揃ってくるまで様子見をしたいです。今は5万円くらいするルーターも、普及期には1/10くらいの5000円程度に落ちるだろうから。

それにしてもWi-Fi6って今更なんだろう。

IEEE802.11b 10Mbps
IEEE802.11a 54Mbps
IEEE802.11g 54Mbps
Wi-Fi4 IEEE802.11n 300Mbps
Wi-Fi5 IEEE802.11ac 6.9Gbps
Wi-Fi6 IEEE802.11ax 9.6Gbps

って感じで、第六世代でWi-Fi6ってことらしいけど、11gと11aは同世代っぽい気もするのだが…。
なんか世代を重ねるほど最高速度が出なくなっている。とりあえず2.4GHz帯から5GHz帯へ移行しているのはわかるが、2.4GHzの電子レンジ問題が一番キツい。Bluetoothもなんとかしてくれ〜。

携帯の5Gに合わせて、間に合わせで出てきたWi-Fi規格っぽいけど、速度よりか効率に重点が置かれているのは、実際の使われ方を見ると納得できるものではある。安定を欠くのが一番イライラするもんね。5Gは米国と中国の決戦みたいになっているけど、そんなにパラダイムが変わるほどなのかねとちょっと疑問視はしている。そもそも通信費が高くて仕方ないのに流量増やしてもねぇ。


コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2019/04/27 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2019/04/26 [Twitter]


コメント(0) 

有線LAN敷設工事をした。 [ハードウェア]

敷設工事とは書いたけど、実際やったのは屋根裏にイーサネットケーブルを通した、というお話。

今時、無線LANが発達した今日では、有線LANの取り回しなんて面倒くさくてやってられねーという方も多いはず。5GHz帯が2.4GHz帯よりも壁を通りにくいとはいえ、わざわざ有線で引っ張ってくるのも面倒で中継したりして使っている人も多いだろう。

ともあれ、中継しづらくてイーサネットケーブルを通せるところであれば、安定性のある有線接続も候補に上がる。というか、家が鉄骨なので電波が通りにくいんですわ。電波がある程度通る場所まで有線LANで流してあげないと届かない場所で作業することが多いので、面倒くさくても一度通してしまえば無線よりか不安定になりにくい有線を選んだ方が後々面倒がない。アクセスポイントが熱暴走することはあっても、スイッチングハブが熱暴走するってことはまずないし。

そんなわけでイーサネットケーブルCat.6を30m買った。30mともなると普通に引っ張ると絡まる。一人で作業していたら尚更だ。それを考慮に入れずに買ってきて即作業に入ってしまったために、イーサネットケーブルが見事に絡まった。

これを防ぐためにははじめに、八の字巻きをしておけばよかったのだった。



はちのじ巻きは上の動画を見てもらうとして、30mも長いものを扱うとなると最初に巻き直した方が効率がいい。これ以下だったらそのままよじれを取りながらでもやってもいいかとは思うけど、今回は最初からやっていた方がいいなとすぐ気づきましたが、気づいた頃には半分屋根裏に線が通っていたので強行しました。

使ったCat6のイーサネットケーブルは
エレコム ELECOM LD-GPT/BU300





エレコム ツメ折れ防止LANケーブル(Cat6) LD-GPT/BU300 エレコム

エレコム ツメ折れ防止LANケーブル(Cat6) LD-GPT/BU300 エレコム

  • 出版社/メーカー: yeud
  • メディア: エレクトロニクス


安かっただけで買ったケーブルです。まぁギガビットの速さがボトルネックになるようなことにはなりにくいだろうし、Cat6以上のグレードを買ったところで割高なだけで、背伸びをせずにギガビットイーサが使える程度のものにしました。一般向けに出てきた頃はギガネットイーサもオーバースペックではあったのですが、無線LANの速度の増加などにより使う意味が出てきた今日ではあります。

実際、使い心地はどうかというと、細めで柔らかいケーブルです。これが良いか悪いかは取り回す場所によるとは思うけど、見えない屋根裏を通すには柔らかすぎて扱いにくかった。部屋の中の端を這わすには、このくらいの柔らかさが使いやすいとは思うけど、正直芯がなくて取り回しにくい印象があった。

最近のイーサネットケーブルは爪が折れにくいようになっているので、特に選ばずともそういう風になっているのだけれど、やっぱ折れない方がいいよねぇ。というか、昔のケーブルとかで爪が折れてポートからすぐ外れるものもあるからね。まぁ折れてない方が面倒がなくていいわけだが、はじめがなんでこんなに折れやすいものをデファクトにしたのか疑問である。とはいえトークンリングのでかいアダプタを引き摺り回すことを考えれば、お手軽でいいものであったのはいうまでもない。


今回の工事で11acの無線LANがギガビットイーサのケーブルによって活かせるようになったわけだが、正直100Mのファーストイーサとすごく変わったかというと、体感速度が変わるようなことはないです。ただ、複数同時接続するような時は効いてくるのではないかとは思うけどね。でも、家族が同時に使う時は、家に帰省してきて兄弟で使う時ぐらいなので、普段はあまり実感はわかなかったり。まぁそのうちやろうと思っていた敷設工事だったのでよかったかも。

5Gや11axに向けての先行投資ということで、とりあえず全体をギガビットイーサに変えることができたので、時間がある時にやれてよかった。どうせGWで兄弟は帰ってくるだろうし。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2019/04/25 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2019/04/24 [Twitter]


コメント(0) 

通信機器はたまに電源を入れ直しましょう。 [ハードウェア]

パソコンを使っていて通信速度が遅いな〜と思って、無線LANのアクセスポイントを電源を入れ直したんだけど、速度が元に戻らない。どう考えてもADSLよりか遅いくらいのレベルに落ちているのでおかしいと思ったのだが、同じAPにiPhoneを接続したんだけどそれも遅い。

感じからしてAPの問題なんだよなぁと思っていたんだけど、ルーターとかハブとか全部電源を入れ直したら速度が戻った。普通の家は無線LANとルーターが一緒になっているのが通例だと思うんだけど、KDDIが80番ポートを開くだけで死ぬようなへぼいルーターを設置したので、ルーターとAPが別になっているのでした。

この先、陽気も暖かくなるので熱暴走とかも良く考えて、たまに通信機器は電源を入れ直しましょう。できれば風通しのいいところに置いておきたいところですが、熱こもるところに置きがちなんですよね。というか、通信が繋がらないならともかく、微妙に遅くなるというのは原因がわかりづらいものですよね。今回も電源の入れ直しで解決したわけですが、本当の原因がどこにあるかは推測の域を出ないわけです。ともあれ十中八九、ルーターのファームウェアのバグか熱暴走か何かなんでしょうが。

にしても、無線LANの設定を業者でやらせるような人は、そういう問題が起きた時は自分で解決するのは難しいだろうね。よくわからん人は問題が起こった時に一度電源を入れ直すことをお勧めします。半分くらいは設定などがリセットされて、前の状態には戻ります。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2019/04/23 [Twitter]


コメント(0)