So-net無料ブログ作成

百均でたまにいいものが出てる時があった。 [ハードウェア]

最近はきちんと発注して作っているものが多そうな百円均一のお店ですが、以前は数が揃わないとかおそらくそういう理由で100円で売られているものがあった気がする。

そういう端物はわりと安かろう悪かろうではなく、きちんとした製品であることが多かった。ただ数量が揃わないとか在庫を吐かせようとかいろんな理由で、数倍の価格できちんと売られている製品が百均の店で売られていることがあった。

でも、最近はそういうことも少ないようで、百均らしくすぐ壊れても仕方ないなと思うものがほとんどになった。何というか、掘り出し物を探るワクワク感がなくなってしまったように思える。なので間に合わせの無くしてもいいと思えるものを買うことが多くなってしまった。元々の百均の質からいうとそれが当然なのだが、毎週見ていくようなモチベーションはなく、消耗品がなくなったときぐらいしか足が向かなくなってしまった。

ともあれ、スマホとかのアクセサリ関係が安かったりはするので、行ったときにはきちんと確認しますけどね。でもガジェット系はほんと質が怪しいもんだよね。片方しか端子がないLightningケーブルとか、USB Type-Cのケーブルとか危なくて使っていられないのだが、間に合わせのために使ってしまう。ちょっとしか使わないところに安くても500円とかかけるの勿体無いじゃないすか。

百均がこんなにも世の中に蔓延るのも景気が悪くてデフレしているせいなんだよね。本当に景気が良かったら百均なんてこれほど流行らないって。それで景気が最長だとか言っている国とか行政とか自民党は意味がわからないよね。少なくともアベノミクスは市場に金をじゃぶじゃぶ投入して、無駄に公金をつぎ込み株価を吊り上げて維持して、最後に株価下落で痔エンドだろ。

まぁ景気が良くても悪くても行く生活層の人はある程度存在するだろうから存在意義はあるんだろうね。というか、そこここに百均がなくてもいい生活をしたいものだ。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0