So-net無料ブログ作成

Twitterまとめ投稿 2017/12/04 [Twitter]


コメント(0) 

部屋がとっ散らかっているので整理したい [徒然]

古い雑誌を処分しようと中を見ていたら、ノートパソコンが横長じゃなかった。そういえば、テレビ画面と同じXGAの画面比だったんだよね。今はみんなテレビの横長化と一緒にみんなノートも横長のパネルになってしまった。そういや今は仕事場でしか4:3のディスプレイって見ないな。

それと必ずと言っていいほど光学ディスクドライブが付いていたんだよね。USBでブートできるものがほとんどない頃には必須であった。今ではノートに光学ディスクドライブが付いていないのも普通になったけど、CULVノートが出てきたあたりからやっとドライブが無くなりだしたんだよね。

でもAppleは調子に乗りすぎてデカいノートにさえ光学ドライブを取り除いて薄型化した。薄くすればいいってものじゃないと思うのだけれど、MacBook Airで味をしめてしまったのだろう。今でもBlu-rayを搭載したモデルはないし、DVDドライブ付きモデルも売ってるかどうか…。まぁそれでも困らない現状があるわけだけれども、それでも選択肢はあった方が良い。まぁMacの発展が切り捨てにあるのは重々承知ではあるが、サードパーティに任せるというのもどうなのかなと思わないでもない。


クリアフォルダは公私ともに良く使っている。仕事でもやたら使うし、家でもクリップやホチキスを使わずに保存できるのはいいと思った。でも欠点が一つだけあった。いや、探せばいくらでもあるのだろうが、使っていて痛い面があるのだった。

それは横に積み重ねるとある程度のところで雪崩ることだ。滑りが良くて取り出しやすいとか利点でもあるのだが、平積みの書類の中に挟まっているとそこからずれて困ることがある。基本クリアフォルダは縦置きを前提にしているのかなぁ。

クリアフォルダの中にも良し悪しはあって適当に大量に配布されているクリアファイルとかはうっすい。しばらく放っておくと背の折れた部分が切れる。やっぱりコスト重視で柔いものを使うのだろうね。どうせ多くの人は取っておくなんてことはしないんだろうし。企業のノベルティグッズなんかでは無駄にがっちりとしたクリアフォルダとかあるけど、あれは逆だよね。長い間使ってもらって企業名を知らしめるためなのかな。


普段、整理整頓しておく癖をつけたいのだが、整理したいときに場所と同じものがたくさん揃っていないとか色々な問題があってキレイにしまえない。整理整頓が始まってしまうとそこそこ片付くんだけど、それも片付ける場所や整理する道具があってこそなんだよね。一番の解決法が捨てる事だったりするわけだけども、せっかく買ったものや地道にそろえたり書いたりしたものって捨てられないんだよね。

そんなわけで棚が欲しい。金属のあみあみの棚が一つあるんだけど、すぐ塞がってしまった。本棚もいくつかあるんだけど、本も捨てた方が良いかなぁと思ったり。どうせブックオフでは値段が付かないし、創●学会に寄付するようなもんだから積極的にはやらない。断捨離が流行った時期があったけれど、そこまで極端にはならなくても捨てることをもう少し考えた方が良いな。それと読んでない本はまず読んでどうにかするのが必要。読んでなくて場所とって捨てられないとか手詰まり感がある。

というか、古本屋さんってしばらく行ってないな。近くになくなってしまったし、読みたいマンガも新刊で買うしね。文庫本は買うし、ハードカバーは公共施設で借りることがほとんど。本は読んでも忘れるから、たまには読み返すことはあったり。でも、そんなに何回も読む本はない。

貧乏が板に付いてはいたけれど、技術的な本とかは結構買っている。知人に言わせると技術系の情報なんてググればいいんじゃないかと言われたけれど、ググって解決するのは個別の事項に関するものがほとんどで、体系的な情報を得るにはやっぱり本が必要かなと思っている。


子供からの問題なんだが、終わったら片づけないというのも問題だ。手元に置いておきたいと思って放置する。元に戻すのが面倒で放置する。ダメな子供が大人になった感じで、そういうマメさは全般的にないよなと思う。というか、そういう風に神経質にやってたら今の自分でなくなる気はする。

男は多くはそうなのだけれども、収集癖がある。普通は集まった時の事を考えずに集める。そこまで集めようと思って集めてないし、集めようとしても途中でぽしゃることも多い。でも、大人になると資金的に困ることが少なくなるので、結構な規模で集まってしまう事も多い。デスクトップパソコンは中身が収まっているのだけでも4台もあるし、実際使っているのは二台くらいで、結局ストレージにNASがあったりとどうにも収まり切れてない。趣味だから仕方ないが無駄は多いなとは思う。

とにかく部屋を整理したい。今年中にいろいろどうにかしたい。といってもやれる時間って年末はないよね。物があって掃除ができていないのは体にもよくないし。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Twitterまとめ投稿 2017/12/02 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/12/01 [Twitter]


コメント(0) 

ベンダーロックイン! [ソフトウェア]

開発環境というか実行環境というか、アプリケーションが動く土台のマイグレーションはしんどいものです。本気で検証し始めると嫌になるものですが、プラットフォームが死ぬとか、システムの使い勝手が死ぬとか、色々な理由で動かざるを得ないわけです。

良くあるところでOSの刷新などがありますが、それはまだいくらか慣れているからいいとして、一回しかないようなもので大規模だったらかなり萎えます。ある開発環境で作りこみすぎてにっちもさっちもいかなくなることはいくらでも存在するわけです。

汎用機からオープンへとか、プロプライエタリからOSS関係へとか、色々あったと思いますが、何にしてもあまり前向きな開発じゃないことが多いので、お金もかけたくないし安定性を欠きたくもないし。

Notesのアプリケーションのポコポコ作りすぎて困ったケースってのもあった。Notesのアプリって自分で簡単に作れるもんなのかね。基本データベースだと思うのでそんなに簡単なものだとは思えないのだけれど。同じ意味でもAccessが手を入れられなくなって困るというのもあった。結局、何使ってもアプリケーションはベンダーロックインしてしまうものなのである。OSSで作っているから作り直さなくても済むという訳でもないし。

よくベンダーロックインが問題になることはあるんだけど、何使っても結局多かれ少なかれマイグレーションの時に苦労するのは仕方のない話で。しかし、便利に使っていれば使っているほど、元に戻すのが難しいのはあるのだろうなと思ったり。代替方法が同じだけの能力を兼ね備えていたとしても、それをまた作ったり改良を加えたりする手間を考えると厳しい。


MS OfficeからOpenOffice系に移行したけど、結局MS系に戻ってきてしまったという話もある。
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1711/22/news050.html
行くも戻るも地獄というかw。面倒くさいよね。WindowsとLinuxのOSよりか、Officeの方がオペレーションとか作りこみに直結してくるので、変える作業ってのはしんどい気はしている。

まぁそれまで便利に使っていたという事は確かなので、それがいろいろ限界にまで来てしまうという状況はプロダクトサイクル的には仕方のない話なのかなと思ったりもする。ユーザーが作りこめる系のプラットフォームは顧客がどういう風に使っているのか分からないため、新しく拡張したり刷新したりするのが難しくなってくるんだよね。しかもワンストップなソリューションだとはまり具合は大きくなるのだろう。

まぁ新しい技術で作り直さないといけないというのは、多くの場所で出てくるのは必然なのかもしれない。あまりに金をかけて作ったり、安定を欠きたくない場合は、仮想化とかで何とかするという話もあるんだけど、それは新しい機能をつけたいというニーズとは違うしなぁ。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2017/11/30 [Twitter]


コメント(0) 

パクリかオマージュか [徒然]

作品においてパクリかどうかというのはよく言われることで、いつの時代になってもそれはあるという事だろう。ただ、普通にカヴァーしている曲を知らずにパクリ扱いして周りから散々叩かれるという事を見た。しかし、それに便乗して、パクリだという奴はその他にたくさん類似作品があるからその一つだ、と言い張るやつも見かけた。僕はそれも的外れではないかと思う。カヴァーでもオマージュでもないパクリは存在する。本質的にはパクリなどないと言うのはそれほど間違ってはいないが、やっぱり悪質ともいえるパクリはあるのだ。そして、広く深く見聞があるものでも、オリジナルとなるものを知っていないものでも、これはまずいなという気分の悪さを感じることになる。

気分が悪いと言わないまでも、既視感を与えるのは得策ではない。とりあえず、今期のアニメから言うと「クジラの子らは砂上に歌う」がかなりパクリ作品に近い。一言で言ってしまえば、「貴志祐介の新世界よりをジブリ世界のひょっこりひょうたん島でやってる」という非常に身もふたもないものになってしまう。そこそこ楽しく見れてはいるんだけど、非常に既視感が強いのだ。テレキネシスを使うマンガなんていくらでもあるし、ディストピアで原始的に細々と暮らしている世界観なんていくらでもあると言えばそうかもしれない。でもこれだけ近々の時代で多くの部分が類似するのはパクリと言われても仕方がない。パクリと言ってこき下ろしたい人はいるとは思うけど(若い人は特にそうなんだろうけど)、そういうのじゃなくて同じもの見てもオリジナルの方が良いよなという苦言である。

オープニングはいいとしてエンディングの音楽が、新居昭乃と極似というのもいただけない。新居昭乃と保刈のコンビの曲とエモが同じだなというのが初見の印象だった。まぁ何回聴いても大して印象は変わらないのだが、基本こういう曲は嫌いではないので流し聞きはしている。パクリとは言わないまでも印象が非常に似ていると言わざるを得ない。それが良いか悪いかは別として。

音楽でパクリとかいうのは日常的に行われていて、コード進行ぐらいならまだいいものを、サビをまんま使うみたいな馬鹿をする人もたまにいる。サザンの桑田が朝ドラのオープニング曲で、Go Westのサビの丸パクリをしているのは記憶に新しいところである。

あんだけ売れていても露骨にパクるのがあ音楽という世界であったりする。

ただパクリかどうかの判定は難しくて、カヴァー曲ならまだしもそれはそういうジャンルだからパクリとかじゃないんじゃというのもある。

Bruno Marsで有名になったこの曲だけど、盗作だと言われて後から訴えた人をクレジットに入れて事を収めたという事があったそうだ。いや、そりゃFunkというジャンルで特定の曲のパクリじゃねーだろと突っ込みが入っていたりはしたのだが、訴訟を起こされて面倒なのは嫌なので穏便に終わらせたらしい。そういう意味では桑田佳祐はVillage Peopleに訴えられても仕方のないレベルだったりする。

良くオマージュは敬意を払っているとか何とかいうけれども、払ってようと払っていまいと類似作品なのは変わらないことなので、作っている方が言ってるだけに過ぎない。でも、こういう作品があって好きなんで似た作品を作ったよと公言するのは、黙ってパクって金銭を得るよりかマシだし、見ていて気分が悪くなることは少ない。

サイレントメビウスは世界観と話がブレードランナーまんまという事であったが、それは周りも了解済みでやっていたことだと思うので、パクリといってもオマージュと言っていいものだったと思う。でも、やっていることは盗作なので、ファン的な作品なんだよと周りの了解が得られるかどうかがカギになっているのじゃないかなとは思う。やっぱり言わないでパクるのはマズいなというところだろう。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Twitterまとめ投稿 2017/11/29 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/11/27 [Twitter]


コメント(0) 

第8世代Core i5は買えませんでした。 [ハードウェア]

ネットをちょっと見まわしてみたらCoffee LakeのCPUがあらかた売れてしまっている。しかも最上位CPUは売れ残っていて、それほど性能が張らないものの方が売り切れている。やっぱり対性能価格が優れている物を欲しいというのが正直なところなのだろう。

正直、Coffee Lake-Sがそこまで売れないと思っていた。そもそも世界的な供給が少ないため日本が遅れて発売されたわけだけれども、たくさん売れているというより数が少ないのかもしれない。ともあれ、コア数が増えただけというのも結構インパクトがあったらしい。

プロセスルールは変わらないものの、それに近い工夫はしているとかで、コア数は上げられたという事らしい。まぁ乗せるトランジスタを多くすればプロセスルールを変えたのと同じことだもんね。根本的にやれることの違いはあるんだろうけども。

でも、みんなCannon lake待ちなのかなと思っていたんだけど、デスクトップ向けのCPUはかなり後になるので、とりあえず買おうという人も増えたんじゃなかろうか。でもやっぱり6コアがリーズナブルに買えるというところがいいのだろうな。まぁメインストリームがずっと4コア止まりだったから仕方のない話だが。


実際買いに行ったら、Core i5だけすっぽりと値段表になかった。店員に聞いてみると今度はいつ入るのだか未定という事らしい。今年中に手を入れられるか微妙な感じになってきていますが、別に急いでもいないので確実に手に入れられればいいなと思ったり。

ちなみにどこでも在庫がありがちな最上級のCore i7は売っていました。値段からして買いませんでしたけどね。あまりオーバークロックに向かないのでしょうか。今は自動的にOCかけてくれる仕組みがあったんだったっけ。でもそれでは楽しみが薄れてしまうよね。


欲しい時が買い時という事もあるみたいだけど、実際はそのスペックなどを考えると、長い間使えるものとそうでないものがあったりはする。ケースとか長い間使えるのでそうそう買い替える事ってないし、マウスとかもそうだ。マウスとかはいくつかあっても困らないけど、ケースとかはケチって使いにくいものを買ってしまうとつらいかもしれない。

そういやBTXっていうケースの規格あったけど、完全にぽしゃってしまったな。ATXとは互換性がないだろうし、一時期のTDP激上がり時の苦肉の策だったのだろうけど、結局ずっとATXが普通に使えていましたね。使えるパーツは使いまわすというのが自作の基本だろうから、消えていく規格のものは使いたくないものですね。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット