So-net無料ブログ作成
検索選択

日本の企業はもうだめなんじゃないかと。 [徒然]

ソニーもシャープも東芝も経営が悪くなった。ソニーは経営が破たんしはしなかったけれど、本社ビルを売らないといけないほど傷は深かったし、長い事単独スポンサーをしていた「世界遺産」という番組を手放さなければならなくなった。ソニーはやばかったんだけど、今のところつぶれるとか合併とかいう話は聞かない。

シャープは鴻海に売られて完全に海外の会社になってしまった。日本の会社が部分的に中国や台湾の会社に売られることは多くても、あれだけの規模が全部丸々というのはなかなかなかった。パソコン分野のM&AとかはLenovoへのIBMのパソコン部門の売却以来は普通に行われている感じだ。普通に行われてはいるが、日本の会社は合併だか何だかで逡巡しているので実際にうっぱらった感じがしない。白物家電の部門を売った会社とかはいくつかあったが、採算が出にくい部門は海外へ売るというのは常套手段となっているのだろう。

シャープはもうパソコンをずいぶん前に止めていたし、売りの液晶事業もテレビの販売不振によって経営がすっ転んだわけだが、IGZOという技術を持ちながらもったいないことをした。実際、IGZOだけ日本にとどめておこうとする動きがあったわけだが、その動きで鴻海は生殺しをやめて結構な高値で買い取ってくれた。ほっといたら安く買えると思っていて、ほぼ放置プレイを続けていたのだろうが、日本の会社もそこまで安く見られていたかと思うと日本も落ちたものだと思う。

東芝に至っては、ウェスチングハウスを買っていた頃から怪しいなとは思っていた。個人的に今のタイミングで原発を手掛ける会社なんておかしいと思っていた。ものすごい旨味があるから買ったのだと思ったら、逆にめっちゃ含み損があって切り離すのに苦労する始末。まぁNANDという技術を持っていながら、それに本腰を入れずに韓国の後から急いでフォローアップをかけているようではダメ企業の烙印を押されても仕方がない。そんな経営の方針がめちゃくな東芝であるが、半導体関係が好調でそれをうっぱらうみたいな話になっているわけだけれど、NANDフラッシュメモリーについても右肩上がりなのはあと5年やそこいらだろうしねぇ。

とりあえず、東芝が財政再建団体に落ちないことを望む。名だたる日本の会社が憂き目にあうのはあまり見ていたくない気はしている。それまでもいくつもの会社が闇に沈んだのだろうが、割と大きい会社もあぐらをかいて経営しているわけにはいかなくなってはいるのだろう。まぁ100年続く会社なんてほんの少しらしいからね。

コメント(0) 
共通テーマ:仕事

Twitterまとめ投稿 2017/04/16 [Twitter]


コメント(0) 

Blu-ray DIGAからiPhoneに番組を取り込めなかった件 [ソフトウェア]

Panasonicのソフトはひどすぎるという話。今ハードディスクレコーダーというかブルーレイレコーダーはPanasonicのDIGAを使っている。DMR-BRZ1010。前も不満が結構あったんだけど、その不満が直っていなくてイライラする。

まぁ仕様と言えばそうなんだけど、操作感に違和感がある。例えばブルーレイを選んでいる状態でブルーレイを取り外した後に、録画一覧に入るとブルーレイがないと言われる。言われるのはいいんだけど、スムーズに録画一覧には入れなくなる。いちいちHDDのボタンを押さないといけないのはすごく面倒。別のリモコンを使っているから尚更。前の機種もメディアの変更の時にSDカードが入っていないとスムーズに進めなくなる。エラーとかワーニングを出すのはいいんだけど、次に続けるように作っていなくて、いちいち回避のための操作をさせるというのがPanasonicの一連の仕様になっている。全くユーザーフレンドリーではなく使いにくい。

あと、画面表示がいつまでも出ていて見たい時に邪魔。それが始まる時に毎回ダラダラ出続けるので本当に迷惑。出ている時間とデカさともに悪い印象しかない。他のテレビや機器でここまで表示が邪魔なものはなくて、Panasonicが不慣れというか、常識を知らないのだと思う。


本題のiPhoneに転送しようとしたですがダメでした。AndroidならSDメモリに転送して一発で終わりなんだろうけど。まずUSBケーブルでの接続がダメ。認識しない。もちろんiPhoneはSDカードスロットがないので、Wi-Fiで接続するしかない。

取説を見ると、Wi-Fiでは機器ごとの状況によるので、そっちの説明書を読めとのこと。App StoreをDIGAで検索したらいくつかあったから入れる。でもそれがきちんと動かない。実際、ユーザーレビューが鬼のように悪い。ワイヤレスで視聴とかはできた(media access)んだけど、持ち出しはできなかった。

最終的に見つけた持ち出し専用のアプリ(ContentsLink)があったんだけど、それでは作った持ち出す番組を認識してくれない。
IMG_5542.PNG
ワンセグサイズとVGAサイズがあったんだけど、どっちにしても見つけてくれずどうしようもない。というか、半自動でやろうとするからこういうことになるんだから、見つける作業と選ぶ作業を自分にさせてほしい。どちらにしてもレコーダーの中に入っているコンバートした番組を認識してくれないのなら持ち出しようもない。

USBメモリも読み込めるけど書き込めない。ExFATもFAT32もダメ。もちろんNTFSはダメで読みだせさえしない。というか、読めるけど書けないとか意味わからない。基本書き出せないってことじゃん。きちんと画面に書き込み不可と書いているから間違いないんだろう。というか、汎用なUSBメモリで書き込めないってどうやって持ち出せっていうのだ。酷過ぎる。Panasonicの技術者はヘボとしか思えない。そもそもiPhoneなどで持ち出せません、って書けよ、できないんだから。

そもそも持ち出し番組の一覧も出てこない。そこから選べるようにすればまだあきらめもつくのに、恐らくはがっちり転送できる非常に限られた条件を満たさないと、一覧画面が出てこないのだろう。というか、UI/UXの設計がクソすぎる。内部で見えない状況にするのなら、きちんといろんな状況でも動くようにしないとどうやって操作していいかすらわからない。しかも取説にそれが書いてあるわけでもない。


そんな感じでPanasonicのDIGAを少しでも深く使おうとするとダメな部分が散見させられます。基本機能もかなりダメなんだけど、持っている機能は全部基本機能なんだけどねw。前の機種が緊急に壊れかかって急いで買ったので、操作がわかりにくいといけないので同じPanasonicを買ったんだけど、バグらしいバグはなくても非常に使いにくいのは確かです。

かといって他のレコーダが良いという噂も聞かないんだよな。Sonyのはフナイに適当に作らせているとか、Toshibaは昔の栄光を見る影も無いとか、話を聞いているうえではあまり良い印象を受けませんでした。でも、Panasonicだってかなりヘナチョコだよ。画質とかそういうところはきっちりしているんだけど、UI/UXが壊滅的に悪い。使いづらい。相変わらず、ドライブは手油や埃に弱くてすぐディスクが読めなくなるし。

コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

Twitterまとめ投稿 2017/04/15 [Twitter]


コメント(0) 

LXCコンテナの中からファイルを取り出したり、Wetty文字化けを検証したり。 [Linux]

Wettyで日本語がうまく扱えないことが判明。コンテナ内で実行していたのは関係ないと思うが、Windowsから取ってくるのに一苦労した。


外からファイルを取りに行こうとしたら、コンテナの中ってWinSCPでアクセスできないんだよな。外に晒していればいいろうけど、内部でしか使っていない。だから、外部サーバにアクセスしてFTPあたりで上げてから、Windowsからアクセスするとか面倒なことをすることになる。

FTPなんて最近使ってない、CUIならなおさらなので強引にrootでアクセス。Ubuntuだとsu rootできないのでsudo suで。

コンテナの中は
/var/lib/lxd/containers/
にあった。ゴリゴリとディレクトリを進んでいくとファイルがあったので、面倒なので/にコピーして、そこからWindowsからWinSCPでコピー。


あ~wettyからviにコピーしたのはどう文字化けしてるんだかわからないや。UTF-8でもShift-JISでもない感じ。それとgoからGoogleのトップページを保存してみたんだけどShift-JISなんだね。世界企業はみなUTF-8とかで統一しているものかと思っていた。とりあえず、Golangで保存したものについては、文字化けしていないことが分かった。wettyからじゃ上手く確認できないんだよなぁ。そもそも、日本語のエンコーディングをどこまで実現できるんだかよく分からん。

うむ、外から与えられたパスに関しては日本語表示はできる。ただ日本語入力はできないのでファイルが一つの時とかしか選べないだろう。入力ができればいいのになぁ。そもそも日本語は使わないんだけど、SSHで使えるから使えた方がいいなぁと思ってしまう。Wettyを改修するか。でも、日本語でShift-JISで送っちゃってるんじゃないかな、と思っているので、世界的に汎用的な対応じゃなくなっちゃうよなぁ。世界的どころかWindowsとMac限定になっちゃう。あ、それでいいのかw。

どうせLinuxはUTF-8で入力することになるんだろうし。とはいえ、Linuxはマイナーだから気にしてないんだけどね。というか、プログラムの内部的にUNICODEの利用は進んでいるのに、OS全体の利用状況としては相変わらずShift-JISのコードだっていうのもどうかと思うよなぁ。過去のShift-JISのテキスト資産を気にしている人って多いのかな。MS自体がUTF-8にするのが面倒なのかな。メモ帳UTF-8対応とか?

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2017/04/14 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/04/13 [Twitter]


コメント(0) 

ノイズフルな職場 [音楽]

別にうるさいわけじゃなくて、電磁ノイズが結構すごいって話。iPhoneで音楽を聴いていたら、やたら音が途切れる。youtubeから落として来たのだから、コンバートかけるときに乗ったのかなと思ったら、帰宅途中ではノイズが皆無に。直で有線でbluetoothでもないから、自由に使える周波数帯で電波が妨害されてるわけでもない。

やはりいつの時代になっても、アナログに変えるところがノイズの付け入る隙になるのですね。にしても、いつもはそんなに気になる程、ノイズが入らないんだけど、何かいつもと違う発生源でもあったのだろうか。そもそも、どういうところから出やすいのかわからんが。

一時期のパソコンのサウンドは悪かった。思いっきりノイズが被って音がざらつく事がよくあった。今ではシールドされているのか、ノートパソコンでもデスクトップでもそんなに問題になることはない。そう考えるとノイズがきていたのはパソコンじゃない気がして来た。とはいえ、他にノイズが出る機器なんてあんまりないしなぁ。ノイズを出しているとすれば無線LANの機器とかだろうけど、どこにあるかもわからない。


話は変わってWindows10。相変わらずあまり安定していない。Windows7だったらしつこくOSは落ちなかったりするのに、10はあっけなく落ちる。ブルースクリーンさえない。XPの時もすでにそうだったけど、基本的な機能ってのは大体備わっていたんだよね。Windows7はSSD対応なところがあって、なかったらちょっと使いづらいものになっていたけれども、Windows10にしないといけない理由はほとんどない。ただ単にWindows8, 8.1がダメダメだったのと、タダでアップグレードできたからという理由だけでWindows10を使っている。不満しかないw。あ、Bash on Windowsだけは良い。

ハイレゾの時代でWindows10でも聞けるらしいが、標準の機能を使うと音質が減衰してしまうとかでどうしようもない。まぁ避ける方法はあるらしいから、標準の機能を使わなければいいんだけど、なんでそういうところで意味のない不具合を起こすんだろう。そもそもの仕様なのか? 相変わらず、始めはしょぼいの出しといて、後になってサードパーティを駆逐するようなことをするんだよね。そういう商売やっていて恥ずかしくないのかな。

ハイレゾはお手軽になるまで使わないだろう。そこまでして手に入れたいものでもないし、圧縮音源に慣れてしまったからいい音の価値より可搬性の方がうれしかったりする。というか、最近Youtubeから録ってきた音源しか聞いてない。最近のはそれほど音が悪くないので、正直それで事足りてしまうところがある。それに昔のレアな音源とかもあったりでなかなか侮れない。同じ曲でもいろいろあるのが分かって面白かったりもするし。

そもそもどれだけハイレゾを欲しがる人達がいるのかが一番疑問点ではある。無理くり萌え豚たちをハイレゾに引き込もうという魂胆があるけれども、オタクも金を使うやつと使わないやつと極端に分かれていそうだから、広くは広まらないだろうね。ネトゲの課金者は一部、のような状態になっていそう。アニソンを高精細な音で聞いても仕方ないでしょう。まだ不可逆圧縮がクオリティ上無理なクラシック音楽とかならまだわかるけど、それだって家で聞くのが本来なんだろうし、主戦力であるダウンロード端末をデカいアンプにつなげるとか考えるのはなんかおかしな感じがする。

携帯でもストリーム配信も現実的になってはいるけれども、正直そこまで通信料は安くはないし、Youtubeで聞ける曲を別途通信料以外金払って聞く人ってのは少ないと思う。実際、あんなに参入時に騒いでいた会社がほとんど広告をしていない。もうペイするだけの人を集めて持続させているとはとても思えないんだけどね。まぁ聞く分量が減ったら、著作権者に払う金も減るからいいのだろうけれども。

昔に比べたら、はるかに音楽が手に入りやすくなっている。昔は安いと言っても、ツタヤに行ってダビングとか、ラジオで聞くぐらいなものだったけれども、今は今手元にある通信端末があれば手に入る。何というか苦労もなくイージーな感じがとても嫌な感じなのだが、今どきの音楽が軽いのはそういう理由もあるからなのだろう。
コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2017/04/12 [Twitter]


コメント(0) 

やはりSurface3は遅いのだと落胆。 [ハードウェア]

安いパソコンでも初めの方は快適に使えるもんだけど、Surface3は基本性能的に足りてなかったので、初めからあまりサクサク動いてくれなかった。Windows8,10の至らなさもあるかとは思うのだけれど、それにしたって何か制限されたものを使っている感じがして仕方がなかった。

でも本来のモバイルってのはこういうものかもしれない。CPUの性能を落としてバッテリーの稼働時間を伸ばすという方針なのだけれど、そんなにバッテリー駆動させないのであんまり意味がない。ただ単に家で使うPCでも大きさを求めてないというか、きちんと機能が付いているなら小さい方がいいだけなのだ。13インチぐらいからモバイルのレンジになってきてしまうので、無駄に性能を落とされるのが嫌だなぁと思うわけで。

そういう意味ではAtomはタブレットなどの電源を普段付けないものなどでは有効かもしれないけど、電源を付けてデスクトップ的に使うのではあまりいいものではないという事が分かった。ただ1スレッドの能力はひどいが、HyperThreadingじゃないものが4スレッドあるので、省電力のサーバとかには比較的向く。実際、サーバとして使っているけれども、ストレージアクセス以上に遅い印象を受けたことがない。スケールさせて負荷を逃がす最近の傾向としてはいいのではないかと思う。

最近のソフトはわりとマシンパワーを要求することも多い。SSDとHDDほどの差はないとしても、動きがもっさりしがちなのは否めない。そもそも.net関係はJavaと同じような中間コードからプログラムが展開されているので、その時点で無駄にマシンのリソースを食う。最近のOffice2013あたりがさくっと開かないのも、Officeが.netを使っているからじゃないのかと思わせる。昔の重かったOfficeがさくっと開くようになっていたので、ただ単にOfficeの機能が強化されたために重くなっただけだとは思えないのだ。実際、リボンインターフェイスに変わっただけのように見えたし、実際のところ機能はそれほど変わっていない。


ソフト関係はどうしようもないので、パソコン関係ではどんなに安くてもAtom搭載機は買わないと心に誓ったのだが、PentiumとかCeleronとかの方がデスクトップ用途的には向いているんじゃなかろうかと思う。同じ安い値段ならあえてAtomを選ぶ必要はないと言えるだろう。正直、店頭で触ることぐらいしかできないので、タスクをかけてじっくり使っていないので何とも言えないのだが、少なくともAtomがデスクトップ向きではないことはわかった。

昔はやたら遅い処理とかもあって、放置して待たないといけない事があったりしたのだけれど、最近はスレッドが増えたのでそこそこプチフリ程度の待ち時間で済んでいる。でも、完全に休める時間と、パソコンの前で少し待たされるという待ちの質が違うので、ストレス的にかなり違う感じはする。パソコンもやれることが増えたので、この程度の性能を持っていればいいという基準がフワッとあいまいになってしまっているのは否めないところかもしれない。どんな状態でも裏で何かが動いていてもおかしくない状態が普通になってしまった今、シングルスレッドの処理力の価値が逆に余裕がないと顕著になるのかもしれない。

あとクラムシェルのマシンでもやたら薄型化するのはうれしくないなぁ。薄くなる自体は嫌じゃないんだけど、RAMもSSDも基板直付けで交換が利かないとか意味が分からない。交換できないならパソコンじゃないとまでは言わないけど、パソコンのいいところが半分失われてしまったと言ってもいいと思う。そのくせRAMもSSDも足らないとか、将来のパワーアップパスがふさがれてしまったのは、作る方の陰謀かエゴとしか思えないんだよね。元々ノートは交換が利く部分が少なかったのだから、これ以上選択の余地を狭めるのをやめてほしい。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット