So-net無料ブログ作成
検索選択

AmazonのくるくるウィジェットがFlashで困る、とエグザイルが好きになれない。 [web]

ちょくちょくブログ名を変えて自分でもバカじゃないかと思うんだけれど、SEOを気にしているわけじゃないからどうでもいいことで。まぁ自分で知らない環境からアクセスしなければ、特に困ることはないんだけど、ちょっと検索に戸惑うこともあったり。


SEOと言えばほとんど自分用に使っているんだけど、モバイル用のページではAmazonのアフィ用のバナーが出てこない。みんなFlashで動いているから、基本スマホやその他のFlash未対応ブラウザでは使えない。だから、パソコンで自分のページを見て本を買ったりしているのだけれど、最近スマホでブラウジングすることも多いので、パソコン主体のレイアウトで作るってのも今時ではないのだろうな。

AmazonにはHTML5化してくれっていう要望を上げていて、まだAmazonのウジェットがFlashのままみたいなので、しばらくは変えるつもりはないんだろうなぁ。今、見に行ってみる。ん~たくさん使っている「くるくるウィジェット」はFlashからHTML5になってないな。他に代替品はないだろうか。ないっぽいのでカテゴリの売れ線が出てくる非Flashのウィジェット作ってくれないかな。


話は変わって日本のミュージックシーン。なぜExile(スペル適当)なぞが売れているのがわからない。僕が若かりし頃は、小室哲哉音楽やつんく音楽が蔓延っていて、聞くに堪えなかった。なので洋楽を聞くしかなかったのだけれど、同世代がなんでお金をたくさん出して買うのかがよくわからなかった。別に日本の音楽が全部嫌いってわけじゃなくて、小室にしてもTMNetworkにいた頃は好きだったしね。Get Wildは名曲だとは思うし、他にもあとで作った量産小室曲よりかはずっとマシだった。

エグザイルはZOOの残党が作ったんでしょ? ZOOのちゅーちゅーとれいん(アルファベットで書いていた気がするが気にしない)とかは、元ネタのほうが全然良い気がしたんだけど、それで売れるってのもどうかしている気はしている。昔のZOOを知らないにしても、それ自体がオリジナルの歌と考えてもそんなにいいものだとは思えなかった。

そのあとも、代理店の後押しか何か知らないけど、やたらテレビに出たり、ドラマに出て素人にも味噌くそに言われる演技だったり、そこまでされてまだ出てきたり、大してアルバム出してないくせにベストアルバムが出ていたり(友達の弁)、なんかなんで売れているかがよくわからない。

買っている層がマイルドヤンキーらしいから、良く分からないのも仕方のないことなのかもしれない。エグザイルの中途半端な不良じみた感覚がマイルドヤンキー共にあっていたのかもしれない。というか、そういう風に揶揄される存在になる感覚ってどういう感じなんだろうな。昔のヤンキーだったらすごく自分を打ち出している感覚があるけれども、マイルドヤンキーはそういうんじゃないからねぇ。

田舎の不良は結婚出産が早いので、今後の少子化の歯止めにはなるんだろうから悪いことばかりではないだろう。ただ、そういう人たちから生まれる子供は教育に熱心ではないだろうから、外国に対抗できるだけの科学技術を習得できるとは思えないんだけど。低級な仕事はイギリスみたいに移民にやらせることになるだろうし、今でもその傾向は少しあるから、それと競合するような子供を産んでも幸福にはなれないんだけどな。

とにかくエグザイルファンのセンスがわからない。悪いとか良いとか言う前に正直良く分からない。悪いというほどのものでもないし、好き好んで聞きたいというものでもない。ダンスを含めた総合的なものだというかもしれないけど、それにしたって人数が多すぎてAKBよりひどい状態になっている。というか、あんだけたくさんいても犯罪とかそれに準ずる悪いことが出てきてもおかしくないんだけど、出てきても当然な人たちだから取り上げられてないだけかなぁ。海老蔵が酒に酔って管巻いてお姉ちゃん抱き込んで暴言散らしてるのと同じなのかな。それとも悪いことしたら指詰めさせられるとかw。まぁそこまでひどくはないだろうけど、妙に静かなのが気になる。一人ぐらいシャブやっててもおかしくない芸能界なのにね。

という風に、日本は大きな資本がマスコミを動かして、一般的なレベルが高いわけでもない人々がショウビズ界にのし上がっている。AKBだって最初はよかったけど、今ではカスみたいのしか残っていないわけでしょ? 悪いけど平均したレベルが芸能界にしては低すぎる。今まで出て行った人たちがいた頃はまだマシだったけど、その後どうするんだよという感じ。

秋元康にしてみれば元々寄せ集めの部隊だから、なぜか上がってしまった知名度をすぐに捨てたくはないし、派生グループでまだ儲けようという根性がひどい。恋愛禁止みたいなことを言っているくせに、自分はおニャン子の元メンバーを嫁にしている。最悪だろ、秋元。八百屋みたいな小売業が売り物を客の前で食ってるようなもんだよな。そんで、売り物をゲロブスとか言われてもその通りだと開き直っている。確かにおばちゃん顔だけど、自分が売る商品にゲロブスはないだろw


世の中にはAKBとかのアイドルグループより面白い人たちはいるし、エグザイルよりもずっといい歌を歌う人たちはたくさんいる。テレビで出ているからって支持されているわけじゃないんだよ。それ分かってやっているなら子供じゃないからいう必要もないのだろうけど、子供じみた人も多いからなぁ。こんなこと言うと騒ぐ人もいるけれども、論理的な方法で論破できる人はいないだろうな。だって論理云々っていうものじゃないしね、ショービジネスは。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

宣伝じゃない記事なんてそうあるものではない。 [web]

以前にステルスマーケティング、ステマが言葉として流行っていたけれど、公に広告ですよという前提じゃない販促運動を言っていたのだと思う。IT系でガジェット系のページが好きなんだけれども、そのほとんどが宣伝であると言っていい。他の分野は知らないけれど、少なくともそういう分野だと、製品を売るための宣伝である。

たまに製品紹介なのにディスりに入ってるだろうと思えるものもあったりするが、それはただ単にデータを見る目があるかないかというものだったり、ただ率直にものを伝えているだけだったりする。でも、広告としてはダメでも、製品紹介としては公平な立場のものを読みたいという気持ちは誰にでもある。どう考えてもこれはみんなが嫌がる仕様が隠されていれば、それは買いたくなくなる人が多くなるのを防いでいる広告である、と言える。

極論すれば、新聞である政党に属する政治家の悪事を暴いたとして、それはその政党に対するネガティブな広告、対抗する政党への有利な広告とも言える。これはあくまで新聞が公平性を欠いていないという前提なので、広告と言っていないだけだということだ。右翼がかったり左翼がかっている新聞は、そのまま政党の新聞と同じ役目を果たしていると言えよう。

ただピンポイントにその政党に有利になる広告を打てるかどうかまではコントロールできないけど、それ以上の勢力を持てる起爆剤にもなりうる。それはレベラルな人間が自ら選んだ情報で認知するから、政党に言いなりになっている人達とは違う力を持ち合わせているだろうからだ。結局のところ、それが民主主義というものだろう。そもそもなんらかの利益供与団体や圧力団体が健全であるはずがない。

政治であれ、ガジェットであれ、公平な見地からの情報を自ら見定めていくことが大事なんだよね。というわけで、ウザい選挙運動も華やかなりし頃だったけれども、今回は自民公明以外の政治家に入れようと思う。だって、このまま行くと若者たちが戦争に行って異国の地で死ぬなんていう愚を繰り返すことになるわけで、とりあえずそれだけは避けたいと思っているところです。若い人たちがかわいそうなので、民主党が大勝した時以来で選挙に行くつもりです。それだけ重要な選挙でしょう。というか、与党で2/3は無理でしょう。相当妙な人間が増えない限りは大丈夫なはず。駐留米軍は嫌だけど、戦争もなるべくしたくない。そんな感じ。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Twitter経由でバカが質問に来た。 [web]

今回は完全に相手側が悪いのでこんなことを書くのだけども、他の人にもWebで馴れ馴れしく面倒臭いことを強いらないようにな。子供とかでも質問はきちんと礼儀をわきまえろ。ほんとバカはあまたくるな。


いつものようにTweetしていると、TL外の誰とも知らない人が詳しく説明しろ、とか@ツイートできた。何でわざわざリテラシーもないあんたに説明してやらないといけないんだと思って、絡んできたいバカならからむのやめろ、そうじゃなければ説明せんでもないがというと、絡みたいのはお前だとごねた。というか、はじめに@で無礼にも詳しく説明しろって飛び込んできて絡んできたのあんたでしょうが、と思って、宣言通りバカ認定してブロックして説明してやりませんでした。

まぁTwitter以前に何にも知らない人なのは確定。TL外から失礼します以前に、初対面の人にここまで求めるバカはなかなかいない。というか、他人に教えを乞うているのに、敬語も少しもないし、何で「詳しく」とか文字数が限られているTwitterで言うわけ?

現代の人は何でも人に聞けばいいという傾向があるようで、ググって調べればいい事を平気で聞いてくることも多い。何でもただで手に入る世界だと思って、相手側に人間が苦労して文字を打っていることを無視しているんじゃないかと思わせることをする人が普通にいる。不特定多数に提供するならいいが、何で一人だけのために何の利益もなくやらされないといけないの?

Tweetでわからない事を説明するって面倒くさすぎる。つぶやいてるだけだって。いちいち反応しなけりゃいいんだろうけど、教えてもらえることが当然のように聞いてくるのウザすぎ。少し調べりゃわかるレベルを考えもせずに、ノータイムで人に聞くとかありえない。自分が考えないバカですよ、と言っているようなもんだろう。しきたりとかが実生活で聞かないと分からないのなら仕方ないけど、今回はそうじゃなかったから、絡んできてウザかった。

そもそも、わからない人がどこまでわからないのかがわからない。どこから説明しないといけないんだよ、ということで、相手に強いるようなことではない。若いか年とってるとブレが大きいのでわからないことも多いだろう。とにかく煩わしい。

有名人がブログで心無い事を言われて激高した、という事についてFacebookにすりゃいいのにとつぶやいた。Facebookだったらある相手のことがわかるからひどい事を言うような匿名性の歯止めがかかっていない状態になりにくいのは一般的な事だと思っていた。知っている人の間で見せたいものはFacebookとかでやっとけ、というのは普通のことだと思っていた。ブログでコメントを受け付けていると心無いものが入ってくることも多いし、人の生き死になんてことは周りに大っぴらに見せることでもなかろう。

そんなことを聞いてくる人には、Facebookがどういう体制になっているのか話さないと分からない可能性が高いし、ただ何にも考えてないで聞いてきてもわからなかったらどうせ放り出す。そんなことに時間を割いている暇はない。今は何でもタダで手に入る時代だから、もらう側は相手の事とか考えないんだよね。自分が言ったことが妥当なのか考えるべきだろう。自分でもできていない方なのだが、自分の無知さ加減を喧伝しているような人がいる。見ていて自分の悪い部分を見ているようで悲しくなるからやめてんか。

今の若い人はゆとりよりか対人社交辞令能力が低下しているらしい。ただ会社とかで人に送る文章(メール)が誰に向けて書いてあるのかわからないとか、LINEで慣れてしまっていろんな前提をすっ飛ばしてやってしまう傾向が多いらしい。おいらも気にせんとな。


@Tweetで聞く前に自分で調べような。そこまで知りたい事だったらググれば必ず出てくるから。さもなきゃ自分で考えることだな。それでも理解できないのなら相手に敬意を持って聞けよ。いきなりTL外から全く知らない人が来ても、対処の仕方がわからないことをわかってくれ。更に無知なだけならいいが、愚かさが混ざると手におえん。しかし、うっとうしい人は多いもんだ。みんな大体はぶつからないようにしているのに。自分からぶち当たってくんなよ、迷惑だよ。という、カスみたいな人間がいたという話。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブログ順位上がったり下がったり [web]

パソコン・インターネットのカテゴリではそんなに変化はないのだけど、全体順位は100~200は平気で上下する。それを見て少しは励みにしたり凹んだり多少はしているのだけれど、どうにもあてにならない数字ではあるなとちょっと思っている。

大体いつ時点の順位なのかはわからないし、それがプロフィールに反映されるのは結構後だし、一応きちんと数えているんだろうけど、それを第一に考えるほどのもんじゃないのはわかっている。そもそも自分の踏んだ数はカウントに入れないんだろうけど、wgetで自分のブログを全部舐めたりしたら、それだけで数百位は上がるんじゃなかろうか。ログインしていない状態のアクセスは普通に踏んだ数になるみたいだったから。バカらしいからそんな事はしていないけど、相手のを読まずにniceつけて回るよりかはずっと効率的であろうかと。意味が大してないという点ではたいした違いはない。

なんてSo-netブログでやる気になっている人に水を差すような事を言っていると、無駄に嫌われてしまうのだろうが、実際の事だから仕方がない。それが事実だろう。FF11を未だにやっている人みたいに、今まで費やしてきた時間と労力を手放すなんてそう簡単にできるものではない。それに見合った条件があれば別だが、多くの人はそうではないだろう。じゃなけりゃブログとかMMORPGとかやるはずがない。

というかFF11まだ続いてるのかな。PS2でのサポートは終わりとか書いてあった気がするけど、パソコンでずっと維持されてるのかな。いつかは終わらないといけないネットサービスだけど、依存度が高くなればなるほど影響は大きくなる。それは別に娯楽であってもそうでなくても程度の差はあれ同じ事だ。むしろ一般的なインフラになってしまっている方が文句を言う強さより、文句を言う数が多い方が問題は大きい。今すぐにGmailサービス停止しますとかありえんでしょ。というかFF15早くローンチしろw。


コメント(0) 
共通テーマ:blog

通販は最初は餌がないと定着しないな。 [web]

よく通りかかる菓子屋が閉まってしまった。
IMG_1630.jpg
今度はお菓子はどこで買おう。やっぱコンビニになっちゃうのかな。でも安くないし…。


基本インターネットの通販はAmazonとヨドバシにしている。たまにどこにもない時とかは、Visaカードか何かが持っていなかったので一応作っておいた楽天のカードを使って買い物するけど、最近全然買ってない。大体、Amazonで足りる。値段的にも普通だし。

Amazonを使ったのはやっぱり送料無料だったところなのかなぁ。送料のほうが高いんじゃないかという製品でも送ってくれたわけだが、それも終わるとかあった。

 http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1604/09/news017.html

おぉ書籍は2000円以下でもOKなんだね。合わせて二千円越えればいいのかな。350円に送料がなっただけの話で、普通に考えればそのくらいが相場なんじゃないかと思うんだよね。とはいえ、アマゾンプライムに入会しようとも思えないし、結局送料を普通に取ってた頃に戻るだけなのかもしれない。

そういや、ヨドバシとかの対応もどうなるのかな。それなりに手広くやっているので全部無料ってのは対抗相手がいないところでやっても意味がないかもしれない。まぁヨドバシで買うものってそれなりに値段が張るものだから、前のように戻っても送料は無料のままなんだろうけど、まとめ買いをする傾向にはなるのだろう。

それと楽天はカードを作るためだけに入ったようなものだけれども、ポイントを数回使っただけでアフィリエイトも貯まらずどうでもいい状況。カード年会費無料がなくなったらすぐに解約する予定。ああいう、見かけだけの会社はなんとか無料とかずっとやらないだろうことはわかるから、無料を止めた時にはすぐ手配をしないといけないだろう。入った時の問題点もあったことだし、永年無料だとは全く思っていない。

ネット通販も戦国時代も甚だしいですが、あまりいろんなところにカード情報をばら撒きたくないんだよね。漏洩事故に巻き込まれたくない一心で、本当に欲しいものがある以外はなるべくヨドバシかAmazonになっちゃってます。

コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング

Twitterは結構無礼な奴が多い。 [web]

かなり長い間Twitterをやっているのだけれど、他の人とは違ってWebを見たことのログをつけている感じ。Web logをブログに挙げて履歴にしているわけだ。

たまにいいねが来る程度で、全然関係のなさそうな外人からフォローされたりはするけれども、Twitterのサジェスチョンとかあまり当てにならない。正直、その案内を出す人工知能の性能の悪さに辟易する。マッチングが悪いとは言わないが、英語読むの面倒なんだよ。ネイティブじゃなくても読めはするけど、時間がかかるし直で理解がしがたいところがある。

どこかで、フォローを外されるのはツイートが多いからだよというもっともな話をしたり顔でしているバカがいたが、そんなこと誰でもわかっている。問題はフォロー自体をされない仕組みとか承認式にするとかにできないところで、フォローしてほしくないなぁという人は少なくないと思う。そもそもつぶやきはSNS的な比較的濃厚なつながりにはあっていない。

そもそも情報収集した時のログとか、読んだ時の感想を書くだけで、バカの感想なんて受け付けたくないんだよな。少し暴言調に書くとどこかから嗅ぎ付けてくる奴がたまにいる。なぜそんなことに反応しないといけないのかがわからないんだけど、嫌なことが書いてあったら見なければいいだけの話だし。なんで関わりを持とうするのかがよくわからない。キモイな。現実世界でまともに対応できないから、Webでそういうことをしちゃうんだろうな。すごく残念な奴w。それかリアルでできないからWebでやっちゃう奴もいるんだろうけど、どっちにしても器が小さすぎる。そんなこと俺に報告してどうするw。

TwitterはYouTube以上に収益ができてないっぽい。最近はちょこちょこ宣伝が入るようになったけど、元々タイムラインが早く流れがちなツイッターではあまりうれしくないよね。元々調べ物をするのがほとんどWebの主用途なので、広告はいらないんだよね。ターゲット広告みたいなのは一回行ったことのあるところの一回開いたことのある製品だったりするので、あぁそこに行ったよねという確認にしかならない。まぁリピーターの固定化が目的なんだろうけど、あまりに頻繁だとウザくて行きたくなくなることもないわけじゃない。

Twitterは有名な人しかフォローしない。だって知らない人のどうでもいいつぶやきなんて見たくないし。それ以上にTLが流れすぎるのが面倒すぎて、使っている意味がなくなる。後から見ても追いついていける程度でないと、実用性が低くなるんだよね。同じようなサイトをフォローしていると同じような記事がTLに出てくるし。

Twitterはなくなると情報が入ってくる量が減るな。減ったとしても他にニュースサイトがあるので、大して困らないレベルではあるのだけれど、その他のネタ系が減るのは探す手間がかかる分面倒かもしれない。なんつーか、使い方が普通の人と違うために、ちょっとした変更が非常にクリティカルな問題になって使えなくなるなんて事はよくあることで、逆にそこしか使ってないから根幹から変化があっても別に使えるよ、という事もあったり。

TwitterってAPIがあったんだったっけ。botとか作るほどメリットがあるものもないんだよな。とりあえずログとしての役割は続くわけで。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

モバイルファースト、クラウドファーストと言うけれど。 [web]

まぁつまるところ、インターネットはスマホで使うことが多いし、クラウドで色々な端末で使えたほうが楽、という事ですよね。

Webを見るのに、スマホのちまちまとした画面で見ているのは効率的とは言えないけど、移動中の時間に軽く情報を仕入れるのにでかい端末を持つかと言われれば、携帯しているスマホ以上に大きいものは持ちたくない。というかスマホで見れているから、空いた時間に容易にアクセスできるから、パソコンよりもデカいタブレット端末よりも多くのアクセスがあるのだろうし、別にスマホが見やすくて見ているわけではない。

iPhone6あたりで、画面を大きくしただけの老眼スマホだ、みたいなことを言っている老害がいたけれども、Appleに過度の期待をしているのはやめましょうや、って思った。スマホを一般化させたのはすごいことだし、そもそもの完成度は高かったのだ。携帯できる大きさとしては、あのくらいが限度という進化自体はまずいことではないとは思うのだけれど。5から付いているとは思うけど、指紋認証は楽だし指を滑らす方式を拭い去った。そういう意味では、少しずつ進化していってニッチを開拓しているのは間違いないことなのだ。

画面がでかくなって見やすくはなったものの、まだまだWeb側がパソコンを前提としているサイトも多くて、スマホのためにほぼ別サイトを作っているところも、CSSとかでレスポンシブデザインにしているのも、更新されているサイト以外は旧態依然としたままだ。まぁサイトを作り直すのは手間もお金もかかるし、これから作るとか元々動的に生成されているから対応しやすかったのでなければ、正直既存のものを変更させるのはしんどい。

でもテキストを大きくしたところで読みやすくはなるけれども、明らかにPC版より情報が減ってしまうものがあるわけで、ものによってはスマホ版からPC版のページに切り替えて、スマホでちまちました文字をピンチズームして見たほうが良い場合だって多い。何というか万能な表現の仕方ってのは存在しないし、記事によって的確な表現の仕方は違うのは間違いない。


そんな状況の中で、もっと深刻な問題があったりする。ちょっと前にIEのサポートがかなり切り詰められた。IE8以前くらいはバッサリと捨てられた感じ。まぁIE6の時もしつこく使うのをやめてくれと言っていたのだが、MSのいう事も聞かず使い続けていた企業は多いはずだ。確かにセキュリティや非互換性や保守の問題はあるのだろうけど、それらはすべてMSの言い分でしかないしね。そんなこと言うならOSだって必要なものであれば、ずっとサポートしてほしいって話になるからしょせん無理なんだろうけど。

結局、仕事で使うWebアプリでの問題は、作って使い続けていたものが、新しいブラウザの非互換で動かなくなるという事だ。クライアント側の変化のために、サーバ側の再開発というか手直しは避けたいのだろう。どんだけお金はかかるのかはわからないけど、そこそこかかるのは確かで人が動くので当然ではあり、経営側は大体無駄な経費と思うだけだろう。

Webの非互換性の前にも、昔の16bitアプリをどうするんだとかあったと思うけど、仮想化で何とかしろよ、みたいなこともあった。Webの方でもずっと昔のハードを用意しておくにはいかないので、仮想化で塩漬けしておくこともあったみたいだ。動いているものはそのまま使えれば使いたい、というのはわかる話で。

そもそも作り直すにしても、建て増しで要件が積みあがってできている場合も少なくないので、それらをどう新しいプラットフォームで実現化させるのかという問題もある。必要条件があり中身を刷新するのならいいのだが、それまでと同じようなことを同じように実現させるとなると、新しく作るのがばからしくなる、というのもわかる。


話は移って、クラウドファーストのこと。クラウドなんてバズワードの一つなんだけど、何をもってクラウドかというのも明らかではない。別に仮想化技術を全く使ってなかったにしても、Wehアプリがサーバ側で使うデータをもって扱っていればそれはクラウドなんだろう。メールで言うと、POP3サーバはクラウドじゃないけど、Gmailみたいにサーバ側でメールを蓄える形のIMAPだったらクラウドっぽいなというところ。IMAPでもPOP3みたいに時期が来てしまったら自動的に削除されるような形だったらPOP3と大して変わらんな、とうところでクラウドっぽくない。多分それはクラウドではない、と思う。POP3でもWeb画面から利用できて見られるのだったらクラウドっぽいが違う気もする。

Webでサービスをする、サービスを受けるのが、クラウドにまつわる技術で、それが技術革新的に便利であれば、クラウドの内部がどうなっていようと使う側がインターフェイスを確立できていればいい。物理サーバであろうと、VPSだろうと、ベアメタルだろうと、サービスを利用する側にとってはどうでもいい。サービスを提供する側では、仮想化技術を使わないとやっていられないシステムもあるので、まぁ普通にスケールさせようとしたら使うよね、という状態だろう。ただ、自社内のデータを外に預けるのは嫌なので、オンプレミスでやりますけどそれはクラウドではないっぽい気はする。でも、自社外のデータセンター内に置くとしたらそれはクラウド臭は強い。でもパブリッククラウドとかプライベートクラウドという言い方があるから違うのか。

つまるところなんだろう、インターネットの先にサービスを提供してくれるものの総称としてあるってだけだろう。要するに立ち位置が違うと定義も変わってくる気はする。

先ほど「クラウド 定義」でググったら思いのほかきちんと定義されていたから面白い。

https://www.ipa.go.jp/files/000025366.pdf
http://blogs.itmedia.co.jp/itsolutionjuku/2015/08/post_124.html

配置モデルとサービスモデルか。そういう考え方が一般的なのかな。でも、個別の説明にはなっているけれど、ざっくりした意味としては説明できていない気はする。あくまでサービスを作って運用していく側の区分けで、模式図にある使う側のもやもやとした雲のクラウドではない。まぁ使う側としては用途が果たせていれば、インターネットを使えば使えるでいいと思うけど。


んで、業務アプリになるとややこしいんだけど、結局金をかけずに現状で使えるようにするにはどうするか、という事なんだろうけど、クラウドから必要なサービスを買うしかないんだろうね。もう自前の作り付けのシステムだと古くなると結局改修しないといけなくなるし、機能の陳腐化も甚だしくなる。だから、セキュリティーを考えなくていいところから、パブリッククラウドに任せてしまうのがコスト的に合うのだろう。自前でサーバ持つのはそれなりに面倒だけど、なくてはならない部分もある。

サービスのカスタマイズ程度で対応できる業務ならいいのだが、特殊なものに関してはひな形から作らないといけないかもしれないし、やっぱりそれはお金がかかるし時間による改修も個別に行うところも出てくるだろう。結局、どの方向に向いてもコスト問題なのだなと感じる。ただ安ければよいというものでもなく、ある程度は利便性が高くないと話にならないしね。色々面倒くさいw。

コメント(0) 
共通テーマ:仕事

言い訳したくはないのだが… [web]

ブログを書いていると前はよくツッコミが来た。正論ならいいものの、理不尽とか理解不足な人もいるもんだから、いちいち説明するのが面倒になっていた。コメントは普通に通らないようにしておいた。気持ち悪い人が来るから当然対策はしないとね。

そして仕事でも相手があまりにも不理解だと説明する気にもならなくなるのだ。あぁこの人は1から5を一秒ずつカウントしたら4拍になるという発想が出てこなかった、音楽室での小学校のクラスメイトを思い出す。こいつらに何言ってもわからない、と。しかも、専門のピアノの先生が言っていたと言ってもほとんど誰も聞かない。

全音符かなんかで4カウントしなくてはならない時、1から数えると5まで数えないと4拍数えた事にならない。ゼロから始めたら4まででいいのだが、1から始めると4までだと3泊しか数えられない。いちにーと数えると数の間が一つできる。1・2・3・4・5と・の数だけ拍数の長さになるのが分かると思う。算数で池の周りの杭の数と間の数、一直線上にある杭とその間の数は教え込まれて分かるのに、音楽に変わってしまうと分からない。そういう根本的なところで問題が出てくる。

僕もいつもはざっくりとした考えしか持っていない。車の細かいところは知らないけど、運転の仕方はそこそこできて遠くまで行けと言われれば行けなくもない。エンジンの形式とかざっくりとしか知らないけれども、エンジンはトルクがある方がいいなとは思う。実質を得られれば細かいところはいいと思っている。根本となるところは知っておいた方がいいが、あらまし知っていれば使えはする。そういうものだろう。

細かく言いたい奴の気持ちは分からないでもないが、いちいち指摘されるのも面倒だ。C言語を使ったことがあってもGCCの構造も標準ライブラリのソースもほとんど見たことがないに近い。少しは興味があった頃はGNU関係は覗いていた時はあったけれども、基本./configure && make && make installなどが通れば問題ないタイプで、世の中は細かい事を気にしていない人の方が多いのだろう。

音楽の拍数と、エンジンと、OSSのソースの中身と何の違いがあるのかと言われれば、他人にしてみれば違いはないのだろう。でも、気持ちの悪い指摘をする人間はいる。言い方ひとつでどうにでもなるんだけど、気に障る人間しか指摘しないんだよな。そんなマニアックな事、知っていたとしても屁のツッパリにもならんのですよ、と。実際に問題にならない程度の知識であれば大体問題ない。プロトコルをスクラッチするという仕事じゃなければ、ホビーでやっている分には実害はない。

夏目漱石の坊ちゃんのドラマを見ていて、あそこまでまっすぐになれないけれども、知らない事は知らないと素直に言えないところに問題があるのかもしれない。でも、仕事をしていて知っていると嘘ぶる人間はいくらでもいた。ほぼ文系プログラマーに近くても正論を通すのは難しかったわけだけど、直上の上司は分かってくれる人が多くて助かった気はする。

その後は一人プロジェクトも多かったわけだが、ぐうの音も出ない程度には表面上には出ないようにしていた。まぁソースを引き継ぐことも多いので、以前のバグを直すかどうかは気分によってだけど、暇がない限りは早く家に帰っていた。そういうところですり減らしたくはなかったし。でも、そういうところに気になる人間ではあるし、放置したくない気持ちもないわけではない。

そもそも正しい事ばかりで世の中ができていると言わんばかりに、自分の知識をひけらかす前に、サンプルソースでも作って提示してほしいもんだよな。事実を知ったところで動くものを見せてもらわないと話にならないわけだし。極端な話、間違って動かなければいいと思ってるから、読み下すのは動いている限りは信用するよ。でも、単なるうざい奴にかまってる暇なんてないんだよな。

UNIXで初心者をタコ扱いしているような奴が未だにいるとは思っていなかった。同じコンピュータとはいえハードからソフトまで色々な分野があるという事をわかっていないわけでもないのに、他人をコケにするのはリアルでどんだけ恵まれてないのか気が知れない。なんつーか、自分が知ってることを褒めてほしい人たちなんだろうな。それか小さい時に褒められないで育ったか。

正直、気持ち悪いアクセスが来るという事は、そういうのが好きな人達がたくさんいるんだろうな。普通に話しているつもりでも、一般の人には通じない事も多くて、会社でテクハラだとか半分冗談で言われたことがある。そのレベルの話でも一般人には通じない。だから自分達が非常に狭い世界を生きている事を考えた方がいい。まぁ色々リアルで活躍している人はこんなところに来ないんだろうけどな。頭が良い悪いを別にして気持ち悪い。というかキモオタは来ないでほしい。勝手に自分で悦に入っていればいいのにね。他人と比較してけなさないと自己満足もできないんだね。ストレス解消の場にストレスをかけてほしくない。

コメント(0) 
共通テーマ:blog

ネットにソーシャルを持ち込む暑苦しさ。 [web]

mixiも嫌いだったし、Facebookはもっと嫌いです。そういう話。

3月のライオン11巻と、よつばと13巻、ちはやふる29巻、年内に読めた。忙しいわけじゃないけど暇が有効に使えているわけでもない。何にしても面白いマンガばかりであった。なんかテレビアニメ化とか実写映画化とか重なるもんだな。メジャーな作品しか読んでないって事だな。百合マンガは相当たまっているし、正月に一気に読み倒そうか。


ある種の匿名性は個人的な暴論の助長をさせてしまっているけれども、そういう意見ってのは見向きもされないわけで、どっちにしても極右とか極左の連中は特に問題ないだろうと思っていた。でも、今はイスラム原理主義の過激派でもTwitterやFacebookで勧誘しているくらいだという。それをanonymousが攻撃するというわけの分からない状態になっている。なんつーか、時代も変わったものである。

SNSでもリア充アピールが気持ち悪いFacebookは日本人向きじゃないと思います。確かに大学を出てから、昔の大学の友人と会うとかそういう用途には便利だろうけど、何が何でも実名でやらなきゃならない意味が分からない。そういう意味ではアメリカ人とか白人文化には割と適合したのだろうけど、つながる事自体鬱陶しいと感じやすい日本人がネットにいる事自体は否定できない。

それも結構多くの人数がいてかなり罵詈雑言を吐いているところを見る。僕のブログにも変な奴がボチボチ来ていたが、それを避けるための方策を打ったらぱったりと届かなくなった。あのね、そういう罵詈雑言は自分のところだけでやってくれよ。何で人のブログまで来て人の悪口とか良くわからない。それが妥当性があるものだったらいいのだけれど、大体はそういうわけではなかったりするからねぇ。そういう奴に限って、正論を受けると取り乱して怒る。頭おかしい奴は何言っても凝り固まっていて自分の事が見えないから、他山の石としたいと思う。

初期のmixiも招待制で女子が良く使っていたみたいだった。女子の友達は当時はいなかったので、mixiなんてへへ~んと思っていたけれども、ちょっと覗いてみたいとは思っていた。でも、mixi疲れなんて言葉ができてしまう頃には、ソーシャルネットワーク自体の暑苦しさが嫌になっていた。それでもTwitterは使っていたけれども、それは情報収集だけのためで、友達がどうこうって話ではなかった。

元々、対人関係はあまり良好じゃない方で、頭の悪い気持ち悪い奴には近寄ってくると酷く抵抗してしまう人なので、そもそもの友達も少ないし行きずりの友達も少ない。友達を作りたいとは思わないがいた方がいいなと思う事も事実で、そこいらの敷居が他の人よりか高いのである。鬱陶しがられると困るなとか思ってしまう。実際、拒否されると、人によっては肺腑をえぐられる思いもするし。


そんな現実の状態をネットに持ち込むなんて、ちょっと暑苦しくはありませんか、と思うのである。匿名で行ける善意ってのもあるし、匿名だから話せる無駄な話もあるし、到底リアルではできない事も結構あったりする。僕的には技術的な情報を取れればそれでいい感じはしているのだけれど、特にOSSが定着した今では、OSSを使うためにはネットは必要不可なものにはなっている。

昔はBSDとかのCDが単体で、有名書店で売っていた時があったもんね。ネットで落とせない量のものは、雑誌のCD-ROMでっていう常識はちょっと前まであったけど、今はネットで配信するから取りに来てくれというのが一般的になってしまっている。まぁある程度ネットの帯域が広くなったから、ISOファイルでも普通に取りに行く世の中になっているわけだけど、プロバイダまでの間が光ファイバにするほど広げる必要があるかと言われれば、自宅をホスティングして使うぐらいの事をしなければ、帯域はあまりまくりなこと請け合いである。


バカな警察がネットでの書き込みの冤罪を平気で起こしていたけれども、やっと覚えたIPアドレスという言葉に振り回されて冤罪にしちゃおうとしたんだろ? DNA鑑定の最初の頃だって、DNA鑑定の精度が著しく低い時に、重要な事件で使ったからひどい冤罪が起こった。警察は特に新しい技術に弱くて対応が後手後手になってしまっていて、現実にネットの複雑さを持ち込む事自体が問題があるんだよな。別にネットでの犯罪を取り締まるなと言っているわけじゃないけど、やるなら徹底的に冤罪がないようにしてほしい。

まぁ警察の幹部もネットの無修正エロ画像を見ているだろうから、色々踏み込めないところはあるのだろうけど、見せしめに取り締まるようなことはあったよな。それ自体、妥当性があるかどうかは怪しいところだけれど、パソコンは不正だけをやっているわけじゃないから、証拠として持って行かれると困る状態もあるでしょうにね。今は少ないとは思うけど、会社のデータとかも入っている人もいるでしょうし。そういう切り分けとかも考えずに持って行くしかないパソコンっていう情報処理の機械も面倒な話にはなっている。多くがクラウドに情報を置くようにはなっているから、そこから情報を得るにしてもコピーして持って行けばいいだけの話なんだろうけど、パソコン自体にそれを適用させるのは難しいかな。

というわけで、ある程度リアルとネットをあえて分けて考えないといけないくらい身近になったインターネットですが、リアルで鬱陶しいのを避けているのに、ネットでまた同じことをしないといけないのはしんどいです。自分を実力以上に見せなくちゃいけないのもむなしい事だし、そういう恥ずかしいFacebookみたいな事をしたくないんですよね。なんだろう、Facebookを使っている人は自己顕示欲が旺盛すぎるきらいはあるよね。そりゃ、個人経営とかしているなら別だけど、そうじゃなければ何でそこまでして他人とつながらなあかんのと思ってしまう。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

こんごについて [web]

ううむ土日祝日になるとSo-net blogは順位が下がっていくなぁ。土日に読んでもいない人達がniceとか付けて回るんだろうな。鬱陶しいったらない。そういう意味のないなれ合いが嫌なので、niceも付けさせないし付けない。だってniceって読んでいようが読んでいなかろうが誰でも付けられるし、SEO対策にリンクを張っているだけに過ぎないんだしね。まぁそんなことで集客しているつもりであるのなら、それはそれでいいんじゃないかな。

中には酷い輩がいるから、そういう奴らに干渉されないようにするのにかなり苦労した。SNS的な機能なんていらないんじゃ。niceを付けたから見に来てほしいと思ってるんだみたいな風潮があったので、あんまり特殊な技術文章とか書けないし面倒くさいったらありゃしない。

ともあれ、So-netをプロバイダにしているので、ブログも他のところにするのも今さら面倒なので移動しない。そこまでするほど嫌な事が少なくなったのでこのままで。途中でやめようかと思ったんだけど、自営の仕事がものにならなかったので別にいいやと思っています。清濁入り乱れているのは承知なのでそれで商売をダメにしたくはないし。でも、いずれにしても閉じてしまうのはすぐにできるので、技術関係とグダグダ愚痴は続きますw。

でも、プログラミングしていなかったらここまで続いていなかっただろうなぁ。リア充じゃなくて趣味的なものがなかったら書くことないもんなぁ。外に行っていると帰ってきて書くのはしんどいんだけど、書くネタはあるので何とか毎日続いているけれども、書きためてあるので内容が古くなりがちで困るのだが。まぁ毎日書くよりかは重要な記事をピンポイントに書いた方がみんなのためになるわけだけれども、流行りすたりの多い記事も多いので、自分が再度するときに参考になればなと思ったりしている。結局のところ忘備録でしかないのかもしれないけど、誰かの役に立てばいいなと思いつつやっている。

何か新しい事をしたい気はあるんだけど、今やらなきゃいけないこともできていないので難しいところ。日々の困難を乗り越えていくだけで結構大変なわけだけど、続ける事で何か自信みたいなものはできているかもしれないな。こんな年になって自信も何もないわけだけれども、継続は力なのは間違いない。


このところ、あまり技術的な事を書いていない。実際、あまり技術的な事をしていないのだが、大体はWebにある情報だったりするわけで、なかなか有用な情報を出せていない。出せていてもマイナーな情報ばっかりで、使える人がいなかったりしてGoogleの検索結果も外国の情報に混じって一ページ目に出てきたりする始末。そんなに難しい事をしていないのにやっている人が少ないんだよなぁ。絶対ここで迷うはずなのに何で他の人が書いてくれないんだろうと思ったりするのだが、そういう誰もあまり目を付けない事しか書けてない。当たり前すぎるのかな? でも、書いたって事は簡単に済まなかったんだろうけど、そういうニッチなところしか活きる道はなかったりする。

何回も同じようなことも書いているけど、継続して読んでいる人なんていないだろうし気にしない。なんか同じことを話すなんておじいちゃん並みだな。

コメント(0) 
共通テーマ:blog