So-net無料ブログ作成
検索選択

バイアスと一般的な意見 [web]

ネットで日傘をさしている人は大抵ブスだみたいなことを言っている人たちがいて、色々反論やらがあった。ブスは認めて、アンチエイジングも許されないのか、見たいな事も書かれていて痛々しかった。

自分はそれほどブスが多いとは感じなかった。世の中7割以上はブスか普通の顔しているんだから、日傘をしている人は異常にブスが多いとは感じなかったし、大体日傘をしている人の顔は良く見えないことも多い。最近はそうでもないが、日傘をさしているのはおばちゃんという印象があった。

日傘をしているんだから見えない裏は美人なんだろうなという無意識なバイアスがかかってしまい、見たときにお前が日傘指すなという理不尽な考えに至ってしまうのだろうが、やっぱりステレオタイプな見方は恥ずかしいなと思うわけで。まぁ多くは偏見の目で見ているということなのだろうけど、まぁ一定のイメージというのは割りとあるのかもしれない。日傘差していようが差していまいが世の中の美人の量なんて限られているのである。

本当の一般的な意見の総量と、その人の抱くイメージは大体ズレている。意見の平均が正しいというわけではないが、それなりにバランスを取るとすると基準にはなる。事実と外れていても、その時の勢いで流されることだって多い。特にネットでバイアスがかかった噂や意見が流布されると、それに乗っかってしまう人間も多くなる。酷い例になるとアメリカでトランプが大統領になるとかそういうことだ。

普通考えたらそうはならないだろう、という一般的な意識の人と公平ではなく歪んでいるが主張が強い人間がぶつかったら、後者の方が勝ちやすい。偏ったものが勝った後、おかしな状況になったら一般人が反発する力は強いのだが、そうなる前に押さえつけるというのは、それはそれで偏った行動なわけで事前に防ぐことができないのが犯罪と同じところだ。頭がおかしい人間にお前おかしいよと言っても大体は逆効果だし、そんな被害を受けそうなことは誰もしない。

ポリティカルコレクトが人間の直情に反しているからそういうことになるのだろうけど、人間が生の感情だけでやっているとしたら社会が成り立ち得ない。ある程度の常識の範囲内で動くことが求められていて、それに鬱屈してしまうような人間がポリティカルコレクトから離れるというのはあると思う。ただポリティカルはポリティカルであって、文化やその時々の常識に比べたらあまり適合しないことというものもあるのだ。そこが難しい。

現在では一般的ではない意見もまとめページを乱造したりして、事実をどうしても捻じ曲げたい偏った人間がいるらしい。トランプはサイバー攻撃やら何やらで大統領の地位を勝ち得たわけだが、今みんなに叩かれているようにまともではないのは確かである。そういうまともだと思われない人間が優位に立てるのが今のネット社会なのだろう。プロパガンダをお手軽に個人的に行えるひどい世界だ。しかも、それを見て信じてしまう人も少なくない。

ただマスコミがまともだとは言えないし、スポンサーの言いなりになっているのは間違いないことだけれども、一定の客観視ができてそれが多くの客観視ができる人が見ているという点ではわけの分からないネットの記事よりか百倍まともだ。政府と結託するような読売新聞や、政党が言いたいことを言っている新聞もある。だけど、立場がはっきりしているという点においては、責任の所在がある程度あるということは重要だと思われる。ようは真実の担保が必要なのだ。現実がどうあろうとも、それが彼らの真実として出されていると認識できるということはひとつの論拠となる(肯定するにしても否定するにしても)。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Amazonからメールが来るようになった。 [web]

郵送業の疲弊を招いたAmazonですが、本以外の送料無料をやめた結果、発注が格段に落ちたと見えます。その理由にAmazonのアフィリエイトが入ってこなくなりました。アフィリエイトは紹介した本じゃなくて、いろいろな製品を買ってくれていたようで、単なる入り口としてしか機能していなかったことになります。できれば自分の紹介した本とかを買って欲しかったけど、まぁそれで本をいくつか買えたからいいけどね。

そのアフィが入らなくなった。最近は自己アフィぐらいだよなぁ。とにかくどうでもいい買い物をしなくなったというのはアマゾンとしては少なくないダメージだったのではないだろうか。だって今までのロングテール商売に戻ってしまったわけだから、儲けは少ないが多くの商品を売るというパイが小さくなってしまっているってことでしょう。

それと残念なことにAmazonのFlashブログパーツが機能していない日が多くなったような気がしました。米国Amazon本体なら、サーバがすっ転んでもすぐリカバリする方法をAWSとかで提供できるんだろうけど、日本のアマゾンにそこまでの力はないらしく、更にブラウザのFlash止め攻撃とかも不幸して、収入は激減しているんじゃないかなと思われます。

そんな中、アマゾンからメールが来るようになりました。今まで来ていなかったから、腐心してメールを出すようになったのでしょう。マシンラーニングというまでもない統計を利用して、その顧客が買いそうな新作をメールでお知らせしてくれるのはいいのですが、正直興味ないですね。というか、最近のマンガアニメは夢中になれるものが少ないです。年のせいかもしれないけど、正直どこかで見たことのある上にスケールダウンしている。

日本のアマゾンは株落ちてそうだなぁ。アメリカ本社はクラウドでイケイケだけど、日本はただの物流のインターフェイスでしかないからねぇ。しかも、変な犯罪も絡んで来てしまうし、転売屋の住処になっていたし、正直あまり良い環境づくりをしていないように見えます。

さて買いに行くの面倒なのでハンターハンターの新作注文しようかなぁ。

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 冨樫 義博
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/06/26
  • メディア: コミック


本誌を読んでなくて電子媒体でも読んでいないので、その日に着くのを気にするほどでもないし、多少遅くなっても別に良いかという気はしている。ううん日和ったものだ。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

なんだか妙にパソコン・インターネットのランキングがシビアだ。 [web]

前までは全体ランキングが500位くらいあれば普通に、パソコン・インターネットのカテゴリのランキングに20位くらいで入れていたのに、今は全体が400位台でも25位を割ってしまう。どんだけ頑張ってるんだよ。前と違ってDVDコピーとかの怪しいブログとかも入ってきているみたいだし、So-netはそういうのあまり入れないのかと思っていた。

あまりに順位が上がらないと不正なことをやっている人がいるんじゃないかと思ってしまうのだが、自分はマイペースでやりたいなぁと思う反面、お気楽にカウントあげたくなってしまう自分もいたり。にしてもなんか不必要にアクセス数を気にしている人が多いかもなぁと思ったり。自分はブログを書くためのモチベーションとしているわけだけど、そこまで頑張られては基準として成り立たなくなってしまうと感じている。25位を割るとランキング外になってしまうのはわかるんだけど、そこいら辺みなさんかなりシビアな様子。入ったからといってアクセス数が伸びるわけでもないんだけどねぇ。

そういや、Amazonのアフィサーバが以前に止まってしまい、ただでさえFlashを使う場面も少なくなって、たまに入ってくるお小遣いもなくなるなぁと思いつつ、悲しい思いをしていたりします。アフィと言えばここに炎上させにきた馬鹿どもがおったなぁ。あっちから誘っておきながら、答えられない発言を消すとかアカウンタビリティなさすぎと思っていたんだけど、基地外にはあまり触れないでおく方がいいよね。自分がまともだと思っている人を注意すると、とんでもなく怒る場合ってよくあることだから、指摘の仕方を間違えるとお互い怒らないといけなくなる。どっちもどっちって気がするんだが、大体は間違った方が妙な方向に問題をすり替え始めるわけで。

まぁそれほどこの半技術ブログサイトにスマホで入ってくる人も少ないと思うので、Flashでアフィバナーを貼っておいても見られないということもないのだろうけど、ブラウザ自体が動作を止めていたり、非推奨にしていたりしているので、早いところFlashバナーはHTML5のものにしろと言ってるんですけどね、Amazonには。でも金がかかることはしないんだよね、あんまり。前に書いたようにFlashほどにはお手軽に作れるツールがあるってわけでもなさそうだし。

おぉもうゴールデンウィークも終わるなぁ。ブログも暇だったけど書かなかったし、少しの間はちょっとだけ技術ブログに戻る予定。今後も生暖かいアクセスをw。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

HPを見ていると誰を大事にしているかわかる。 [web]

仕事でやたらと多い機関のHPを回らざるを得なかったのだが、HPそのものはググってすぐ着くものの、そこから目標のページへたどり着くのが結構雲泥の差であったりする。まぁこちらが勝手に思っているのだけれど、お客様相手にその誘導の仕方はないんじゃないの、というHPも多く見当たるのも確かである。トップからすんなりワンクリックで行けるところから、散々探して別建てのサイトになっているとかいろいろである。こっちはたくさん処理しないといけないんだから面倒なんだよね。

HPもやっつけで作っているのも、気合を込めて金も込めて作っていそうなものもあるけれども、「ユーザビリティー」イコール「HPの豪華さ」じゃない気がしている。的確に目的のページに行けるというのは一番優先すべきことじゃないのだろうかと思ったりはする。必要なところへ三つも四つもリンクを深く追わなきゃいけないとか、どれだけ人を迷わせようとしているんだろう、と思ってしまう。トップページで変なローディングでもたついているなんて以ての外である。今の移り気な受験生はそれだけで見るのをやめてしまうかもしれない。

ページによってはトップページから多段階メニューで一発というところもあったり(それも使いづらかったりするのもあるのだが)、深く潜って行って別の特設ページに導かれることもある。この差ってなんだろうなと思ってしまう。少なくともどのページがどれだけ見られているのか確かめていることすらしていないんだろうなと思われるサイトが散見される。別にそこまでマーケティングを考えなくても、みんな平等に分岐が多くても浅めに作ることぐらい出来るんじゃないですか、と言いたくなる。トップページはだらだら長くないほうがいいかなとは思うけど、あまりにも入り口が狭すぎるのも、ごちゃごちゃしすぎて選びにくいのも勘弁して欲しいところだ。

使用者に分かりやすいインターフェイスなのは当然として、間違えて行ったとしても他のところからも行きやすい導き方であればいい。最終的にはサイトマップということになるのだが、それさえもきちんと機能していないサイトってあるもんね。なんつーかやらされて作ったというのが見え見えなんですよね。使う人の立場なんてどうでもいい感じ。

まだ辿り着くまでの道のりがあまり良くないのはいいほう。最悪なのは行っても必要なデータがないとか、見にくいとか、足らないとか本当にWebページを使っている意味がないものがあったりします。本人はやり遂げたつもりでもぜんぜん足りてないし、他の同業者のページをまねするぐらいのやる気を見せて欲しいものです。マネといってもパクリとかじゃなくて必要なものをいい配置でって事で、他人の家を拝見するのは当然のことじゃないかと思うんですよね。少なくとも同業者であっても匿名で見れるわけですから。

ともあれ、同じ業者のページって似ているものも多いですね。内製にしろ外製にしろ、あれと同じようなものを作ってくれと言われれば、HTMLタグやCSSから気軽にパクれてしまうのだから仕方がないのだろうけど、あんまり凝られても探しにくいだけなのでそれでいいのかもしれない。

それにしてもブログ以外は左右に全体メニューがあるようなタイプって少なくなりましたね。あれはスマホでなければ大変使いやすいレイアウトだと思うのだけれど、ダサいのかレスポンシブでないのかあまり見られなくなってしまった。まぁ全体を見るような使い方をする人もいないと思うので、辿り着けてしまえば左右にあるバーは必要がないものになってしまうのは仕方ない話なのかもしれない。正直、通読するようなWebページってそんなにないから。

そういや個人ページでブログ以外のものって結構減ってしまったよなぁと思う。何にしろHTMLタグはあまりたくさん打ちたくないという気持ちはみんなにあって、専用のHTMLエディタがあったとしてもFTPであげるのなんて面倒くさい、というのが普通なんだろうね。そういやプロバイダのブログでないホームページは、SFTPになっていないし容量も昔のままで小さい。ほとんど放置状態と言っていいでしょう。僕もフリーソフトのファイルを置くぐらいで、それならば他のサービスでやればいいじゃんと言われてしまえばそのとおりだったりします。


いまの職場のパソコン。
1366x768解像度きつい。
32bitOSの4GBメモリきつい(実際はグラフィックに取られて2GBちょっとだけど)。

できればSSDとフルHDが欲しい。というか、家の主力パソコンと同じくらいじゃないとストレスたまる。まぁ家でもストレスたまってますけど。家のはSurface3でフラッシュメモリとCPUがダメなんだよね。壊れているテレビに付けた主力パソコンだったマシンは、SSDが壊れて使えてません。SSDが高止まりしているので、安くなるのを待っています。Optaneで需要が減ってSSDが安くなればいいんだけど。そのうちSandy Bridgeの8GBのRAMなんて使えないスペックになってしまうのだろうなぁ。その時はWindows7と一緒にお取替えってことになるのだろうけど。Wi-Fiが速くなった他は新しくする動きはないなぁ。ん~Ryzenも安くていいが、APU出るまでは買わない気がするし。

コメント(0) 
共通テーマ:仕事

Webシステムはくそなものも多い。 [web]

今仕事でいろんなところのシステムの登録処理をしているのだけれど、なんでこんなに使いにくいのかなと思えるものが多い。見た目はHTML5を使って綺麗なんだけど、根本的なシステムのつくりがクソだったり、どうにもシステム屋のいいなりになっている感じがして仕方がない。

自分の入力したデータが送られると確認できなくなるとか意味がわからない。メールに送るようなシステムだったらまだいいよ。でもDBを使ってわざわざログインさせておいて、自分が作ったデータを見られないとか使いにくくて仕方がない。ユーザー側しか見られないように作っているのだろうが、正直提供する側もきちんと確認が取れないとリリースしっぱなしはまずいような気がするんだよね。でも、それができない。作るときに他のシステムを使って見て検討してないというのが見え見えだ。やらされ仕事にやっつけ仕事。

それと最悪なのが長々と入力させられてタイムアウトとか困る。そんな長いフォーム作るなら途中保存できるようにしろよ、と突っ込みたくもなるが、多分デバッグ時は適当な文言を入れて動けばいいやで、実際に対応する文言を考えないといけないとなるとそんな時間じゃ足りない。どう考えても作っている人が使うことを考えてない馬鹿としか思えない。

さすがに多くの人がたくさん使うシステムはそういうことは少ないんだけど、それでも不満点はある。そういう仕組みなんですとか、そういう仕様なんですとかいうのはいくらでもできると思うんだけど、現状できる技術が想像できる状況で、この無様さはないんじゃないですか、というところである。納期、予算、開発者のレベル、いろいろ絡んでくるとは思うけど、最低限のシステムってこうじゃないだろ、という気はしている。少なくとも見た目は二の次でいいのだ。使えなくては意味がない。というか迷惑だ。


コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ヨドバシカメラからマニアックなものを勧められるw [web]

よくWebの広告でヨドバシカメラのバナーがあるんだけど、一回見に行ったものとか勧められても大体は買わないんだよなぁ。ともあれ、ものすごいマニアックなものを勧められても自分がそう言うものを買うんじゃないかと思われていることが嫌な感じw。

これなんだけど、普通の顧客にオススメするにはメニアックすぎないw?
 http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001001453779/index.html
運転免許証用の写真をカットする機械。いや、無骨な機械は嫌いじゃありませんが、そこまでマニアックじゃないんだけどなぁ。

多分だけど、ヨドバシカメラが金をもらった製品をオススメしているだけなんだろけど、それにしたってねぇ。特殊な性癖を勝手に決めつけられているような感じですごく嫌なんですけどw。

おそらく一度見たからもう勧められないでしょう。前もよくわからない部品見たら出てこなくなったから。それとビキニのおねいさんもよく勧められるんだけど、そんなに見ているのかなぁ。ヨドバシは基本的にデジタル家電とかとゲームしか買わんのだけれど。機械学習とかでビキニ好きに思われているとかw。

というか、ヨドバシはアフィリエイトとかやらないのな(たぶん)。良く買うから自己アフィできたらやりたいんだけど、細かい金払うの面倒臭いんだろうな。ポイントとかそもそもあるのにね。Amazonアフィはそういう意味では割と公平なんだろうな。楽天のアフィは全然ダメだった。なんだろう、楽天のしょっぱさは。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Amazonのブログパーツが機能しない日も多い。 [web]

このブログでアマゾンのブログパーツを自己アフィ用に貼っているのだが、よく死んでいることがある。死んでいるかどうかはユニクロのブログパーツを見て判断しているのだが、Flash Playerに問題があるのであれば、AmazonはおろかUNIQLOのFlashも表示されないという状態になるわけだ。

技術書の売れ線を見ていると、その時の技術の流れを少し理解することもできるし、欲しい時にポチっとするだけですぐに購入できるのは楽でいい。だけどいつも動作していないと意味がないんだよね。計測したわけじゃないけど、休みの間は落ちていることも多い。Amazonもダウンタイムでいくら損しているか換算した方がいいね。


前も書いたかもしれないけど、AmazonにブログパーツはFlashじゃなくてHTML5にするつもりはないのですか?と聞いてみたら、現在はその計画はないと無碍もなく言われてしまった。

そのうえで、くるくるウィジェット以外にカテゴリごとの売り上げトップを表示するウィジェットはないのですか、と聞いたらそれもないと言われた。

なんつーかアメリカでブイブイ言わせている会社の日本法人ってすごく貧弱なのが多いよね。たぶん、ブログパーツを作るのも外部の業者に発注しているだけなんだろうし。アメリカ本社はAWSとか技術にたけた人間は腐るほどいるのだろうにね。そういった意味では、日本はマーケティングの人間さえいればいいという感じの流れはMSでもAppleでも同じなんだろうし、どうにも貧弱さを感じざるを得ない。IBMとかだとそうはいかなかったみたいだけど、それだけやっている仕事の質が違うってことだろう。

半年で600万円ぐらいで開発するよ、雑費抜きで(どんぶり勘定)。本当はその倍くらい欲しいけどさ。HTML5そこそこしか知らんけど何とかなるだろ。Flashのソースがあれば結構簡単に作れちゃいそうな気もしなくてもないけど。AdobeのHTML5のツールもまともになってきたみたいだしね。


ん~Windows10のBash on Windowsのaptはちょっとタイミングが古い感じだ。Ruby入れようとしたらいまだに1.9を入れようとした。本家のUbuntuでは2.1かそこいらを入れてくれるので助かっているのだが(rbenvとか面倒くさい)、今更2.0を使うのに明示的にruby2.0とかコマンドを打ち込まないといけないってないでしょう。というか、ダブルバイトの表示とaptリポジトリの最新化を行ったら、手元の開発はWindowsで良くない?という話になりそう。デプロイはUbuntuにするってだけでいいのだから、開発環境を無駄に作らなくていいかもしれない。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

やたらスパムメールが来るようになった。 [web]

どこから漏れたのか知らないが、ここ最近So-netのメールアドレスにたくさんのスパムメールが来るようになった。いろいろ使っているので出所は知らないんだけど、それだったらgmailの方にもたくさん来てもおかしくないんだけど、Gmailはスパムフィルターがしっかりしているのか全然と言っていいほどスパムメールがこない。

かなり前にSo-netから漏れたらしい時があった。その時はメールアドレスとログインアカウントの名前が一緒で、変なメールが来るようになったすぐ後に、So-netがメールアドレスの名前と、ログインアカウントの名前を違うようにしてね、と御達しが出た。なんで今頃とその時思ったのだが、ちょっと後に思い返したらSo-netから漏れた、というか名前が一緒だから漏れたことを自分たちで公言してしまったようなものだった。漏れたと思ったのは、他の人のメールアドレスも含んでいたからだ。でも、そういうやり口は企業に効いてもプロバイダ内のメールアドレスが来てもなんの信憑性もなかったりする。むしろ怪しいと思う証拠になってしまった。

なんにしてもGmail並みのスパムフィルターをSo-netには付けてほしいものである。いちいち消すの面倒なんだよなぁ。Mac開けるたびスパムメール掃除している気がする。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

So-net blogのGoogleランキングが落ちてる? [web]

前までは一日1000件以上は来ていたアクセスが大体700前後に落ちている。でも、So-net blog内ではランクがそれほど落ちていないので、So-net blog全体が落ちていると考えるのが自然だ。確かに一時期ガクンとブログ内でのランキングは落ちたのだけれど、また持ち直してきた。

Googleの表示はブログがわりと有利だということを聞いたことがあるのだけれど、最近はそうでもないらしい。やはりブログ内でリンクが張られていたところで、自分に返ってきてしまっているだけの話なので、そもそも自画自賛みたいなリンクだと思われている節がある。実際そうだったのだろうけど、ブログに書く意味が多少目減りしてきているのであろう。

というか、CMSとかもブログ的なところがあるというか、それでブログを作っている人もいるとは思うんだけど、もうHTMLタグを直打ちするなんて面倒なことはまずないから、自分の中で自動的にリンクを張っていくという仕組みは当然という状態なのだろう。いかに自分と関わり合いのないサイトからリンクを張っているかを見ているんじゃないかなと思ったりする。

一時期SEOが非常にいやらしい形で行われていたわけだけど、Googleとしてはそういうのを排除したいという気持ちは今まで何度も変えられたランキング方法を見ても明らかだ。最近変わったとかいう話自体をあまり聞かなくなったわけだが、中国人にゲリラ的にリンクを張らせるSEOとかも下火になってきたのかな。明らかに怪しいリンクはマイナス対象になったんだろうね。

まぁブログを書くのに飽きてきたというのもあるんだけれども、興味が湧くものをずっと書き続けるなんてことはできないだろうから、どうしてもしんどくなってしまうところはあるのだろうと思う。それほど目を引く文を書ける人はそういう職業になるのであろうし、大した実入りもないアフィブログなんてやらないはずである。儲かるよなんて書いている人は、もう旨味がなくなったから人に教えているのは当然なことだろうし、実際それができたところで長続きするはずもない。雑誌で売られている怪しい呪術的な金儲け方法と大した違いはない。

もう少し書く回転を下げて技術的なものだけ書こうかなと思ったり。でも、ストレス解消的なところもあるので、そっちもやっぱり継続したい気持ちもある。無理はしてないけど、ちょっとかったるい時もある。もう少しマイペースでもいいのではないかと考えても、ランキングがあるから少しでも書いておこうという気持ちにもなる。

技術的な備忘録と、野次馬的なテクノロジーのワイガヤでいいかと。Googleのご機嫌伺いするのもあほらしいしねぇ。まぁ止めるときはあっけないであろうとは思う。

コメント(0) 
共通テーマ:blog

AbemaTVはアニメとかしか見てない。 [web]

サイバーエージェントのやつがキモくて、大体のサービスが嫌いなのだが、AbemaTVはちょこちょこ見ている。TVが面白いのやってなくて、ニュースアプリでニュースサイトを追うのも面倒な時、昔のアニメを見ている。命名権が先に取られていてAmebaTVが使えなかったらしいが、特にサイバースクワッティングでもないので、いい気味である。

というか、世界が繋がっているというということは、こういうことなんだなとわかる。というか、中国の命名権のスクワッティングはアホで最悪すぎるけどな。なんで日本の地名が商標登録とかできるんだよ。気持ち悪すぎるよ、中国人の金目当ての行動は。世界の海から出て行って欲しいレベル。韓国人の日本人に対する反感も気持ち悪いけど、金と利益しか考えてない中国人も同じくらいに気持ち悪い。それも中国人は特に日本人に限定せずに全世界的に迷惑をかけまくっているところがすごいよな。なんというか、文化の開けてない国としか思えないのだが。まぁ文化大革命なんてやってたら、既存の良いところが完全に破壊されても仕方がない。同情はしないけど、本当に世界のみんなに迷惑だけはかけないで欲しい。

んで、名前がややこしいabemaTVですが、結構前のテレビアニメがやっていて、続けて見られることもあるのでアニメ廃人になれることうけあいw。今の所、TVCMが少ないので(番宣CMはやたら多い)、トイレに行くのも躊躇われる時がある。まぁスマホで見ているので、トイレにまで持っていけば問題ないのだが、それもどうかと思うしな。なんかマルウェアとかで覗かれていたりしたらお互いに気味悪いし。

とはいえ、TV画面でパソコンを通じて見るとか、大画面で見ると薄ぼんやりしていてきれいな画像ではない。まぁそんなにぶっとい帯域をサイバーエージェントに取られていたら、それだけで災害時のタダLINE会話以上の迷惑になるのだろう。ぼんやりとしてはいるのだけれど、コーデックで荒れることはなく、よくありがちな低帯域で低信用性な時のブロックノイズが出ることもあまりない。通信方法としては悪くないのだけれど、iPhoneだとよく固まってアプリを再起動することも多い。まぁアプリを作っている人がへぼいかAppleのライブラリがへぼいかはよく分からないけれど。パソコンでブラウザで見るにしても、どっちにしてもインターフェイスがこなれていないし、まだまだ改善の余地はあると思う。非常に状態が分かりにくく、状態遷移のパスがおかしい。

とにかく、これをお金を取ってやろうとしていたのだから、サイバーエージェントの事業見通しはどうしようもないことがわかる。ローンチ時には広告を入れてタダにしたわけだが、今でもTVCMほどの量はないので(先に言ったが番宣CMはすごく多い)、しばらくの間は赤字を垂れ流し続けるんだろう。というか、アニメ以外のチャンネルはあまり視聴者が多いのを見たことがない。有名なアニメだと廃人達が見に来るために一万とか表示されていた気がするが、三流芸人がやっているニュースとかは見るも無残な数である。

まぁ今ではテレビでもネットに繋がっているので、正確な視聴率は簡単な仕組みでできるはずなのだが、未だにビデオリサーチが変態な装置をつけなくても正確な数が出るはずである。前にビデオリサーチから視聴率を測らせてくれみたいな要請が来たが、あまりにも怪しいのでやめた。このインターネットの社会で一つの会社が独占して測定していること自体怪しすぎる。そもそも、統計学をしていれば細かいパーセンテージであそこまで神経質になる意味はあまりないことぐらい分かりそうなものなんだけどな。

怪しいといえば日本の著作権管理団体も一向にまともな方向にならないみたいだし。なんで日本は一時期占有状態に業界が染まってしまうと、それが必要じゃなくなっても支配し続けるってのはどうにかならないもんかね。大体は国の行政と天下りなどの利権を通じて、既得権益が維持されまくる。公共性が帯びれば帯びるほど、その上の人間は仰け反りまくる。実際に東京電力の人間は仰け反って、仰け反りまくって福島に兆を超えるだろう被害を与えた。兆を超えるというのは、この先の後始末も考えてだけど、ただ東京電力から送配電を分離できたことぐらいしかメリットはないよな。というか、東京電力の当時の幹部などが辞める以上の罰則がないこと自体、もはやその業界が腐りきっていることの証明となっている。強制起訴とかやっているみたいだけど、東京電力が国のもとに下った時に、もはや個人の断罪すらも許されなくなったと考えていい。それは秘密保護法があるからだ。意図的に隠そう、守ろうとしたら、いま国はなんでもできる。

そういう意味では、まだまだネットエージェントはマシなのかもしれない。まぁ日本の企業じゃなんの新しいサービスも出来てこないだろうね。できても地方的な色合いのもの。でも、それだって作れれば大したもんだとは思うけど、コピーされたようなサービスにはうんざりだ。タダで提供するってのも、きちんとビジネスモデルができていればいいのだけれど、見切り発車なのも多いのも事実。まぁ先見性というとんでもない資金流入が実現させてしまうところが、現代のマネーフローなのだろうな。


そういえば、日本は自民党を支持しているらしい。まぁいいよ、日本に右側の人間が多いのは知っているから。ただ、一回の民主党の失敗(失敗というほどの失敗すらしていないのだが)で、失敗を繰り返してきた自民党に戻るとか意味がわからない。バブルの頃にさえ垂れ流された巨額の財政赤字も、一向に解決されない日本の国土回復も、未成年の少女などが犯され続ける沖縄の状態や、その他の駐在米国米軍犯もみんなそれまで自民党が放置し続けてきた問題なのを忘れたのだろうか。

だからと言ってこの先にある戦争に近い紛争を若い世代が許したという事態が本当にものを考えているのか、と思ってしまう。アベノミクスが具体的に何をして経済を立て直そうとして失敗したかきちんと言える人いる? 僕には日本銀行にじゃぶじゃぶ市場に金を投入させたり、それが国債に全部流れないようにマイナス金利という何が起こるかわからない、わけのわからない方法をとらせただけだとしか具体的に見えてこないのだが。

もはや労組がきちんと機能しているところなんて昔ほどはないし、昔よりも空気を読む社会で大きな活動ができるはずもない。円安の時は外国とやりあってる会社は儲けて、それなりに賃上げはできたのかもしれないが、多くの会社は前までと一緒の内部留保が発動してしまっている。まぁ会社を維持するのに必要かもしれないけど、前に進む燃料をケチったら終わりだよね。今の企業はそこまでしてしまっている。東芝があんなんだしな。


あ〜こっちは別に自分が今まで通りにまともに暮らせればそれでいいんだよ。そうじゃなかったら、みんなが生活できるだけの底上げをしろよ。それもできていないで、国の金を浪費して血税を無駄にしてるんじゃねぇよ。タレント議員に金なんてやる投票なんてするなよ。奴らにまともな国政なんてできると思ってるのかよ。というか、二院制にする意味なんてそもそもあるの? 完全に形骸化した参議院に意味はあんのかよ。参議院をなくして、社会保障に当てろよ。その前にきちんと自分たちが言ってたように、消費税は全額社会保障に当てろよ。

あ〜仕事だけしていればいいように、きちんと国会でも仕事してほしい。やつら、テレビ放送されていない時はヤジさえ声をあげないんだぜ。まだ寝ている方がマシだと思うぐらい。いや、寝ないで議員立法でもしろよ。というか、一人3本くらいは法案を一から立ち上げるのを義務としたらどうだろう。それと要らない法案を見つけて改正か廃案にする作業させろよ。キャリア官僚は法案を作ることしか手柄を上げられないから無駄に法案作ってるんだから、それを抑制させられるほどの却下権をもっと与えてな。やつら無駄に優れているから、どうでもいい法案でも悪法でもなんでも作るからなぁ。勉強はできなくていいから、法案を読んでその後に起こることを予想できるようになってくれよ。

コメント(0) 
共通テーマ:アニメ