So-net無料ブログ作成

ブログ疲れ… [web]

ブログを書くのに疲れました。昔からmixi疲れみたいにSNS疲れというものはあるみたいだけど、自分を実物以上に見せるとかしようとすると疲れるだろうな。

自分はインスタ使っている人みたいにリア充でも自己顕示欲の塊なわけではないので、別に自分の見栄えを気にしたりして疲れるという事はないんだけど、ブログのアクセス数を気にして毎日のように書き続けるというのがしんどくて厳しい。

別に広告を出しているわけでもないのでアクセス云々はほとんどどうだっていいのだけれど、So-net blogという枠内で結果を出されるので気になってしまうのです。だから欲しい本があった時に記事書いて自己アフィリエイトをしていればいい程度なんですが、一時期ランキングが上がってしまったのでそれ以来気になってしまっています。

何かモチベーションが出るものがあればいいんだけど、そうすれば記事を書くにも困らないしね。最近はあまりLinuxで楽しい事もなくなってしまったし、書くべき事ってあんまりないんだよね。別にやめたところでどうという事もないのだけれど、全くやめてしまうってのも寂しいものだよね。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

誰もが誰かを叩きたい [web]

Twitterを見ていると叩く系のツイートは多くて、僕的にはネタ系の方が好きなんだけども、ツッコミ魂が刺激されることも多く、それは違うんじゃないかというツイートには納得することも多い。

論破するなんて言葉がゲームの影響かやたらと使われることになったが、論破と言うほどの事もない事がほとんどだ。ごく率直に言えばツッコミでしかない。自分の意見を言うという点では何ら変わらないわけだが。

変な事を言っている奴をつるし上げて叩くという行為が日常的に行われているが、正直あまり褒められた行為ではないよな。確かに変な奴はいるけれども、いちいち突っ込むほどのものか微妙なものも多い。ツッコむ価値があるかどうかも怪しい事も多いが、叩きやすいツイートとかはやっぱり少なくはない。でも、そんな暇があったら他の事をしたい。

ネトウヨみたいに何か極端な事をはやし立てて同類を巻き込むという事が多いみたいだが、そういうのは案外叩かなかったりするんだよね、明らかにヤバそうな奴らだから。ツッコむ前に普通の人ならわかるヤバさには近づかないことも多いんだろう。

そのかわり、個人的におかしなことを言っていると袋叩きする傾向にはある。ネットリンチと言うほどではないにしろ、そんなつまらん奴ほっとけよという事も多い。というか、何でそういう変なツイートをわざわざ探してくるもんだよね。おいらは暇だけど、自尊心を満足させるためにそこまでしようとは思わないよ。

ツッコむのはいいけど、他の人の尻馬に乗って見当違いな叩き方をする人も多いんだよね。頭のいい人の後ろ盾でよく分からない事言う人は多い。叩かれている人と大した違いはない気はする。


もちろん知識人ぶってわけのわからないことを吹聴するのに反論するのはいいと思うよ。そういうのはTwitterの醍醐味の一つではあると思うから。大体の場合返り討ちには合わないし、おかしなことを言っているのは事実だしね。だから慎重な政治家とかはやるべきじゃないよね。というか、Twitterで積極的に意見を述べるような政治家の大半はいつも失言で炎上したりしている。一体何がしたいのか…。

人を叩くとスッキリするので人を叩きたい気持ちはわかるが、批判目的じゃなく叩くのが目的になってしまっているのはどうかと思う。どこまでが境目なのかはわかりにくいけど、大局を見ないで細かいことにツッコミを加えている時点でもう叩いてるだけなんだろう。

それと見当違いなことを言っている人も多いのでそれも叩きたいだけ。なんで自己顕示欲を満たすためだけに人を叩くんだろうな。本当にそれはおかしいというものだけでも十分な数があると思うんだが、それができない人はそこまで分析する力がないんだろうな。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

So-netのブログ運営について [web]

So-net blogのHTTPS化が延期されました。

http://blog-wn.blog.so-net.ne.jp/2018-05-09

セキュリティの問題みたいなことが書かれていましたが、http://のリンク切れの方がよっぽど問題だろうよと思ったり。

まぁ延期するんだからその間で80番ポートでhttp://でアクセスしてきたのをhttps://でそのままリダイレクトするぐらいの事はできるんだろうが、できなかったら相当へなちょこだろうよ。そのくらいのWebサーバは技術のある人だったら半日ででっち上げられるだろうし。負荷もそれほどじゃないだろうし、Googleの検索結果もhttpsに徐々に変更されていくだろうから、日に日に重要性は薄れていくだろうしな。

今まで書いてきたことが飛ぶような最悪の事態は避けられてきたのですが、どうにも新しい機能を付けたりする場合にそこそこチョンボする気がします。まぁ手抜かりは仕方ないのですが、今回のような対策もなしにGoogle検索以外に意味のないURL変更とかは慎重な人がやることではないです。


RSS広告が廃止されると書いてあったので、ブログの設定のところを見てみたらありました。その他色々な広告のオプトインされていたのでこの際全部取り去っておきました。今更ですが、大して広告を踏む人もいるとは思えないので。それと正直見ていて鬱陶しいので。

So-net blogには言いたいことはそこそこあって言ってきたが、それ言わないとわからない事かな、というのが割とあった。運用の人はおかしい事をおかしいと感じないことが多いし、直すとなると開発部隊に仕様を決定して投げないといけないし面倒なんだろうな。ただのサービスなら仕方ないと思うけど、プロバイダ料を使ってサービスを行っているんだから少しはまともにやれよと言いたくはなる。

コメント(0) 
共通テーマ:blog

SNSには豚野郎がたくさんいる。 [web]

SNSは嫌いなので唯一Twitterをやっているのだが、変な奴が関わってくる事があるのであまりやりたくない。だが、いろいろな情報や意見を取り入れるのにはいいと思ってやっている。まぁ変な奴が関わってくることはそんなにないのだが、黎明期は自分もふっかけたこともあったし、別にフォローされてもいないのにズカズカ立ち入るバカも割といた。最近はみんな使い方もわかって少なくなったけど。

まぁアジっていれば対立する集団のチンピラがよってくることは仕方ないかもしれない。よく外国の酒場で政治的な話をするなと見たりするが、問題となることは目に見えているということなのだろう。自分のところに来るのはクソリプばかりで、何でこの程度のツイートに目をつけるのか意味がわからなかった。他のところに来ているツイートのリプライを見ていても一定数のクソリプは存在していて、大体は放置されている。発言が短いので何とも言えないのだが、クソリプぐあいからすると完全に格下な奴が挑発して来ているのが多い。

Twitterは短いのでそれで誤解というか深い理解をしていない人がクソリプを発する事が多いのだが、それがメッセージの短さじゃなく、人格の短さに起因する場合も多い気もする。そんなの放っておけばいいのにいちいち反応するのってどんだけ暇なんだよと思うんだけども。返信するほどのツイートっていうのはそうそうないんだけどな。どんだけツッコミが好きな奴がいるんだよと。ただ頭の悪い奴にバカって言われるのは(もちろん直接的にバカって言っているわけじゃないんだけど)、頭にくるものでうまく切り返すか完全に無視するしかないよな。

FaceBookなんかは実名ベースなので、リアルと同じように裏表を考えないといけないのだけれど、Twitterはある程度匿名性が保たれているので、バカな人間の愚かさが増長されてしまう傾向にあるのは如何ともしがたい。ただFaceBookは嫌なんだよなぁ。リア充の手先みたいな感じがして、Instagram的な気持ち悪さがある。大体、Webで自分の個人情報を晒すとか、明示的には正直嫌だ。まぁにちゃんの暇な人達が特定班とか有名人が過去にAVに出ていたとか調べたりしていたりするので、情報を吟味すればわかってしまうものなのだろうけど、自分から直接的に出すのはどうかと思うんだよね。個人情報は売り買いされるぐらいなものなのだろうし、自分から積極的に差し出す意味が分からない。一般人はデメリットの方が多いんじゃなかろうか。

わざわざSNSを使って自己主張するのもいいんだけども、その暇を他のところに向けた方がいいんじゃないかと思わざるを得ない人も少なくはないよね。とはいえ、FaceBookじゃないけど宣伝などをするのにはいいツールなのは確かな事で。YouTubeなんかは直接的な金稼ぎの場になっているけれど、そういうんじゃなくて知らない人にも大きく広めるという意味で役立てるのがある意味、健全な使い方なのかもしれないな。

とにかく、口のききかたも知らないガキの相手はしたくない。同じレベルだと思って話しかけないでもらいたい。そこまで低俗な人間じゃないよ。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

So-netブログがHTTPSになるんだって [web]

ブログのお知らせ欄にも書いてあるので知っている人も多いと思うけど、So-net blogがHTTPS対応になるようだ。

http://blog-wn.blog.so-net.ne.jp/2018-04-17

基本、ブログのHTTPS部分は記事を入力する側の部分でしか使われていなかった。見てみればわかると思うが、管理トップの画面はHTTPSではないので、あくまで入力事項が暗号化されるために使っているだけらしい。

http://blog.so-net.ne.jp/MyPage/blog/home/

このようにhttps://ではない。いつもこの仕様がいいものかどうかいつも気になってはいた。まぁ実害は出ていなさそうだからいいや。


Blog全体をHTTPSで暗号化するメリットはあるのかと言えば、直接的にはないと思われ。一番効いてくることは、GoogleでHTTPSが優先されることじゃなかろうか。

http://www.aiship.jp/knowhow/archives/25991

もうそれが発表されてから三年弱経つんだね。とにかくHTTPSを優先するという事だから、めどがついたのでSo-net blogもやりましょうという事なんでしょう。


おうちのオレオレWebサービスを作った時、HTTPのポートを開けておくとアクセスが多すぎてルーターがハングしてしまうので、HTTPSを使っていた。node.jsとLet's Encryptを使ってHTTPSにしたのですが、案外すんなりできてしまったのであっけなかった。基本、Webサーバの設定の問題なので、コンテンツ自体に問題はないはず、と思っていた。

http://blog-wn.blog.so-net.ne.jp/2018-04-17

でもさ、自分のブログ内にhttpでリンク張っていることってたくさんあるんだよね。面倒だから相対リンクになどしてしないし。http://をhttps://にしたリダイレクトも行わないと書いてあるようだし、これは本気で対応するとなるとかなり面倒な話になって来るんじゃなかろうか。

というか、そのくらいの対応をできるようにしとけやって感じ。だって80番ポートにhttpでアクセスしてきたURLをhttps://にして返すだけでいいはずでしょ? 最近の国税局みたいにURLが壊滅的に変わっるわけじゃないだろうから、リダイレクトしない意味がよくわからないよ。So-net外部から張られたリンクは死ぬし、何のためのHTTPS化なのかよく分からない。現状デメリットしかない。


コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Google様様だな [web]

アニメのゆるキャン△を見ていて、長野の場所が気になったので「陣馬形山」でググってみると第二検索語にゆるキャン周りの文字列が出てきた。さすが今のアニメオタはフィジカルな地図など見ないよな。というか、長野までの地図なんて普通持ってないし。

YooyuruとかYahooとGoogleを掛け合わせたような検索サイトをでっちあげていましたが、Google Mapとか便利すぎるよなぁ。普通だったら金を取るレベルのものだが、アプリと同様にお金は取ってない。まぁ検索結果を捻じ曲げるというか広告を出させて収入を得ているのだろうが、それにしたってあれだけ莫大な利益を上げているのはすごいとしか言いようがない。

そしてどの事業者も検索エンジンだけでも追いつけていない。OSにバンドルしてるようなMSのBingだって思うように伸ばせてないよな。Bingで検索するのはGoogleとFirefoxという検索文字しかないもんなぁ。面倒な時はBing使うけど悪くはないが、特にいい面もないので基本使っていない。

ここまでGoogle依存というのも、Windows依存よりか問題なんじゃないかと思う。そもそもHTML5ベースなのでどの端末でも行けるサービスがほとんどだし。案の定、JKですらその支配に不安を覚えているらしい。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1802/25/news005.html

というか、今どきはスマホで済んじゃうから学校で買わせでもしない限りは、パソコンなんて個人持ちで使わないよな。でも仕事に入るときキータッチやOfficeでコケるんだよなぁ。どこぞでキータイプなんてそのうち音声入力で何とかなるとか言ってる人間がいたらしいが、メールや業務文章を入力するときにいちいち読みたてるのか? 外で入力するとき社外秘の文章をどうやって作るんだ?

本当に何も考えてない奴が言いそうな話で、大体今できる事に金を払ってもらってるわけで、会社は将来の技術のために金払っているわけじゃないからね。仕事でいまさら電卓使えだのそろばん使えだの指定されたらそれ使ってやるんだよ、基本的には。僕も結果が同じことができればそれでいいとは思うけど、結局その場でできる事を自分が合わせてやりくりするのが仕事なんだってわかってないよな。つぶしの利かないやつはいくら売り手市場でも採りたくないですから。

ネットニュースで罵詈雑言的なものまでまとめられるとつい反発してしまう。世の中ぬるま湯につかってわけわかんない事言い出す奴多いからな。オリンピックの時も変な事言う奴たくさんいたし。個人的な意見をさも一般的だというように語りだすのはやめてほしい。マイノリティの意見ならそれなりの考えを持っていることを示さないとただの独り言以下になるのは間違いないし。


そうそう、ゆるキャンで道案内の道が示されてなかったのに候補に出てきてるのは問題だよなぁ。実際のGoogle Mapでは通れない道で表示に出てこなかったけど、それが普通ですよなぁ。まぁそうしないとムダ足を踏むという物語にはできないからだろうけど、どこのナビソフトだよとw。

にしても、ヤマノススメにしてもゆるキャンにしても実際にある地名が出てくるよなぁ。最近は聖地巡礼を念頭に作品を作っている気もする。ただ単に仮想の地をでっちあげるのが面倒なだけかもしれないが。

にしてもGoogleに手足を縛られているようで気持ち悪いのは自分だけじゃないのはわかった。便利なのはわかるんだけどねぇ。というか、それで逆に仕事の機会を奪われている人間も多いんじゃなかろうかと思ってしまうのだけれども、ソフト関係では特に。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Amazonのブログパーツがいよいよ動かない。 [web]

Amazonが輸送費を取り出してから(というか元に戻っただけだけど)、アフィの入りが著しく悪くなった。ほとんど自己アフィしか入ってこないんじゃなかろうか。まぁ普通に戻っただけの話なのだろう。そもそもアマゾンが全部の商品を配送料無料にしたおかげで、日本の運送業はおかしくなってしまったのであった。元々おかしかった佐川急便はいいにしても、あのクロネコヤマトでさえサビ残や色々な悪いことをしでかす羽目になったのは、Amazonのおかげに他ならない。

細々とアフィで本を買っていたわけですが、配送料のためだけではなくブログパーツの不具合もかなり目立っています。そもそもFlashで作っているので各ブラウザは動かさない方向に行っていることもあるし、そもそもAmazon側のサーバが止まっていたりして自分さえも使えない状態になっていることが多かったりします。何だろうねぇ。

前もAmazonに言ったように、くるくるウィジェットとか(たぶん名前そんなの)FlashからHTML5に書き変わることもなく、Amazonの収益も落ちていることでしょう。元々配送料のために粗利は低かったんでしょうが、全体的な収入が減ってしまうとどうしようもないですよね。昔のロングテールに頼らなくてはならないし、それも品ぞろえが本が主体に戻ってしまう。そして流行りのAWSとかは日本法人はかんでない気もするし。

Amazonプライムとかあるけど、そこまで使うわけじゃないしねぇ。もうお気軽にアフィが入ってこなくなってしまった今やる意味ってあまりないよなと思ったりする。そういやヨドバシの書籍のポイントってWebでも付くのかな。もしそうだったら手っ取り早く換金できる方がいいような気がする。Amazon使っている奴は情弱だみたいな事を声高にいう馬鹿者がいたけれども、そもそもそんなに使うヘビーユーザーだったら言われなくてもわかってることだよな。何というか、自分の浅はかさをさらけ出しているようなもん。まぁそんな大して金にもならん情報で他人を情弱扱いするのもどうかと思うけど。

大体人を情弱といって蔑む人間はネットでしか情報を集めていないような奴らばかりで、新聞は読まないテレビのニュースすら見ないという話にならないやつばかりだったりする。どうせ親に寄生しているクソニートがほとんどだろ。将来は生活保護とか言っているけど、刑務所みたいなところに行かせて強制労働でもさせればいいんだよな。

とりあえず、ブログパーツのHTML5化を待つことにしよう。既存のサービスをそのまま放置して販路を減らすこともあまり得策とは言えないし、そこまで日本のアマゾンが金をケチるとも思えないし。ただFlashでやっていたGUIをHTML5で実現しようとするとかなりしんどいことも多いわけで。今はまだツールが出てきてマシになったのかもしれないけど、ちょっと前まではどのライブラリを使っていいかさえもよく分からんかったしな。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

メールアカウント漏れたんじゃ… [web]

そういやSo-netから何も言ってきてないけど、ある時期からやたらスパムメールが届くようになってきて、Gmailのほうがガンガン使っていて、その方面でWebサービスから漏れないのに、So-netだけ漏れるのはおかしいなと思っていた。

たぶん知らないうちに何らかの方法でSo-netからメールアカウントだけごっそり抜かれて売られたんだろう。だってCCなどに同じSo-netのアカウントがガンガン混じっていたから。実際、サーバからリストを抜かれていたら由々しき問題なんじゃないかと思う。

まぁログインアカウントとメールアカウントが同じ名前で、途中で別々に切り替えたあたりで怪しいとは思ってはいたんだけどね。パスワードとセットで引っこ抜かれていたわけじゃないだろうから大事にしなかっただけなのかもしれない。色々考えると気持ち悪い問題ではあるんだけれども。

今まで使っていたメールアカウントはそのうち使うのをやめるとして、消すまでに移行をきちんと済ませておかないと行けないなと思って、ちまちまたまに来るメールを新しいアカウントに移行したりしています。使ってないサービスは切るしかないなと思ってはいます。メールアカウントを消して、他の人に取られて、必要だったメールが届いたりしたら問題なので、消すことまではしないでおこうかなと思っています。

プロバイダのメールなんて最近使わねーよと言われる方もいるかもしれませんが、フリーメールを使うにしても元のメールが必要だったりしますし、結局なんだかんだで必要になってくることってちょっとぐらいはあるんですよね。それを携帯のキャリアメールでやると格安SIMに移行できないし、色々面倒なことになりそうです。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

バイアスと一般的な意見 [web]

ネットで日傘をさしている人は大抵ブスだみたいなことを言っている人たちがいて、色々反論やらがあった。ブスは認めて、アンチエイジングも許されないのか、見たいな事も書かれていて痛々しかった。

自分はそれほどブスが多いとは感じなかった。世の中7割以上はブスか普通の顔しているんだから、日傘をしている人は異常にブスが多いとは感じなかったし、大体日傘をしている人の顔は良く見えないことも多い。最近はそうでもないが、日傘をさしているのはおばちゃんという印象があった。

日傘をしているんだから見えない裏は美人なんだろうなという無意識なバイアスがかかってしまい、見たときにお前が日傘指すなという理不尽な考えに至ってしまうのだろうが、やっぱりステレオタイプな見方は恥ずかしいなと思うわけで。まぁ多くは偏見の目で見ているということなのだろうけど、まぁ一定のイメージというのは割りとあるのかもしれない。日傘差していようが差していまいが世の中の美人の量なんて限られているのである。

本当の一般的な意見の総量と、その人の抱くイメージは大体ズレている。意見の平均が正しいというわけではないが、それなりにバランスを取るとすると基準にはなる。事実と外れていても、その時の勢いで流されることだって多い。特にネットでバイアスがかかった噂や意見が流布されると、それに乗っかってしまう人間も多くなる。酷い例になるとアメリカでトランプが大統領になるとかそういうことだ。

普通考えたらそうはならないだろう、という一般的な意識の人と公平ではなく歪んでいるが主張が強い人間がぶつかったら、後者の方が勝ちやすい。偏ったものが勝った後、おかしな状況になったら一般人が反発する力は強いのだが、そうなる前に押さえつけるというのは、それはそれで偏った行動なわけで事前に防ぐことができないのが犯罪と同じところだ。頭がおかしい人間にお前おかしいよと言っても大体は逆効果だし、そんな被害を受けそうなことは誰もしない。

ポリティカルコレクトが人間の直情に反しているからそういうことになるのだろうけど、人間が生の感情だけでやっているとしたら社会が成り立ち得ない。ある程度の常識の範囲内で動くことが求められていて、それに鬱屈してしまうような人間がポリティカルコレクトから離れるというのはあると思う。ただポリティカルはポリティカルであって、文化やその時々の常識に比べたらあまり適合しないことというものもあるのだ。そこが難しい。

現在では一般的ではない意見もまとめページを乱造したりして、事実をどうしても捻じ曲げたい偏った人間がいるらしい。トランプはサイバー攻撃やら何やらで大統領の地位を勝ち得たわけだが、今みんなに叩かれているようにまともではないのは確かである。そういうまともだと思われない人間が優位に立てるのが今のネット社会なのだろう。プロパガンダをお手軽に個人的に行えるひどい世界だ。しかも、それを見て信じてしまう人も少なくない。

ただマスコミがまともだとは言えないし、スポンサーの言いなりになっているのは間違いないことだけれども、一定の客観視ができてそれが多くの客観視ができる人が見ているという点ではわけの分からないネットの記事よりか百倍まともだ。政府と結託するような読売新聞や、政党が言いたいことを言っている新聞もある。だけど、立場がはっきりしているという点においては、責任の所在がある程度あるということは重要だと思われる。ようは真実の担保が必要なのだ。現実がどうあろうとも、それが彼らの真実として出されていると認識できるということはひとつの論拠となる(肯定するにしても否定するにしても)。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Amazonからメールが来るようになった。 [web]

郵送業の疲弊を招いたAmazonですが、本以外の送料無料をやめた結果、発注が格段に落ちたと見えます。その理由にAmazonのアフィリエイトが入ってこなくなりました。アフィリエイトは紹介した本じゃなくて、いろいろな製品を買ってくれていたようで、単なる入り口としてしか機能していなかったことになります。できれば自分の紹介した本とかを買って欲しかったけど、まぁそれで本をいくつか買えたからいいけどね。

そのアフィが入らなくなった。最近は自己アフィぐらいだよなぁ。とにかくどうでもいい買い物をしなくなったというのはアマゾンとしては少なくないダメージだったのではないだろうか。だって今までのロングテール商売に戻ってしまったわけだから、儲けは少ないが多くの商品を売るというパイが小さくなってしまっているってことでしょう。

それと残念なことにAmazonのFlashブログパーツが機能していない日が多くなったような気がしました。米国Amazon本体なら、サーバがすっ転んでもすぐリカバリする方法をAWSとかで提供できるんだろうけど、日本のアマゾンにそこまでの力はないらしく、更にブラウザのFlash止め攻撃とかも不幸して、収入は激減しているんじゃないかなと思われます。

そんな中、アマゾンからメールが来るようになりました。今まで来ていなかったから、腐心してメールを出すようになったのでしょう。マシンラーニングというまでもない統計を利用して、その顧客が買いそうな新作をメールでお知らせしてくれるのはいいのですが、正直興味ないですね。というか、最近のマンガアニメは夢中になれるものが少ないです。年のせいかもしれないけど、正直どこかで見たことのある上にスケールダウンしている。

日本のアマゾンは株落ちてそうだなぁ。アメリカ本社はクラウドでイケイケだけど、日本はただの物流のインターフェイスでしかないからねぇ。しかも、変な犯罪も絡んで来てしまうし、転売屋の住処になっていたし、正直あまり良い環境づくりをしていないように見えます。

さて買いに行くの面倒なのでハンターハンターの新作注文しようかなぁ。

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 冨樫 義博
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/06/26
  • メディア: コミック


本誌を読んでなくて電子媒体でも読んでいないので、その日に着くのを気にするほどでもないし、多少遅くなっても別に良いかという気はしている。ううん日和ったものだ。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット