So-net無料ブログ作成

脱法ドラッグとか使うなよ。 [自然科学]

手に入れられやすいとか、しょっぴかれた時に危ないものだと思わなかったとしらを切り通せば不起訴になるとか、馬鹿な理由で脱法ドラッグが流行ってるけど、かなりおろかだと思う。結論を言うと、かなり重い系統の薬よりも後遺症が重篤になるから危ないからやめておけということです。

結局、成分がよく知られたものを使ったほうが比較的危なくないということだ。元々危ないものではあるのだが、法の規制を避けるために、化学物質の構造を変えて似たような効果を得られるようすることから、脱法と言われている。少し化学構造を変えたぐらいでは効果は変わらないことが多いのだけれど、全く効果が逆になる可能性だってある。

大体、脳ホルモンをどうにかする関係の化学物質の構造に限らず、ホルモンとそれに対するレセプターの組み合わせは微妙である。それをいろいろ考えて神経系の新薬を作っているわけだが、なかなか危ないことも多いので新薬として承認されるものもそれほど多くない。結局、薬理機能が思ったようにすんなりいかないので、難しい分野ではあるのでしょう。

そもそも構造が似た成分でも、ちょっとの作用で過剰に促進したり、逆に抑制したり、非常に微妙な挙動を示す。なので、適当に化学成分を変えて適当に売りさばいた誰が作ったのだかわからないものは非常に危ない。脱法ドラッグの主成分を作っている人が、意図的に危ないものを作っていると意識していようとなかろうと、ドラッグとして認められている成分よりも害が大きくなっている可能性がある。それと化学合成をするために、必要のない副産物ができる可能性も高い。そんな適当なものに金を出して使うなんて馬鹿げていると思う。

実際、訳の分からない混ぜ物でベトナム戦争から帰還して、その後廃人みたいになったなんて話は聞いた事ないだろうか。だから天然物を生成したもので、かなり重い薬物よりか(コカインとか)全然危険性は高い。中毒性うんぬんという話じゃなくて、もはやその後に薬があってもなくても不可逆的に脳が破壊されて人間の尊厳もクソも無くなる。死んじゃえば社会的なコストは低いけど、ヘタに生きながらえたりしたら国の歳出を食い潰すしかない存在に成り下がるのだ。だからやめてほしい。他の一般的なのは手に入れやすさはかなり変わるけどな。それだけの覚悟を持ってやるべき。ファッションのひとつとか、ちょっと遊びでとか、ちゃんちゃらおかしくて、エイズ患者と生でセックスするよりか危険だよ。


本人は軽い気持ちで使っていると思うけど、使うときのリスクは一般的に認められているドラッグよりも危険性が高いことを理解していない。僕は使わないけど、仮に使うとしたら植物性の天然成分で作られている物を使うね。そういうのを一部認められている国もある事だし。作っている方もどういう作用があるかわからないけど、違法薬物として引っかからないものを作ろうとしているだけの人間が作ってるものなんて使わない。気持ち悪い。中国産の農産物を平気で食べるようなものだ。


と、最近バカが脱法ドラッグを吸って交通事故を起こしまくってますが、酒飲んで運転する輩と大して変わらないかそれよりヒドい。そういう人達にやめろと言ったって、そんなことで自分がかっこいいと思ってる腐れなので、個人的なリテラシーを高めるとかは無理。だって飲酒運転がいつまで経ってもなくならないのと一緒だからね。バカは死んでも治らないし、バカは再生産されるわけで。

なので処罰を大きくするのと、先んじて規制を行うしかない。そこらへんの処理が上手くいってないから長い間脱法になっているのだが、そういうところばっかり厳密になっているからまともに法律が機能しないのだ。自分達に必要なことについては、スゴく自分達でいいようにお手盛りで広い適用をするくせに、面倒なことはきっちり決めて仕事をしたがらない公務員ってクソだな。それというのも官憲が自分の私利私欲のためにしか動かないからに他ならないわけだけど。

コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

STAP細胞関係をまとめてみる [自然科学]

結局、いまだSTAP細胞が作れるのか作れないのか分からない状態。小保方氏は訴訟をする勢いだし、理研は官僚並みに利権ばかり考えて動いている。テレビでもネタがないのかやたらやってたけど、論点がズレているのと、切り分けが出来ていないのが非常に気になる。

ひとつひとつ整理しておこう。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:学問

小保方晴子と佐村河内守の共通点 [自然科学]

逆ギレという点でふたりはおんなじ。まぁエセ臭さのレベルは違うけどね。ウソ聴覚障害の彼は、音楽を作ってもらった共犯を名誉毀損で訴えるとか言ってたけど、テレビで散々に言われていた。彼のような嘘つきに名誉も何も元からあったものだろうか。それに、釈明会見のくせに、相手を攻撃することなんて言う必要が全くないよね。知りたいのはどこまでウソでどこまで被害者に補填するかということで、彼はテレビに出ること自体に喜びを感じていたのではなかろうか。サングラスの髭面も気持ち悪かったけど、ただのおっさんになってもその気持ち悪さは拭えなかった。もう一切テレビに出てきてほしくない。

逆ギレという言葉はよく用いられるけど、その人が自分のことを怒っていて、とばっちりを受けるのも逆ギレかよとか言う人がいる。逆も何も恐らくは切れている先は、逆切れだと思った人じゃなくて、その人本人であることが多い。でも、今回は完全に逆ギレです。小保方氏が全く出てこないし、今度は代理人すら立てて、理研の判断すら否定している。これは有り体に自分のずさんな自然科学者である姿を指摘されて、逆ギレしているとしか思えない。


続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

休日の過ごし方。 [自然科学]

リア充でない私としては、休日を過ごすにもネット内でってことになる。友達に仕事が忙しすぎて、プライベートの時間がないのはリア充なのかと聞かれたが、まぁ一般に言うリア充でもないが、リア充ではないとはいえない気はする。少なくとも非リア(口で発音した人がいて、すぐにこの言葉を理解できなかった)ではないんだろうなと思ったり。


続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

量子コンピュータざっくり現状理解。 [自然科学]

理解できるかよく分からないけど、量子コンピュータがまた気になった。日経サイエンスという科学雑誌に出てたからで、研究している人も比較的若いので、おいらと同じくらいのロスジェネなんだろうなと思ったり。

日経 サイエンス 2014年 04月号 [雑誌]

日経 サイエンス 2014年 04月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2014/02/25
  • メディア: 雑誌


量子論自体は、湯川秀樹氏の頃からあるけど、実際の利用という点ではやっとこさ各現象が確認されるようになった感じなのかな。まぁ理論物理学というのは、提唱されてからかなりの後に粒子加速器とかで確認されてたりするので、思ったよりも進みが遅い気はする。

続きを読む


コメント(1) 
共通テーマ:学問

STAP細胞って名前も歴史から消えるか [自然科学]

STAP細胞については、大学の勉強からしても(専攻というほどやってなかったけど)ブログの話題に出すはずだったんだけど、今まで出さずにいた。なんかヤバいみたいな雰囲気になっていたけど、完全に否定というか撤回するみたいだ。ってもう結末がわかってるのかもしれないけど、一応書きます。


続きを読む


コメント(1) 
共通テーマ:学問

クリスマスイブにアシドーシス、中二SE [自然科学]

これをアップする頃には年末か年明けか分からないですが、クリスマス前日の話。

クリスマスイブだから病院に行く人も少ないかなと思いきや、めっちゃ混んでる年の瀬。そりゃクリスマスが関係する人は、そもそもあまり病院になんて来ないもんな。クリスマスイブは気持ち悪いカップルが外に出ているので(外に出ず乳繰り合ってりゃいいものを)、あえて町医者に掛かりに行きました。なわけで、待ち時間の2.0時間弱、iPhoneでずっと中二病なサイト読んでましたよ、えぇ。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

痛風(というか高尿酸値)に果糖とアルコールが悪いのは本当か? [自然科学]

プリン体から尿酸が生成されて、尿酸値が高くなって痛風になる。ただそれだけだと思っていた。しかし、原因はそれだけじゃなく、果糖とアルコールが尿酸生成に関与しているらしい。NHKのためしてガッテンでやっていた。

それがプリン体とは別に単独に尿酸が生成されるか、一緒になって生成を促進するんだかよくわからないんだけど、とにかく尿酸値が上がることは確からしい。尿酸値についての冊子に、アルコールとかジュースはダメだよって書いてあったから、それらはいつもと違ってレアケースを針小棒大にする「ためしてガッテン」としては良心的な回であった。

しかし、尿酸が抗酸化物質として機能しているとはなぁ。確かに人間はビタミンCを体の中で生成できないって話は知っていたが、その補助を尿酸でやっていたとはね。更にそれが血管をつまらせる要因になって、動脈硬化とかで心筋梗塞を引き起こすとは。尿酸恐るべし。やっぱりビタミンCをたくさん摂って、尿酸の関与を減らしたほうがいいのかなぁ。そうすれば尿酸を活性酸素などの酸化物質で消費されることは少なくなるんだろうし。


続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:健康

発達障害とかアスペルガーについて [自然科学]

最近やたらと目にする機会があったので、ここでまとめておきます。発達障害って言われているけど、後天的な問題よりも先天的な素養が強いみたいだ。発達する時に発生するのではなく、発達する時に気づくという意味合いなんだろう。細かいことは知らないが、ググったりしてみたらアスペルガーなんかは発達障害らしい。そこまで知りたいとは思わなかったので、病理的な意味とか治療とかは気にしてない。


続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

天変地異はわりあい起こってる。 [自然科学]

台風がふたつも同時に来ちゃったけど、上陸せずに済みそうですね。雨はたくさん降りそうだけど、よかったよかった〜。

ノストラダムスもマヤの暦も深読みし過ぎて当たらなかったわけですが、最近の災害は予想外にスゴい。東北地域の地震は、過去にもあったので予想範囲内であったけど、日本人のいいとろこなのか悪いところなのか、喉元過ぎれば熱さ忘れるで、原子炉のメルトダウンまで起こっちゃったわけです。

メルトダウンは東電の対応が悪かっただけで、過去の地震云々の話ではなかったわけですが、想定外というか、過去に例を見ないような雨が降ったり、頻繁に竜巻が起こったりしているわけです。それまでもかなり酷い天変地異はあったのですが、その規模が現行の対策に追いつかないくらいひどくなっているわけです。

結局のところ温暖化の影響ということなのだろうけど、きっちりと説明してくれる人はいない。断言できるほど確かな情報じゃないからね。とはいえ、すぐに氷河期が来るとも思えないし、温暖化は人間が今のまんまの生活を続ければ惰性的に加速するのは間違いない。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:ニュース