So-net無料ブログ作成

iPhoneとBluetoothキーボードで打っているとストレスがたまる [MacOSX]

なんか先の日曜日のアクセス数が低いなぁ。また障害でもあったのか。前も外付けキーボードでのiOSの日本語入力の至らなさを言ってきたがするんだけど、あんまり直ってないみたい。

今もELECOMのBluetoothキーボードで、ブラウザ経由でブログを打っているのだけれど、非常にストレスがたまっている。打鍵の問題はないのだけれど、大体の日本語入力で使うTabキーを押すと、違うコントロールに選択が飛んでしまい、すごくイライラする。その度にキーボードから手を伸ばしてディスプレイを操作しないといけないのはきびしい。それ以外は特に問題はないのだが、それがかなりクリティカルにかんでくるので、常用するにはきつい気はしている。

そもそもインラインで変換ができない事自体が日本語変換ソフトとして問題があるんだよな。中でいくらか解決できるのであれば文字入力中にtabキーでフォーカスが飛ぶなんてことはない。他にTabで制御が飛ばないアプリを使えばいいんだろうけど、ブラウザの入力ごとに別アプリを立ち上げとか煩雑すぎるしね。

とにかくiOSはこの程度の問題を乗り越えられなかったら、どんなにいいキーボードをつけたところで、他のOSで普通にやるキー操作で面倒なことになるのはアウトだと思います。iOSだけ別のキー操作に慣れろというのは無理な話で、そこは普通は他のOSに習うべきです。特許の関係で問題が出てくるならまた別の話だけどそうじゃないんだもんね。

まぁ日本語処理は日本のはした法人が片手間でやっているのだろうから、本体のアメリカ法人に何か言えるほどじゃないのは今に始まったことじゃないんだけどさ。でも、キーボードをまともに使おうとしているのであれば、それくらいことをするのは当然じゃないかと思うんだけども。というか、日本のアップル人員がiOSでキーボードを使って日本語入力していないんだろうなぁ。たまにTab打っちゃうけど、やっとスペースだけで選ぶのに慣れてきた。でも、やっぱり気持ち悪さがある。どうにかならんかな。


それはそうとiPhoneX出ましたね。同じ値段なら4コアのMacBook Proを買うかなぁ。でもどっちも買わないんだなw。値段が高くならなかったらiPad Proでお絵かきしてたろうし、優先順位からするとそっちだろうなぁと。なんかお絵かきしたいネタができたんだよね。しばらく絵なんて描いてないからなぁ、どんなんやろ。

iPhoneは6が壊れるまで頑張りますw。それか9あたりで…(出るのかな…)。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

High Sierraにしてみたざます [MacOSX]

macOSの新バージョンHighSierraを試してみました。まずはTimeMachineにバックアップを取って、App Store.appでダウンロードしてインストールするだけです。何の迷いもなくできるんですが、肝となっているAPFSへの移行が気になって仕方ありません。

何回か再起動してブートしてSSDがAPFSと書いてあるので変換されていると思いきや、なんかジュクジュク動いている感じなんですね。空き領域が減っていって、使用量が増えてる。それも少しずつだから実害はないのだろうけど、なんかいっぺんにやらなくて整合性取れるの?と言いたくもなります。ただいっぺんにやると時間がかかりすぎるから、裏でコソコソとやることにしたみたいです。

ん?違うのかな?もう全部APFSに変更されているのかな。通知に作業が終わるまで遅くなったりバッテリが減ったりするみたいなことを書いていたような気がするのだが、APFSに変換する作業かと思っていた。しかし、この程度の時間でもともとデータの乗ったファイルシステムを移行できるものなのだろうか。

2.99GBパージ可能ってのは何なんだろう。APFS基本的なところがはっきりと良くわからんな。コピーオンライトとか書いてあったと思うが、具体的にどのくらいメリットを享受できるのかがわからない。どちらかというとSSDに最適化とかの方が全体的に嬉しいことなんじゃなかろうか。iOSにも適用されているんだろうし。

どちらにしろAFPSの導入で問題となるところはなかった。正直こんなに早くコンバートが終わったり、不都合が今のところないとは思っていなかった。やっぱ、腐ってるHFS PLUS自体が信用が置けないから、コンバートするにも結構不安が付きまとうというか。HFS+とAPFSは思ったほど違わないのかもしれないなぁと思ったりするわけで。コピーオンライトとかはFSの運用的な問題な気がするし、Flashメモリへの最適化もHFS+でやってなかったんかいって話だし。SSDへの最適化はNTFSとかとごっちゃにしていた気もする。こんなに使われているんだから、裏で最適化を行っているんだろうと勝手に思っていた。NTFSもどんだけ変わっているんだか知らんけど。


とりあえず、日本語変換に英語変換の選択肢が増えたのはわかった。シフトを押して英語入力になるのは残っているんだね。まぁ英語を入力するときは、大文字入力が大半なので、そんなにメリットがあるわけでもない。ただ慣れると便利になる人はいるんだろう。

とりあえず、バックアップをしようとしたが、勝手に作成中になっていた。いつまでこれの時間がかかるんだろう。Macだけじゃないけど、最近のOSは処理がふわっとしていて、裏で何が動いているのやら全然わからない。HDDの音がするわけでもないし、SSDだから著しくパフォーマンスが落ちるでもない。多少処理が重くなっても、マルチコアだからこれも他に響きにくい。何なんだかなぁ。まぁ今のOSの処理をすべて把握しろという方が愚かしいのかもしれないが。

最近のmacOSはMacBookProの蓋を閉めてもスリープしない。昔はランプが段階的についたり消えたりしていたんだけど、今は閉じた状態でも時報が鳴る。これはいただけない。閉じても処理をしている時があるのは知っているが、出来るだけスリープしていて欲しいもんだ。そうじゃないと消費電力が増えてしょうがない。それとノートだとマウスでスリープさせるのがしんどいのだ。マウスの電源を落とそうとすると起きてしまったり、どうにかならんかという状態ではある。いちいちタッチパッドを使ってスリープというのも気持ち悪いし。もともとクラムシェルモードがある頃からちょっと気持ち悪いんだよね。

OSXという名前もなくなっちゃって、正直愛着が湧かなくなってきています。APFSもさりげなく効いてくる感じだろうし。何か楽しいことないかなぁ。正直あんまりこれからのmacOSには期待できないです。iOSはどんどんmacOSのできることを食いつぶしていく感じだし。まぁそれはそれでいいのかもしれないけど、既存のパーソナルコンピューターとして使っていきたい気持ちでいっぱいです。それはそれで懐古主義と言われても仕方のないことだけど、やっぱりそういうカテゴリは残っていて欲しい気はします。

前にも言ったように、パソコンのコンポーネント化がタブレットのような一枚岩化になってしまい、メモリは増設できない、SSDは増やせないで楽しみと実益がどんどん減ってしまっています。こうなりゃもうMacはいらないかなと思えるほどです。幸か不幸かMSはOSSに手を伸ばしているし、Appleはそんなでもない。というか、Apple発のOSSはあまり芳しくないものばかりで、Darwinもそうだし、OpenCLだって正直うまくいったとは思えないんだよね。何にしても中途半端をやっているとどうにもならない感じではある。

とりあえず、HomeBrewがうまく動くかやってみるわ。最近、Homebrewで入れたツールとか使っていないけど、いざという時役立つんだよね。Bash on Windowsだってまだまだなところはあるし、まだMacもいけると祈っています。


《後記》
スリープさせておいたら数日後、夜間に再起動をかけていた。特に設定はしていなかったのだが、iOSと同じように夜間にアップデートをかけるようにできているのだろうか。でも、なんの断りもなくやられるのは気持ち悪いなぁ。

例のSSDの(2.99GBパージ可能)が(5.24 GBパージ可能)に増えていた。もちっと経つともっと増えていた。そもそもパージ可能というのはなんだろうか。
https://discussions.apple.com/thread/7676695?start=0&tstart=0
https://support.apple.com/en-us/HT202867
なんか容量とかが足りない時に勝手に拡張してくれるのかもしれない。APFSが裏でジュクジュクなんぞやかしているというのは間違ってなかったのかもしれない。結局ZFSがライセンスとかで問題があったのを置き換えただけなんだろうけど、HFS+が腐りきっていたので結果的には良かったんだろうね。まぁあと10年近くはこのまま使うんだろうから、地道にマイナーな改良を繰り返していって欲しいものだ。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

WWDC2017は新製品でもちきりみたいですね。 [MacOSX]

WWDCで色々製品が発表されたみたいですね。ギズモードはむかつくことが多いのでリンクは貼らないっとw。

http://japanese.engadget.com/2017/06/05/wwdc-ipad-pro-imac-pro-siri-homepod-ios-11-macos-high/

というか、最近は回りに騒ぐ人がいないので、Apple関係は静かなもんです。iOS関連に力を入れて、MacOS周りはおざなりにしていたのだけれど、今回はMacBookもMacBook ProもiMac Proも色々刷新されました。ちょっと欲しい気はするのですが、安いラインナップがなくなってもお買い得ではあるとは思うのですが、15万円超の製品ばっかりになってしまいました。

まぁMacが買えない人はiPad Pro買えって事なんでしょうか。実際、パソコンの側に寄せてきているみたいで、やれることは増えているみたいですね。全然興味ないですが、お絵かきが本気で出来るほどだったら買ってしまうかもしれない。まぁそんなたわ言は初めにProが出たときにも言っていた気はするんですが…。

今回もお金がないということで新しいMacはパスですが、マシンパワーが足りていないことからノートは欲しいなとは思い続けていました。とはいえ、SSDに変更したためサクサク動くようになってしまい、初期のCore i7とはいえ8スレッドあるのでそんなに問題がなかったりしました。ロジックボードが腐っていて、Appleが無償交換してくれたのでこんだけ長生きしているわけですが、正直長く使いすぎの感はあります。でも不都合はないし、SSDはそれなりに大容量なので、速さと容量を両立できています。

MacBookはCPUがまともになって軽くていいマシンですが、相変わらずUSB Type-C一穴主義らしく、それを貫かなかったらMacBook Proとどこが違うねん、という話になってしまうとは思います。実際、値段のスタートも同じだしね。同じ値段でCPUが上だったら、十分に薄いProを買いますよ。だってそんなに持ち歩かないですもん。カラーバリエーションもそんなに琴線には触れないし、やっぱりUSBが使いにくそうだなぁとしか思えないですよね。他のWindowsマシンも薄くしていますが、USB Type-Aで頑張っているパソコンも多くあります。やっぱりType-Aはないと不便ですよね。そんなにUSB Type-Cの製品が潤沢にある状況でもないし。


High Sierraから本格導入されるAPFSは期待大ですよ。SSDに本格的に対応しているというし、長い間君臨していたHFS+が腐っていたので良い知らせであることは間違いありません。でも、コンバートするにはどうするんだろう。やっぱりTimeMachineでバックアップを取っておいて、フォーマットかけて、そこに書き戻すのが一番なんだろうなぁ。実際はどういう仕組みを用意してくれているのかは分からないけど、QNAPのTimeMachineのストレージではリカバリできなかったんだよなぁ。一度USBなHDDに書き戻して、そこからとか面倒くさいな、上手くいくかどうかわからないし。

正直TimeMachineとメモリ圧縮以来の地道で重要なアップデートと違うんじゃないかな。今までつまらないクソ機能ばかり付けてお茶を濁してきたけれど、やっとまともな進化を遂げられそうですね。前から入れられたそうではありますが、本稼働という事で安定度も増しているに違いありません。というか、大きな不具合あったらティムクックをぶっ飛ばしますw。

H.265は少し期待。というかH.264のようにOSSでプロジェクト立ち上がっているんかなぁ。静止画の方はどうでもいいやw。GPGPUでサクッとエンコーディングできたらいいなぁ。H.264は移植しようとしたけど、条件分岐が多くてGPU向きの処理ではありませんでした。GPUで使う言語というか方法によってそこいらの自由度は変わってくるとは思うけど、関数型プログラミングができたら処理がすごく上がるという裏には、変数を横から出したり入れたりすることをせずにやった方がいいという意味が含まれているんだろうね。実際、CPUにハードウェアでH.264の処理ができるように入れ込まれているものがあったみたいだし。その機能はライセンスみたいなものがないと使えないみたいで、特定のアプリを使わないと使えないみたいだったけども、今回はOSSでも使えるように一般的なものとしてほしい。


やたら遅かったkabylake対応でしたが、今回も別にいいやw。MacOSが正常に進化してくれればいいと思っているから、お金がたまってハードがのっぴきならなくなったら、MacBook Proを買う予定。ってずっと言っている気がしますが、正直前よりもMacの稼働率が落ちてるんだよね。これもBash on Windowsの影響もあるんかなと思いつつ、今後のMacの展開を期待してみています。まぁそんなに派手な動きってのは、ジョブズ死後は期待していないので地道にやってくれればと。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

MacでHHKB使えた〜 [MacOSX]

前にデバドラがなくてHappy Hacking KeyBoard Liteを使えない時があって、今時デバドラがなくて使えないことなんてあるんだと呆れた。MacOSにとってそんなにキーボードって特異的なものなのかと気になったけれど、それにしたってIntelアーキテクチャにしてWindowsが素で走るようになってから、キーボードもWindows用のを使えるようになったはずなんだけど、それってやっぱりOSレベルの話だったっけ。

とにかくLionあたりかそのくらいの時に使えなかったんだけど、最近のOSになってデバドラが出ていて入れてみたら動いた。しかし、キーボードのデバドラ入れるのにOS再起動ってありえないだろw。UNIXとしてもカッコ悪すぎるわけだが、色々考えてインストーラを作るよりもとりあえずリブートかければいいと考えたんだろうね。まぁ富士通のレベルなんてこんなものだろうし、わざわざMacにリソースを割くなら他のことしたいというのは当然のことでもある。Mac専属の人間がいないとしたら、それは致し方ないことなのかもしれない。でも、OS再起動はないでしょ。最近のWindowsだってそういうこと少なくなったっていうのに。

でも、昔はノートを使うのに外付けキーボードを使うなんてアホだぁと思っていた時もあったんだけど、ある時テレビか何かで外人がノートにキーボード付けて使っているのを見て、そういうのもアリなんだと感じた。そのあと夏でパソコンが熱いのでHHKBを買って使ってみると思いの外使い勝手が良かった。机の上は狭くはなるものの、アルミユニボディが直に温度を伝えることを考えると妥当な方法なのかなと思う。もともとMacのキーボードは出来が良い方なのだが、廉価版とはいえHHKBに勝てるものではない。

今までMacOSXのデバドラ開発に手をつけることはなかった。WIndowsとかよりかは情報が開示されているらしかったが、特にそこに手を入れる必要性がなかったので、やろうという気にはならなかった。オープンにしてくれるのはいいのだけれど、実際に使う人が多くならないと意味ないよなぁと思ったり。結局売りとしての機能じゃなく、売り文句だけであったのであろう。実際恩恵にあずかった人間はいても、キーボードのデバドラでOS再起動しないといけないほどの情報しか出ていなかったのかもしれない。なんにしても個人的に発信する情報が少ない分野は、ベンダー側がきちんと情報を出してほしいものです。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

iPhoneの音楽が同期されない問題が解決した。 [MacOSX]

iPhoneではちょこちょこ問題が起きてはいるが、4月ぐらいから音楽が同期されない状態になって困っていた。いろいろ手を施したら直ったのだが、LINEのトーク履歴が死んだとか、メールの設定をやり直すとか、iPhoneのリカバリ共通とみられる問題も噴出した。正直、何がどう効いているのか、複合的な操作なのか、OSの入れ直しだけで直ったのかよく分からない。

とにかく音楽ファイルが同期されなかった状況を書いておこう。まず4月ぐらいまではMacにつなぐと普通に同期されていた。新しくiTunesで再生してライブラリに登録されると、自動的にMacのバックアップの際に入れられる状態になっていた。その機能がiOSのアップデートか何かで動かなくなってしまったようだった。特に操作的には何かしたというわけじゃないので、たぶんiTunesのアップグレードかiOSのアップグレードで問題が起きたんだと思う。そう考えるのが普通だと思われる状況だった。ファイルが同期されないだけじゃなくて、プレイリストの表示もなんか変になっていた。スクリーンショットを取っておけばよかったな。曲の表示が0とか8とかブランクになっていたりとか意味不明な状態になっていた。


どうにも要領を得ないので、iTunesでいろいろしてみた。Apple Musicの設定をiPhoneと一緒に殺したりしたが、検索したページのようにうまくいかず。まずファイルを個別に手動でアプライしてみたがダメ。というか、そういう方法が使えるかどうかも分からない。どうせずっと全体を同期させていたから128GBのiPhoneを買わざるを得なかったのだった。面倒なので全部音楽を消してから入れ直そうとしたが、iTunes側からの削除ができない。iPhoneの設定側から同期しなくなる前のファイルを消して、音楽ファイル全体を同期させようとしても復活せず。見込みはないと思ったものの、iPhone側のファイルを全消しするメニューを選ぶも、iPhoneの設定アプリ自体が落ちて実行されず。個別には音楽ファイルを消せていたので、完全にダメになってはいなかったようではある。

iTunesもインストールし直してみたがダメ。通常ではアンインストールできないアプリケーションなので、ググるとわかると思うけど、rm -rfとかで無理やり消す方法しかないらしい。これはあまりいい方法じゃないと思いつつもやってみたが解決しなかった。

もしかするとiPhoneの方の問題じゃないかもしれないと思ってMacのディスクを検査してみた。やってみると実際問題が出てきた。しかも、⌘+Rかなんかで再起動して、SSDからブートしないやり方でリペアしないと直らない問題が出ていた。MacOSXはファイルシステムが壊れやすいくせに、自己分析して直してくれる仕組みがなくて自分で定期的に見てあげないといけない酷いOSだ。他のOSは少なくともブート時に問題があったり、時間が経ったりしていると自動的に動いてくれたりする。ファイルシステムがおかしいとマイナーな不具合が出がちなので、ググっても設定で直せない状態になっている時にはやってみた方がいい。

しかし、直したそのあと音楽ファイルを同期させても問題は解決しなかった。さらに問題なのは、音楽を同期させるたびにいらないiOSのシステムバックアップをしてしまうところだった。悪くなる前に戻そうとしてもできない状態になっていた。仕方がないのでバックアップファイルをTimeMachineでロールバックして、そこからきちんと動いていた頃にリカバリさせようとした。

https://support.apple.com/ja-jp/HT204215

で、~/ライブラリ/Application Support/MobileSync/Backup/ にあると書いてあったので、そこだけをTimeMachineで戻したらiTunesは昔のバックアップを認識してくれた。それでiPhoneを昔の状態へリカバリ。色々設定し直さないといけない状態になってしまった。しかし、それでも音楽ファイルは同期せず。どないせいっちゅうねんw。

もう面倒なので「iPhoneを復元...」(iTunesでイメージからの「バックアップを復元...」の上の方にあるもの)をしてみることにした。結果的にそれで直った。たぶんOSのリカバリをしたんだけど、結局バックアップからのリカバリも後からしてくれる仕様になっていた。今度からこっち使おうかな。新しいOS自体が不具合の場合には使えないことにはなるのだろうけど。

実はOSのリカバリの後にするバックアップからのリカバリの前に、勝手に同期するように直っていたらしい。放置していた時にはもう音楽ファイルを同期している最中になっていたから。だから基本バックアップからのリカバリは関係していないOSの問題だったと言えるだろう。なんだかマイナーな不具合っぽいので、どこを見てもあまりいい解決方法が書いていなかったのだが、図らずもやりたくなかったシステムの最新化によって直すことができた。というか、ダメな時にもOSのバージョンは最新になってはいたんだけどね。アップデートの時に問題が起きたのかどうかはよく分からないけど、とにかく直って良かった。

色々やっていて何が良かったのかは分からない状態なんだけど、バックアップをTimeMachineでロールバックさせて戻すことまではしなくて良かったんじゃないかと思った。できたからやっちゃったけど、できるならばあまりやらない方がいい。今までやった設定が古い状態に戻ってしまうし、設定もいくらかやり直さないといけない作業が加わる(メール設定とかアプリの設定の一部とか)。

Appleの製品はたまにつまづくととことん面倒なことになりがちだ。あきらめることもできるんだけど、このインターネット社会ではググれば解決できることも多いしね。今回は半分自力でやった感じだったけれども、どちらにしてもマイナーバグだと解決方法が分かりにくくて仕方がない。最近は無駄に自動化されている部分も多いので、手作業でどうにかなる部分ってのは少なくなってはいるんだけどね。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

何だかんだでApple漬け [MacOSX]

現在、mailpeeper-tlsのDeprecatedな関数とかをリプレイスしたりして、コンパイルの時のワーニングを取り除いている。なんかプログラミングの話をしていると、ルー大柴みたいな語り口になって嫌だなw。

15インチのMacBook Proを使っているのだけれど、自分の部屋から持ち出してリビングで使ってみた。膨らんで破裂しそうだったバッテリーは新しく変わったためか、半日ほど充電せずにもった。モバイルのCPUじゃないと思うんだけど、そこそこ速くてそこそこ低消費電力。

ただ15インチのMacは膝の上に載せて使うものじゃないな。やっぱりノートパソコンは13インチぐらいがちょうどいいと思うのはそういうところからきている。画面が大きくて見やすいのはいいんだけど、重いし熱い。冬だからいくらかいいのだろうけど、Surface3を使っているとデカいなぁと思わざるを得ない。結局持ち運びするとなると、13インチ以下じゃないと話にならない。

それでも15インチでも単体で移動させることはできるので、移動して作業していたのだけれど気分が変わって悪くない。どうしてもMacを使うときは同じ机に座って使っていたので、あまり長い時間使えなかったりしたのだ。それでMacが気軽に持ち運べたらなぁと思っていた。だから、MacBook AirがRetina化をするのを待っていたのだけれども、新しいMacBookとかMacBook Proとかで見事に裏切られたので、しばらくは買わないのだろうな。ジョブズが死んでからは食指が動かない動かない。

iPad Proとかもお絵かきも兼ねて考えてはいたのだけれど、開発ができないと意味ないなぁと感じていた。実際、Appleは開発対象であるので、iOSじゃダメなんです。というか、iPhone持ちなので垂直統合は思うつぼ過ぎて気持ち悪いのもある。そしてあまりiOSが好きじゃないし、iPhoneで移動時はずっといじってるので、これ以上iOS端末はいらないなという単純な使用時間の感じからもいらない感は来ている。

なのでラフな使い方をするのは、今これを書いているSurface3になっている。その前はASUSの天板が金属になっているヤツ。ASUSの方はHDDだったのだけれど、SSDにしたのでSurface3のeMMCよりかは性能がいい。何回も言っているけど、本当にSATA以下の接続方法はやめにしてほしい。少なくともSSDと呼べるものにしてほしい。フラッシュメモリのボトルネックがバスにあっちゃいけない。そんなもん三流がやることだ。

んで、三流製品を使っているわけだけど悪いことだけではない。というか、それがなかったらASUSのままでもSSDをデカくして何とかしていたかもしれない。どうせCPUも遅いし。ただフルHDのディスプレイは良かった。それとタブレットだということはどうでも良かったんだけど、ヒザに載せた時熱くなる部分が少ないのは良い。クラムシェルだと思いっきり腿に熱い底面が当たるんだけど、Surfaceだとそれがない。

ということは、Surface Proを買うべきなんだろうね。でも、高いものがいいというのは当たり前で、安くて良いフォームファクタや価格対性能比が優れていないといけない。要するに安くていいものが欲しいというところだ。だって高いものを買って長持ちさせるとか普通すぎてつまらない。まぁ今のMacBook Proはそこそこ高いのを買って6年も長持ちさせてますしね。高くてもタイミング的に買うべきって思うものはありますよね。

今度Windowsマシンを買うときは、RAMが最大16GBを基準にしてみたいと思っています。CPUの速い遅いよりもRAMが消費されてなくなって、スワップに書きに行くのが一番遅くなる元だからです。swapもSSDの性能が高ければそれほど気にしないで済むのですが、そもそもOSが起動する最低限のRAMってのは設定されているから、少なくともそれを上回っていないといけないわけだが、少しでも上回っていればいいというものでもないので、最終的なボトルネックとなりがちなのがRAMになります。

そもそもデスクトップに比べてノートはRAMが積みにくい大きさになっているわけですが、Ultrabookが流行るころからロジックボードにRAM直付けになっているようです。そこが更にいけない。BTOで変えられればいいのだけれども、それをできるのはネット販売に基本なってしまうので、つまらない事を店員に根掘り葉掘り聞くこともできないわけで。RAMが変えられないのはパソコンとしては痛い気がします。チップセットで上限が決められていて、いっぱいいっぱい入っているのならいいのですが、そうじゃない場合とかは悲しすぎる。基盤直付けとかタブレットの文化なんだけどなぁ。

でもMacの方が8GB積んでいても、実用的にメモリ圧縮してギリギリな感じなんだよなぁ。そういう意味ではWindowsはまだマシなのかもしれない。あ~旧Objective Cばっかだとストレスがたまるなぁw。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Finderくらいきちんと作ってほしい。 [MacOSX]

WindowsのExplorerも割と不出来だけど、MacのFinderもあまり出来が良くないことが分かった。まぁUSBメモリをUSBハブを介して使っているとだとまずいのだと思うのだが、やっぱり使っている人が少ないOSというものは、チェックする目も少ないという事なのだなと感じる。

7GBくらいの写真をざらっとUSBメモリに入れていらないものを削除していったときに、頻繁にFinderがフリーズした。フリーズしたというか、Finderがスレッドを100%占有してしまっている。Finderのタスクはシングルスレッドらしく、それ自体はマルチスレッドに無理にしていないだけマシなのかもしれない。

先ほど言ったように、USBハブを通じてUSBメモリ内の数百ぐらいのJPEGファイルを見ていた。1000以上はなかったと思う。ファイルを開く自体は問題ないのだけれど、複数のファイルを削除しようとすると作業が止まってしまう。ただファイルを消しているだけで、スレッドがフル回転とか意味わかんないよ。放っておくと直るんだけど、ファイル削除が遅いままなのは変わらなかった。

それを回避するために、本体のUSBポートに直接挿してみると問題なく動作した。多少引っ掛かりはあるのだけれど、外部ストレージなので1秒に満たないぎこちなさは仕方がない。Macが嫌なのはあまりサードパーティ製の仕様を気にしていない作りなのだ。Windowsは完全に他の会社にデバイスドライバの作成を依存している(だろう)けど、Macは案外そういうところを気にしていないか、サードパーティが適当に作っているか、情報を必要なだけもらっていないか、だろうと思う挙動が多い。特に汎用なドライバとかは出来が悪いような気がする。

ある商業用のページで、Appleから情報がいろいろ出ていて簡単なので、是非デバドラ作成に取り組んでみては?なんて言っていて、読者にお前が作れやと散々に突っ込まれていたのだけれど、デバドラは簡単に作れるなんて思えるのは、開発をやったことがない人か、デバドラ作成に慣れた人間が言うことだと思う。

そもそもデバドラはシステムの根幹なので、WindowsとかだとNT4あたりだとデバドラの不具合からOSごとクラッシュさせることが容易だった。今は少しはマシになったと思うけど、それは恐らくUSBなどのホットプラグみたいなことに慣れてきたからなんじゃないかと思う。ご存知のようにOSの名前が変わるたびに、ドライバの種類が変わって別のものを入れないといけない場面に出会ったことが普通にあると思う。そんな風に毎回変えるほど改良が加えられているのだろう。そうじゃなかったら、ハードに近い技術者をいじめているだけである。

OSごとに仕様が変わってくるあたりはMacも同じだと思うけど、Linuxのドライバの本を読んでいると結構しんどくなってくるぐらい面倒。単純なものほど応用が利かないというか、ただ単にOSのAPIやそれのラッパーを叩いているだけのプログラミングに慣れた人にはしんどいと思われるプログラミングだったりします。と、偉そうに言えるほどやってはいないんですけどね。基本的にC言語で作るという点は今も昔も大して変わっていないと思うけど、C言語なんてしばらくソースを読むぐらいしかしていないなぁ。


WindowsだとExplorerが死んだらシステムが不安定になる傾向があるから再起動の良いタイミングとなるのだけれど、FinderはOS自体がわりと堅硬にできているので、Finder自体を再起動させれば大抵は問題ない。それにしてもWindowsは8になってからシステムの安定性があまりよくなくなって、タブレット一体式のOSにした仇が出ている。Macもそういう方向性があったみたいだけど、iOSの方に力を入れているようなので、無駄に混ぜるようなことはまたしないだろう。

というか、パソコンもタブレットも電話も同じOSにしようなんてどうかしていると思うんだが、そこはコスト削減と一元化をしたいのだろうなぁ。ARMバイナリとx86エミュも入ってきて更に混沌としてきているWindows10ですが、これ以上使いにくくしてほしくないんですけど。最近まともなのUbuntuを取り入れたところだけじゃないかと思うんだけど。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ジョブズがいなくなって暗黒期に再度沈むか [MacOSX]

ジョブズが死んでからAppleは最高益を得たが、プロダクトの内容的には、オリジナルな新しいものを作ってない。マイナーチェンジも良いのだが、明らかに行き詰まりを感じてしまう。

まずMacBook関係は悲しすぎる。MacBook Airの成功からただ薄くなるのみを追求し始めちゃった。やっと新しい路線かと思ったら、ファンクションキーをTouch Barとやらに変えてきた。いや、フィジカルなEscキーがなくなったらUNIXじゃないでしょ、という当然な感想はさておき、すごい便利ともすごい不便とも言われてない。そういうのが一番微妙w。FireWireみたいに無駄に延命されて終わるというシナリオが見えてしまった。

そもそも今のAppleでは人的リソースがMacには割かれていなくて、iOS方面に注力されているという。確かにiPhoneは他のスマホと比べても粗利が良さそうだからなぁ。RAMはAndroidの半分でもパフォーマンスが出るし、SwiftというイヤイヤOSSにしたプロダクトもあるわけだし。もはやMacなんてどうでもいい感じである。Mac ProとかMac miniとかほぼ放置状態の製品がゴロゴロしている。悲惨すぎる。

Windowsは7でずっとでも十分だと思うが(SSD対応さえなければXPでも十分)、Macはまだまだ発展の余地というか、完全にされてない部分もないわけではない。それはサードパーティがあまり頑張れない文化がシェアの大きさに相応な感じだからだ。シェアウェア(ってなんか久しぶりの言葉)が多くて、OSSが少ないというのもしょうがないのかもしれない。OSSはUNIX関係が多くなってきたからで、生来のMacの文化が多いってわけじゃない。

Windowsにはビジネスで使うことしか望んでいないけど、Macは家で気楽に便利に使うことを前提としている(僕は)。バックアップも楽だし、iOSとの連携もやはり自社製品だから悪いわけがない。ただ、Snow Leopard以来一向に進化しない感じがするのは、たぶん誰もが感じているところだと思う。ハードを放置しているくらいだから、その上に載るOSなんて二の次、三の次だろう。悲しい話だけど、もはやドツボにはまっている。

株価はどんどん落ちて、幹部は既存のリソースを順繰りに回すだけで新しいものを作ろうとしない。そんな未来はもうきているのだろうか。株価は最近調べてないから知らないが、最高益以下なんだろうな、少なくとも。

なんというか5年近く前のアッパーミドルなスペックでも、SSDにしてしまえば使えてしまうこの状況はまずいと思う。SSDの進化というより、Macの進化しなさすぎに問題がある。WindowsやAndroid製品はお金があれば買い換えてみたいなぁと思う製品がいくつかあるけど、今のMacには正直それがない。11インチ製品は無くなってしまったし、MacBookがいいかといえば値段とスペックのバランスからいうとほしいとは思えない。

そもそもがノートパソコン自体が売れていないという。それはスマホでなんでもできてしまう状況が引き起こしているのだろうけど、魅力的な端末がないのもあるのだろう。今はお金がないけど、次はあれかあれの後継機が欲しいなというタメの時期がなくなってしまっている気がする。WindowsパソコンではMacよりかはほしいものがあるけれども、それは安いものばっかり買ってサクサク感を味わいたいだけだったりする。それでもMacの停滞感よりかはマシだ。

Appleさん。IPhoneに注力するのはわかるけど、Macの放置っぷりはひどくないですか? iOSのソフトを作るのもMacOSなんですから、もうちっとまともに対応してほしいですよね。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

新しいMacBook Proねぇ… [MacOSX]

知らないうちに(というか1日ずれて覚えてた)新機種ができていたMacBook Pro。いろいろなものが切り捨てられていて、一台で済む満足感がなくなっていた。無くなったものが多すぎる。

SDXCカードスロット、USB TypeAポート、前々からだけど光学ドライブ。みんな必要なのに無くなった。既存のマシンをSSDで底上げしておいてよかった。これでは不都合を買うのと同じだ。USB Type-Cになる流れは変わらなくあるんだろうけど、昔のiMacのUSB採用と同じに今までの機器をすんなり置き換えるのは結構厳しい。お金を持っている人はいいのかもしれないけど、元々Macはホビー目的の金持ちが持つものだったから原点回帰なのか。

Appleはレガシーを切り捨てすることがよくあるけれども、今回のは特にメリットがあまり感じられない。というかみんな薄型化のために切り捨てられていって、使い勝手がガタ落ちだ。デジタルハブとかいっていたけれど、現状からするとMacはそれを放棄しているように見える。自分たちは進化していると思っているかもしれないが、多くの人にとっては退化している側面が大きい。

基本MacBook Airが(新ラインナップから新製品として)なくなったのも残念だ。11インチは12インチのMacBookで代替しろという事なんだろうけども、値段がそんなにこなれていないし、やっぱりAirとはいろいろ違う。Retina化してCPUなどを最近のものにするだけでも買うって人多いと思うんだけどなぁ。それでも半年、一年遅いというか。前のラインナップは安くなってお買い得になっているというが、ただ為替還元のような気もするし。

激しい切り捨ての中で、見た目加わったのが分かりやすいのが、Touch Barですが使ってみないことにはメリットが伝わらない。確かにジョブズが言っていたようにノートで画面をタッチするよりかはいい方法かもしれない。腕が重いんだよぅというのは確かにその通りだ。どこにそれを書いてあったんだっけ。最近ニュースアプリしかソースがなくて自分で積極的に取りに行ってない。

SSDに換装して不都合があまりないので、しばらくはAppleを様子見ですね。今度買うのはiPhoneの方が先になるかもしれない。iPad Proかなんかで絵を描いているかもしれない。Macは好きだったけど今はそんなんでもない。期待はいまだにしているけどね。Windowsほど必要でもないし、失望もしていないけど。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

macOS Sieraは8GBのRAMとHDDでは辛いでしょう [MacOSX]

古いMacBook ProでSieraはなかなかうまく動いているという話をしたのだが、それはSSDがうまく作用しているという前提です。たぶんHDDだと結構厳しいんだろうな。リブートした後とか辛そう。結構、よくわからないデーモンが高負荷で動くので、SSDじゃないとすぐに終わりそうにない。

そう考えたのは自分のMacは8GBしかメモリがなくて、ブート時にメモリスワップが発生するようになったところ。HDDだとその分遅くなるだろうなと考えている。それまではブートするだけでスワップが発生することはなかったと思うのだが、そろそろMacのメモリは16GBないと快適じゃなくなる可能性がある。今まではメモリ圧縮で何とかなっていたのだけれど、なかなか厳しい感じになっている。今後RAM-16GB、SSD-500GBくらいが使いやすいレベルではないかと。

もう少しで新しいMacBook関係が発表で出てくるって話なので、いろいろ期待はしているのだけれど不安も結構いっぱいだ。何にしてもジョブズが死んでからほとんど変わってないからなぁ。無駄なものをつけてもいいけど、値段を上げてほしくはないわな。とりあえず、外見を気にしてUSBのポートとか極度に減らしてほしくないな。結局使いにくくなるだけだから、そこいらはバランスを考えてほしい。少なくともスマホみたいにポートが一つしかないMacBookみたいなのは欲しくない。iBookみたいな安っぽい感じの実際に安い製品もあったらいいかなぁ。11inchのMacBook Airはそっちで欲求を満たしてもらいたい。


ふーんアップルペイのせいで、モバイルSuicaが不具合だって? まぁ10倍もアクセスが来たら、オンタイムでさばけなくなるかもなぁ。でも、Webで10倍とか普通に跳ね上がるから、そういうのを考えると設計のミスというか、処理するパワーが足りてなかったんじゃないかと思う。

まぁハードコーディングで消費税を埋め込むような低脳SEを雇うJRだから、今回の不具合だって起こるべくして起こったのだろう。だってApple Payを使えるiPhone7がどれだけ売れているかどうかとか調べればざっくりわかるし、それが全部やる気満々でやって来た時の事を考えれば、上限の設定なんて簡単に予測できるし、何でこういう転ばぬ先の杖を使わないやつばっかりなんだろうな。だってiPhone側に問題があったわけでも何でもないんだよ。仕事に手を抜きすぎ。俺がそういうの気にしすぎだっただけなのかな?


へー、ハロウィンって10月の末日なんだね。なんかやたらテレビや店舗でやってるので、もっと早い時期にやるんだと思っていた。どっちにしても、私の生活には関わりがないのだけれど。

そうだよ、今は勉強しないといけないんだった。おっさんになってからの記憶力にはかなり厳しいものがある。親が苦労して年取ってから車の教習所に通っていた時の苦悩ぶりが脳裏に蘇る。年取ると結構ダメだわ。SE35歳限界説というのは、体力の限界だったけれども40歳あたりに新しいものに対応していける能力が足かせになりそうな気もする。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット