So-net無料ブログ作成
検索選択

何だかんだでApple漬け [MacOSX]

現在、mailpeeper-tlsのDeprecatedな関数とかをリプレイスしたりして、コンパイルの時のワーニングを取り除いている。なんかプログラミングの話をしていると、ルー大柴みたいな語り口になって嫌だなw。

15インチのMacBook Proを使っているのだけれど、自分の部屋から持ち出してリビングで使ってみた。膨らんで破裂しそうだったバッテリーは新しく変わったためか、半日ほど充電せずにもった。モバイルのCPUじゃないと思うんだけど、そこそこ速くてそこそこ低消費電力。

ただ15インチのMacは膝の上に載せて使うものじゃないな。やっぱりノートパソコンは13インチぐらいがちょうどいいと思うのはそういうところからきている。画面が大きくて見やすいのはいいんだけど、重いし熱い。冬だからいくらかいいのだろうけど、Surface3を使っているとデカいなぁと思わざるを得ない。結局持ち運びするとなると、13インチ以下じゃないと話にならない。

それでも15インチでも単体で移動させることはできるので、移動して作業していたのだけれど気分が変わって悪くない。どうしてもMacを使うときは同じ机に座って使っていたので、あまり長い時間使えなかったりしたのだ。それでMacが気軽に持ち運べたらなぁと思っていた。だから、MacBook AirがRetina化をするのを待っていたのだけれども、新しいMacBookとかMacBook Proとかで見事に裏切られたので、しばらくは買わないのだろうな。ジョブズが死んでからは食指が動かない動かない。

iPad Proとかもお絵かきも兼ねて考えてはいたのだけれど、開発ができないと意味ないなぁと感じていた。実際、Appleは開発対象であるので、iOSじゃダメなんです。というか、iPhone持ちなので垂直統合は思うつぼ過ぎて気持ち悪いのもある。そしてあまりiOSが好きじゃないし、iPhoneで移動時はずっといじってるので、これ以上iOS端末はいらないなという単純な使用時間の感じからもいらない感は来ている。

なのでラフな使い方をするのは、今これを書いているSurface3になっている。その前はASUSの天板が金属になっているヤツ。ASUSの方はHDDだったのだけれど、SSDにしたのでSurface3のeMMCよりかは性能がいい。何回も言っているけど、本当にSATA以下の接続方法はやめにしてほしい。少なくともSSDと呼べるものにしてほしい。フラッシュメモリのボトルネックがバスにあっちゃいけない。そんなもん三流がやることだ。

んで、三流製品を使っているわけだけど悪いことだけではない。というか、それがなかったらASUSのままでもSSDをデカくして何とかしていたかもしれない。どうせCPUも遅いし。ただフルHDのディスプレイは良かった。それとタブレットだということはどうでも良かったんだけど、ヒザに載せた時熱くなる部分が少ないのは良い。クラムシェルだと思いっきり腿に熱い底面が当たるんだけど、Surfaceだとそれがない。

ということは、Surface Proを買うべきなんだろうね。でも、高いものがいいというのは当たり前で、安くて良いフォームファクタや価格対性能比が優れていないといけない。要するに安くていいものが欲しいというところだ。だって高いものを買って長持ちさせるとか普通すぎてつまらない。まぁ今のMacBook Proはそこそこ高いのを買って6年も長持ちさせてますしね。高くてもタイミング的に買うべきって思うものはありますよね。

今度Windowsマシンを買うときは、RAMが最大16GBを基準にしてみたいと思っています。CPUの速い遅いよりもRAMが消費されてなくなって、スワップに書きに行くのが一番遅くなる元だからです。swapもSSDの性能が高ければそれほど気にしないで済むのですが、そもそもOSが起動する最低限のRAMってのは設定されているから、少なくともそれを上回っていないといけないわけだが、少しでも上回っていればいいというものでもないので、最終的なボトルネックとなりがちなのがRAMになります。

そもそもデスクトップに比べてノートはRAMが積みにくい大きさになっているわけですが、Ultrabookが流行るころからロジックボードにRAM直付けになっているようです。そこが更にいけない。BTOで変えられればいいのだけれども、それをできるのはネット販売に基本なってしまうので、つまらない事を店員に根掘り葉掘り聞くこともできないわけで。RAMが変えられないのはパソコンとしては痛い気がします。チップセットで上限が決められていて、いっぱいいっぱい入っているのならいいのですが、そうじゃない場合とかは悲しすぎる。基盤直付けとかタブレットの文化なんだけどなぁ。

でもMacの方が8GB積んでいても、実用的にメモリ圧縮してギリギリな感じなんだよなぁ。そういう意味ではWindowsはまだマシなのかもしれない。あ~旧Objective Cばっかだとストレスがたまるなぁw。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Finderくらいきちんと作ってほしい。 [MacOSX]

WindowsのExplorerも割と不出来だけど、MacのFinderもあまり出来が良くないことが分かった。まぁUSBメモリをUSBハブを介して使っているとだとまずいのだと思うのだが、やっぱり使っている人が少ないOSというものは、チェックする目も少ないという事なのだなと感じる。

7GBくらいの写真をざらっとUSBメモリに入れていらないものを削除していったときに、頻繁にFinderがフリーズした。フリーズしたというか、Finderがスレッドを100%占有してしまっている。Finderのタスクはシングルスレッドらしく、それ自体はマルチスレッドに無理にしていないだけマシなのかもしれない。

先ほど言ったように、USBハブを通じてUSBメモリ内の数百ぐらいのJPEGファイルを見ていた。1000以上はなかったと思う。ファイルを開く自体は問題ないのだけれど、複数のファイルを削除しようとすると作業が止まってしまう。ただファイルを消しているだけで、スレッドがフル回転とか意味わかんないよ。放っておくと直るんだけど、ファイル削除が遅いままなのは変わらなかった。

それを回避するために、本体のUSBポートに直接挿してみると問題なく動作した。多少引っ掛かりはあるのだけれど、外部ストレージなので1秒に満たないぎこちなさは仕方がない。Macが嫌なのはあまりサードパーティ製の仕様を気にしていない作りなのだ。Windowsは完全に他の会社にデバイスドライバの作成を依存している(だろう)けど、Macは案外そういうところを気にしていないか、サードパーティが適当に作っているか、情報を必要なだけもらっていないか、だろうと思う挙動が多い。特に汎用なドライバとかは出来が悪いような気がする。

ある商業用のページで、Appleから情報がいろいろ出ていて簡単なので、是非デバドラ作成に取り組んでみては?なんて言っていて、読者にお前が作れやと散々に突っ込まれていたのだけれど、デバドラは簡単に作れるなんて思えるのは、開発をやったことがない人か、デバドラ作成に慣れた人間が言うことだと思う。

そもそもデバドラはシステムの根幹なので、WindowsとかだとNT4あたりだとデバドラの不具合からOSごとクラッシュさせることが容易だった。今は少しはマシになったと思うけど、それは恐らくUSBなどのホットプラグみたいなことに慣れてきたからなんじゃないかと思う。ご存知のようにOSの名前が変わるたびに、ドライバの種類が変わって別のものを入れないといけない場面に出会ったことが普通にあると思う。そんな風に毎回変えるほど改良が加えられているのだろう。そうじゃなかったら、ハードに近い技術者をいじめているだけである。

OSごとに仕様が変わってくるあたりはMacも同じだと思うけど、Linuxのドライバの本を読んでいると結構しんどくなってくるぐらい面倒。単純なものほど応用が利かないというか、ただ単にOSのAPIやそれのラッパーを叩いているだけのプログラミングに慣れた人にはしんどいと思われるプログラミングだったりします。と、偉そうに言えるほどやってはいないんですけどね。基本的にC言語で作るという点は今も昔も大して変わっていないと思うけど、C言語なんてしばらくソースを読むぐらいしかしていないなぁ。


WindowsだとExplorerが死んだらシステムが不安定になる傾向があるから再起動の良いタイミングとなるのだけれど、FinderはOS自体がわりと堅硬にできているので、Finder自体を再起動させれば大抵は問題ない。それにしてもWindowsは8になってからシステムの安定性があまりよくなくなって、タブレット一体式のOSにした仇が出ている。Macもそういう方向性があったみたいだけど、iOSの方に力を入れているようなので、無駄に混ぜるようなことはまたしないだろう。

というか、パソコンもタブレットも電話も同じOSにしようなんてどうかしていると思うんだが、そこはコスト削減と一元化をしたいのだろうなぁ。ARMバイナリとx86エミュも入ってきて更に混沌としてきているWindows10ですが、これ以上使いにくくしてほしくないんですけど。最近まともなのUbuntuを取り入れたところだけじゃないかと思うんだけど。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ジョブズがいなくなって暗黒期に再度沈むか [MacOSX]

ジョブズが死んでからAppleは最高益を得たが、プロダクトの内容的には、オリジナルな新しいものを作ってない。マイナーチェンジも良いのだが、明らかに行き詰まりを感じてしまう。

まずMacBook関係は悲しすぎる。MacBook Airの成功からただ薄くなるのみを追求し始めちゃった。やっと新しい路線かと思ったら、ファンクションキーをTouch Barとやらに変えてきた。いや、フィジカルなEscキーがなくなったらUNIXじゃないでしょ、という当然な感想はさておき、すごい便利ともすごい不便とも言われてない。そういうのが一番微妙w。FireWireみたいに無駄に延命されて終わるというシナリオが見えてしまった。

そもそも今のAppleでは人的リソースがMacには割かれていなくて、iOS方面に注力されているという。確かにiPhoneは他のスマホと比べても粗利が良さそうだからなぁ。RAMはAndroidの半分でもパフォーマンスが出るし、SwiftというイヤイヤOSSにしたプロダクトもあるわけだし。もはやMacなんてどうでもいい感じである。Mac ProとかMac miniとかほぼ放置状態の製品がゴロゴロしている。悲惨すぎる。

Windowsは7でずっとでも十分だと思うが(SSD対応さえなければXPでも十分)、Macはまだまだ発展の余地というか、完全にされてない部分もないわけではない。それはサードパーティがあまり頑張れない文化がシェアの大きさに相応な感じだからだ。シェアウェア(ってなんか久しぶりの言葉)が多くて、OSSが少ないというのもしょうがないのかもしれない。OSSはUNIX関係が多くなってきたからで、生来のMacの文化が多いってわけじゃない。

Windowsにはビジネスで使うことしか望んでいないけど、Macは家で気楽に便利に使うことを前提としている(僕は)。バックアップも楽だし、iOSとの連携もやはり自社製品だから悪いわけがない。ただ、Snow Leopard以来一向に進化しない感じがするのは、たぶん誰もが感じているところだと思う。ハードを放置しているくらいだから、その上に載るOSなんて二の次、三の次だろう。悲しい話だけど、もはやドツボにはまっている。

株価はどんどん落ちて、幹部は既存のリソースを順繰りに回すだけで新しいものを作ろうとしない。そんな未来はもうきているのだろうか。株価は最近調べてないから知らないが、最高益以下なんだろうな、少なくとも。

なんというか5年近く前のアッパーミドルなスペックでも、SSDにしてしまえば使えてしまうこの状況はまずいと思う。SSDの進化というより、Macの進化しなさすぎに問題がある。WindowsやAndroid製品はお金があれば買い換えてみたいなぁと思う製品がいくつかあるけど、今のMacには正直それがない。11インチ製品は無くなってしまったし、MacBookがいいかといえば値段とスペックのバランスからいうとほしいとは思えない。

そもそもがノートパソコン自体が売れていないという。それはスマホでなんでもできてしまう状況が引き起こしているのだろうけど、魅力的な端末がないのもあるのだろう。今はお金がないけど、次はあれかあれの後継機が欲しいなというタメの時期がなくなってしまっている気がする。WindowsパソコンではMacよりかはほしいものがあるけれども、それは安いものばっかり買ってサクサク感を味わいたいだけだったりする。それでもMacの停滞感よりかはマシだ。

Appleさん。IPhoneに注力するのはわかるけど、Macの放置っぷりはひどくないですか? iOSのソフトを作るのもMacOSなんですから、もうちっとまともに対応してほしいですよね。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

新しいMacBook Proねぇ… [MacOSX]

知らないうちに(というか1日ずれて覚えてた)新機種ができていたMacBook Pro。いろいろなものが切り捨てられていて、一台で済む満足感がなくなっていた。無くなったものが多すぎる。

SDXCカードスロット、USB TypeAポート、前々からだけど光学ドライブ。みんな必要なのに無くなった。既存のマシンをSSDで底上げしておいてよかった。これでは不都合を買うのと同じだ。USB Type-Cになる流れは変わらなくあるんだろうけど、昔のiMacのUSB採用と同じに今までの機器をすんなり置き換えるのは結構厳しい。お金を持っている人はいいのかもしれないけど、元々Macはホビー目的の金持ちが持つものだったから原点回帰なのか。

Appleはレガシーを切り捨てすることがよくあるけれども、今回のは特にメリットがあまり感じられない。というかみんな薄型化のために切り捨てられていって、使い勝手がガタ落ちだ。デジタルハブとかいっていたけれど、現状からするとMacはそれを放棄しているように見える。自分たちは進化していると思っているかもしれないが、多くの人にとっては退化している側面が大きい。

基本MacBook Airが(新ラインナップから新製品として)なくなったのも残念だ。11インチは12インチのMacBookで代替しろという事なんだろうけども、値段がそんなにこなれていないし、やっぱりAirとはいろいろ違う。Retina化してCPUなどを最近のものにするだけでも買うって人多いと思うんだけどなぁ。それでも半年、一年遅いというか。前のラインナップは安くなってお買い得になっているというが、ただ為替還元のような気もするし。

激しい切り捨ての中で、見た目加わったのが分かりやすいのが、Touch Barですが使ってみないことにはメリットが伝わらない。確かにジョブズが言っていたようにノートで画面をタッチするよりかはいい方法かもしれない。腕が重いんだよぅというのは確かにその通りだ。どこにそれを書いてあったんだっけ。最近ニュースアプリしかソースがなくて自分で積極的に取りに行ってない。

SSDに換装して不都合があまりないので、しばらくはAppleを様子見ですね。今度買うのはiPhoneの方が先になるかもしれない。iPad Proかなんかで絵を描いているかもしれない。Macは好きだったけど今はそんなんでもない。期待はいまだにしているけどね。Windowsほど必要でもないし、失望もしていないけど。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

macOS Sieraは8GBのRAMとHDDでは辛いでしょう [MacOSX]

古いMacBook ProでSieraはなかなかうまく動いているという話をしたのだが、それはSSDがうまく作用しているという前提です。たぶんHDDだと結構厳しいんだろうな。リブートした後とか辛そう。結構、よくわからないデーモンが高負荷で動くので、SSDじゃないとすぐに終わりそうにない。

そう考えたのは自分のMacは8GBしかメモリがなくて、ブート時にメモリスワップが発生するようになったところ。HDDだとその分遅くなるだろうなと考えている。それまではブートするだけでスワップが発生することはなかったと思うのだが、そろそろMacのメモリは16GBないと快適じゃなくなる可能性がある。今まではメモリ圧縮で何とかなっていたのだけれど、なかなか厳しい感じになっている。今後RAM-16GB、SSD-500GBくらいが使いやすいレベルではないかと。

もう少しで新しいMacBook関係が発表で出てくるって話なので、いろいろ期待はしているのだけれど不安も結構いっぱいだ。何にしてもジョブズが死んでからほとんど変わってないからなぁ。無駄なものをつけてもいいけど、値段を上げてほしくはないわな。とりあえず、外見を気にしてUSBのポートとか極度に減らしてほしくないな。結局使いにくくなるだけだから、そこいらはバランスを考えてほしい。少なくともスマホみたいにポートが一つしかないMacBookみたいなのは欲しくない。iBookみたいな安っぽい感じの実際に安い製品もあったらいいかなぁ。11inchのMacBook Airはそっちで欲求を満たしてもらいたい。


ふーんアップルペイのせいで、モバイルSuicaが不具合だって? まぁ10倍もアクセスが来たら、オンタイムでさばけなくなるかもなぁ。でも、Webで10倍とか普通に跳ね上がるから、そういうのを考えると設計のミスというか、処理するパワーが足りてなかったんじゃないかと思う。

まぁハードコーディングで消費税を埋め込むような低脳SEを雇うJRだから、今回の不具合だって起こるべくして起こったのだろう。だってApple Payを使えるiPhone7がどれだけ売れているかどうかとか調べればざっくりわかるし、それが全部やる気満々でやって来た時の事を考えれば、上限の設定なんて簡単に予測できるし、何でこういう転ばぬ先の杖を使わないやつばっかりなんだろうな。だってiPhone側に問題があったわけでも何でもないんだよ。仕事に手を抜きすぎ。俺がそういうの気にしすぎだっただけなのかな?


へー、ハロウィンって10月の末日なんだね。なんかやたらテレビや店舗でやってるので、もっと早い時期にやるんだと思っていた。どっちにしても、私の生活には関わりがないのだけれど。

そうだよ、今は勉強しないといけないんだった。おっさんになってからの記憶力にはかなり厳しいものがある。親が苦労して年取ってから車の教習所に通っていた時の苦悩ぶりが脳裏に蘇る。年取ると結構ダメだわ。SE35歳限界説というのは、体力の限界だったけれども40歳あたりに新しいものに対応していける能力が足かせになりそうな気もする。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

macOS Sierraが入れられないと思っていた。 [MacOSX]

あまりにマシンが古いと新しいOSが入れられないとか言っていたので、ギリギリ引っかかりそうなお年頃のMacBook Proだったんですが、どうも入れられそう。まぁ入れられたところで、そう便利になりそうな予感はしないのですが、何が変わるんですかね。メモリの消費量?

でも入れないとできなくなることも出てくる可能性もあるので、マシンがプアでも入れる。せっかくSSDの力を見せつける時が来たのだからやればいいのです、やればw。App Storeを開いてみると、4.77GB落とすのから始まるみたいですよ。それが終わってからダメでした、みたいなのだと悲しくなりますね。まぁそんなことしょっちゅうなので待ちますよ。今まで粋がって5GHzの11gを使っていたのですが、もう11nを通り越し11acになっている世界なので、あえて有線に戻そうかなと思っていたりします。ギガビットイーサだったと思ったので、遅くなることはないでしょう。

それにしてもやたらパソコンやらスマホを長い間使うために、無線の規格を気にしないといけないのは嫌になりますね。今は大体が11nなんかな。テレビもブルーレイレコーダーも新しめなので11nだと思う。11acのはあるのかなぁ。iPhone6は11acのような気がしたが、そのためにアクセルポイントを変えるのもどうかと思ったりして。

基本的に下位互換性はあると思うので、11acにしたところで前の規格で遅くつなげはすると思うんだけど、そのために買う意味ってのはあるかと言われると、未来に投資するほどの余裕はない。というか、クライアントも買い換えればいいのだけれど、それをどんどん続けていくとやっぱり金がもたん。ほっとくと次の規格が出てきてキリがない。たぶん11acをスピードアップさせるくらいしか活路はないのかもしれないけど、他の規格と束ねるとかいろいろあるらしいので、なかなかしんどい感じ。それと待っていると無線LANってすごく安くなるんだよね。11nのなんて最終的にはauでタダで配ってたもんなぁ。


ダウンロードにそこそこ時間がかかって、OSをインストールするのにもなかなか時間がかかる。目安の時間が出てくるんだけど、それよりか時間がかかっていた。そういうのって逆に遅く感じられるから、あと10分なのに3分で終わったとかの方がいい気がしている。

ん〜Siriが使えるようになった。右上のところに丸っこく。その他は何なんだろう。あれ、新機能の説明のウインドウが出てきた。と思ってたらなんか知らんが消えた。Apple Watchでロックを解けるとか、Apple Payが使えるとか、Apple垂直統合系が多くてうんざりする。なんつーか、macOS単体で便利な機能ってないの? 思った通り、HomeBrewがダメになっていた。

$ brew upgrade
Warning: You are using OS X 10.12.
We do not provide support for this pre-release version.
You may encounter build failures or other breakages.

そりゃぁそんなに早く対応できないわなぁ。ともあれ、みんながMacから離れつつあるんじゃないかという気もする。Snow Leopard以来まともな機能追加ってない気がするし。タダじゃなくていいから、根本的に楽できることを導入してくれ。TimeMachineは素晴らしいものができたのに、それ以来褒められるものがほとんどない。何だかなぁ。

HomeBrewはいいにしても、他のアプリの対応がきちんとできているかどうか気になる。しょっぱらから、立ち上げてもいないVirtualBoxらしいもののエラーが出るしw。
vboxerror.png
Windows10ほどにないにしても面倒を背負い込むことになりそうだなぁ。普通の人はあと二、三ヶ月待った方がいいです。開発者は早く対応してくださいw。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ソフトウェアアップデートをするとiPhoneが熱くなる。 [MacOSX]

iOSが大幅な変更を加えると、それに沿ってアプリの変更も多くなる。Apple Storeは鬱陶しいことも多いけれど、マルウェア満載のAndroidよりかはマシだ。本家のGoogle Playでもたまにマルウェア入ってたりしますからね(ネットニュースから見聞きしているだけだけど)。

Apple Storeを使うにはアカウントが必要なので、そこいらの素性は違法に手に入れたクレジットカードとかじゃない限りはわれてしまうわけで。去年までは実機での検証すらできなくなっていて、悪事の割り込む隙間が非常に少なくなっていました。

ともあれ、インストールするものが安全であれば問題がないわけじゃなくて、セキュリティホールが問題でHPを見ただけで、ジェイルブレイクされ乗っ取られる状態にあったらしいです。まぁ程度の違いすらあれ、AndroidでもiOSでも完全に安全じゃないわけで、程度の違いさえあれ面倒なことは存在するってことですよね。

ただその程度の差っていうのは大きくて、マルウェアに感染されたくないからできるだけアプリは知っているもの以外は入れたくないとかいう状態になってしまうと、非常に作る側としては面倒なわけです。って言ってもアプリ作ってないけどね、金になりそうなネタがないので。


iOS10の余波か、その前の重大なセキュリティホールのパッチかで、非常に多くのアプリがアップデートされました。あ〜もしかすると古いものは削除しますよ箝口令が敷かれたために、新しいOSに無理やり対応したのかもしれない。ああいうのは数個のAPIが引っかかってたりするだけだったりするので、最小の事例でコンパイルし直せばOKみたいなことも含まれているんでしょうし。まぁ大抵はきちんとコーディングしないとダメだろうなとは思うけど。

そんなんでアプリのアップデートをかけたらめっちゃiPhoneが熱くなった。いつものことだが夏だときついんだよね。通信でここまで熱くはならないから(とはいえ電子レンジと同じ周波数帯使っているんだけれども)、フラッシュメモリに書き込むのと、インストール処理がかなり負荷になって熱くなっているんだろうね。ポケモンGoとかでもかなり熱くなるけど、よくケースとか付けたままやる気になるなぁといつも思っていた。絶対熱暴走するわとか思う。

iPhone7からイヤフォンジャックもなくなって、いよいよ落下防止用の紐がつけにくくなった。部品を買ってきているからLightning端子にleashすればいいのだけれど、手作りするのが面倒臭い。iPhone6発売当時に友達にわざわざアキバに端子を買いに行ってもらって悪いとは思うのだけれど、今は百均で売ってるのでそっちを加工したほうが面倒がないかもしれない。

それにしても、Lightning端子のケーブルの弱さといったらひどいね。世界中で言われているから、別に誰かが使い方がおかしいっていうわけじゃないと思う。microUSBにしたって断線して壊れるってことはあるけれども、あそこまで弱いってことないしね。iPhone7では標準装備されたケーブルは強くなっていることを願う。

こう見るとやっぱり一般的に使われているものが今までの経験上で得た知識でうまく作っていることが良くわかる。下手に細かい設定を加えるとダメになるのは、USB Type-C端子の問題噴出加減を見てもわかるよね。初めの頃に手を出しがちな自分としては、正直勘弁してほしいところだけど、確かに値段はこなれるし不具合も少なくなる頃に買うのが一番なのかもね。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Macがあるから何かしたい。 [MacOSX]

Macでは今まで通りブログを書いているのだけれど、何か生かしてやりたい気持ちはある。Windowsでもネイティブで(エミュっぽく)UNIX系に対応するみたいな話があったので、それはそれでコマンドプロンプトからbashが使えたほうがPowershellを使うよりかはマシだ。どっちにしてもググってきてコピペも多いのだろうが、汎用性がUNIXのほうが全然高い。少しぐらいはそっちのほうが慣れているし。

http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20160408_752290.html

今の所β版なので、製品に反映された頃に使ってみましょう。どっちにしても本番環境で使うほど安定してないということなので、あまり期待はしていない。


そうだ、Macで何をするって話だ。何しよう。Chainerあたり動かしますか? Pythonのバージョンってあってたんだっけ。とりあえず、一次情報を探す。

https://research.preferred.jp/2015/06/deep-learning-chainer/
http://chainer.org/

$ pip install chainer
Traceback (most recent call last):
  File "/usr/local/bin/pip", line 5, in 
    from pkg_resources import load_entry_point
  File "/System/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/Extras/lib/python/pkg_resources.py", line 2793, in 
    working_set.require(__requires__)
  File "/System/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/Extras/lib/python/pkg_resources.py", line 673, in require
    needed = self.resolve(parse_requirements(requirements))
  File "/System/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/Extras/lib/python/pkg_resources.py", line 576, in resolve
    raise DistributionNotFound(req)
pkg_resources.DistributionNotFound: pip==1.0.2

なんだろう。よくわからないエラーっぽいのが出た。そもそもpipとか入れたことあったんだったっけ?

とりあえずPythonはver 2.7なので大丈夫っぽいんだけど、これもどこかMac用のページを見た方が早いか。Xcodeが古いのかな?新しすぎるのかな?

DistributionNotFoundという事だから、なんかバージョンの齟齬かな。

 sudo easy_install pip
 pip install chainer

再インストールで少し進んだみたい。
$ pip install chainer
Collecting chainer
  Downloading chainer-1.8.1.tar.gz (929kB)
    100% |████████████████████████████████| 931kB 913kB/s 
Collecting filelock (from chainer)
  Downloading filelock-2.0.6.tar.gz
Collecting nose (from chainer)
  Downloading nose-1.3.7-py2-none-any.whl (154kB)
    100% |████████████████████████████████| 163kB 2.7MB/s 
Collecting numpy>=1.9.0 (from chainer)
  Downloading numpy-1.11.0-cp27-cp27m-macosx_10_6_intel.macosx_10_9_intel.macosx_10_9_x86_64.macosx_10_10_intel.macosx_10_10_x86_64.whl (3.9MB)
    100% |████████████████████████████████| 3.9MB 241kB/s 
Collecting protobuf (from chainer)
  Downloading protobuf-2.6.1.tar.gz (188kB)
    100% |████████████████████████████████| 194kB 2.2MB/s 
Collecting six>=1.9.0 (from chainer)
  Downloading six-1.10.0-py2.py3-none-any.whl
Requirement already satisfied (use --upgrade to upgrade): setuptools in /System/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/Extras/lib/python (from protobuf->chainer)
Installing collected packages: filelock, nose, numpy, protobuf, six, chainer
  Running setup.py install for filelock ... error
    Complete output from command /usr/bin/python -u -c "import setuptools, tokenize;__file__='/private/var/folders/9r/0kz3j9sn04d2fct1b6w2zhlh0000gn/T/pip-build-cS_8Sj/filelock/setup.py';exec(compile(getattr(tokenize, 'open', open)(__file__).read().replace('\r\n', '\n'), __file__, 'exec'))" install --record /var/folders/9r/0kz3j9sn04d2fct1b6w2zhlh0000gn/T/pip-fsSRuU-record/install-record.txt --single-version-externally-managed --compile:
    running install
    running build
    running build_py
    creating build
    creating build/lib
    copying filelock.py -> build/lib
    running install_lib
    copying build/lib/filelock.py -> /Library/Python/2.7/site-packages
    error: [Errno 13] Permission denied: '/Library/Python/2.7/site-packages/filelock.py'
    
    ----------------------------------------
Command "/usr/bin/python -u -c "import setuptools, tokenize;__file__='/private/var/folders
/9r/0kz3j9sn04d2fct1b6w2zhlh0000gn/T/pip-build-cS_8Sj/filelock/setup.py';
exec(compile(getattr(tokenize, 'open', open)(__file__).read().replace('\r\n', '\n'), __file__, 'exec'))" 
install --record /var/folders/9r/0kz3j9sn04d2fct1b6w2zhlh0000gn/T/pip-fsSRuU-record/install-record.txt 
--single-version-externally-managed --compile" failed with error code 1 in 
/private/var/folders/9r/0kz3j9sn04d2fct1b6w2zhlh0000gn/T/pip-build-cS_8Sj/filelock/


中身を晒すようで嫌なのだがまぁいいか。これもsudo使わないとダメなのかなぁ。sudoあんまり使いたくないんだよなぁ。

Permission denied: '/Library/Python/2.7/site-packages/filelock.py'
なので

sudoとも違うらしい。pythonわけわからんなぁ。エラーも何言ってるんだか不明。

あとsudo pip install chainerでやったら、少し進んだっぽいんだけどダメ。

Operation not permitted: '/System/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/LICENSE.rst'

って書いていたんだけど、LICENSE.rstというファイル自体がない。直前のディレクトリまではさすがに存在しているんだけど、ファイルがなくてバグってますね。pipが、というかhomebrewが対応できてないのかな。どこに問い合わせればいいのかいまいちわからん。パッケージマネージャのOS固有バグって報告しにくいよなぁ。

んなわけで、しばらくMacでchainer使えないな…。
Rubyも不手際とかは多少なりともあるけれど、Pythonほどわけわかんなくなってないな。

コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

iPhoneアプリの開発ができるのはMacだけ! [MacOSX]

〇〇が読めるのはジャンプだけ、みたいな感じですが、大体のマンガってその雑誌でしか読めないよなぁというツッコミは野暮なのかな。

とにかく、iOS関連のアプリを作るにはMacだけしか開発環境がないはずなのですが、最近開発してないよなぁ。Swift熱も和らいで、Objective-Cは忘れかかってるしw。iOSっていうのも特殊な感じで、OSXと全く同じライブラリを使えるわけじゃないだろうし。

今年あたりから、実機に自作アプリをアプライするのがタダになってiOS開発やろうかなと思ってはいたのですが、面倒でやってません。仕事でやってるわけでもないし、何かほしいアプリがあるというわけでもありません。これが二、三年前だったら思うさまぶん回していたのだろうけど、今となってはLinux以上に開発には使っていません。

そういやOracleがGoogleのAndroidの偽Javaに難癖つけてたな。まぁわからんでもないけど、あれはJavaの文法を使った何かでしかないわけだしな。自分たちはグレーゾーンを行っていたと思っていたら、案の定Oracleのクソ法務に引っかかってしまったってわけですね。GoogleもOracleもデカすぎて好きになれませんが、Oracleのほうが人の褌で相撲を取っているわけで、印象がすごく悪いです。今まで大丈夫だったのに、買収した親会社がいちゃもんをつけるってのはよくある話で、毎回すごく嫌な感じを受けたりします。お前らのやった功績じゃないのに、それで訴訟にもっていってカネを稼ぐとかゲスもいいところです。

なんとなくiOSで動かせても楽しいことって今はもうないんだよね。オレオレテザリングもする必要がなくなったし、何か楽しいことを思いつくってこともない。iPhoneをHackするってのも今更かなぁと思ったりもするし、わざわざJailBreakみたいな真似をするのも、必要とされるスキルと時間と手間を考えると、それなら余分に働いて残業代で何か買いたい、というところです。まぁ今の所は残業は出来ないからどうしようもないんだけども。

ちょっと前はLinuxで仮想化を絡めて遊んでいたんだけど、なんか急に熱が冷めてしまっていてやってない。そのあとDeep Learningをしようと思っていたのだけれど、なんとなく放置状態。日々の雑務に追われて暇潰しがてらに何かやるということができていなくて、ルーチンワークをこなすだけでいっぱいいっぱいになっちゃってる。


梅雨の期間ぐらいになると、手にポツポツができてかゆくなる。あまり実害はないのだけれど、小さい水ぶくれみたいなのができてかゆい。ヘルペスとかそういう類の病気の活動が活発になるとか、そういうのかもしれない。しかしどうして手だけなんだろう。最後は手の皮が少し剥けて終わりになるんだけどなんなんだろうな。感染症じゃないといいんだけど、毎年恒例なのであまり重篤ではないとは思っている。少なくとも手に出てるから性病のヘルペスじゃないんだろうけど、名前は同じウイルスだもんなぁ。

う〜ん、Macのアイソレーションキーボードはそこそこ打ち込みやすいな。他のアイソレーションキーボードは手を抜いて作っているのかキーが重たくて小指で打つキーが厳しいんだよね。できれば東プレのかHHKを使いたいところだけど、あまり会社に物を持って行きたくない気はする。異動があった場合持って帰るとき面倒だから。

さて新田恵海のAV見て寝ようっと。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Macのリコール修理から帰ってきた [MacOSX]

Macのリコール問題でおもいっきし該当してしまったので修理に出した。ロジックボードを取り替えるだけなので、大したことはしていないのだけれど、早々に量販店の修理窓口からSMSで連絡があった。普通にメールでいいと思うんだけど、なんで普段使わないSMSなのか。というかSMSと言っても普通の人にはわからないか。ショートメールのことね。多分3Gより前にはSMSという名前はなかったと思うんだけど、今では普通に通じるのかな。開発してた頃はプロトコル周りやってる人じゃないと知らなかったから。

とにかくMacが戻ってきてよかったよかった、という状態なのだが、やっぱりMacないとブログを書くのに支障が出てくるし、Windowsでやってもいいんだけど、打ち込みやすい場所にMacがあったのでそこに持っていくわけにもいかず。そもそも、ブログの中身はWeb上にあるので、どこで何を使って打ち込んでもいいわけだけど、なんとなく足が向かわないというか書く気持ちになれなかった。

https://www.apple.com/jp/support/macbookpro-videoissues/

経緯は前に書いたとおりなんだけど、

http://miff.blog.so-net.ne.jp/2016-02-13-1

まずバッテリーの膨張があって修理して戻ってきて、それでなぜか調子悪くて、窓口で見てもらったら思いっきりリコール対象に入っていた。なんでバッテリーの交換の時に直さなかったんだよ、と窓口のにいちゃんに噛み付いたら(もっと穏やかな口調ですが)、修理のログを見てみたらバッテリーを直した時点では問題が出ていなかったということらしい。

ということは、対象の製品であったとしても問題が出ていなければ交換しないってことを示している気がする。ゴネればやってくれそうだけど、内部いじられて余計壊す場合も少なくないのですよね。基本的に雇われて適当な仕事やってる奴も多いから、正直そういうのは信じてないですよ。そういう人の技術レベルを疑うわけじゃないけど、正直内部アーキテクチャも何もわかってないで作業している人も少なくないだろうし、元修理工のブログでアフィリエイトのために他社の製品にすごく毒を吐いていたのを見る限り、まともな人種じゃないなと思ったり。

そして修理部品さえあればAppleの修理センターまで送らなくても量販店の自分のところである程度直すことができるらしい。修理のライセンスがあってそういうことができる人員がいるので、混んでいなければ割とすぐに直すことができるってことらしい。ただすぐに直せやって詰め寄るのは難しい。仕事で使わないといけないとかだったらある程度は応じてくれはするとは思うけど。

ここで気付きがあった。量販店自身でロジックボードに関わるようなところも直せるというのも少し驚いたのだが(いろんなところで不均一なサービスをされるとこじれかねない)、電話でかけて持っていってもらった修理工場でやったことも、量販店で参照できるってことだ。ここまで情報共有されているとは思わなかったが、均一なサービスとしてはきちんとログが共有されていないといけないのは確かな話だよなぁと思ったり。まぁ今はVPNでもクラウドでも情報を共有するのもそんなに難しい話ではないので、きちんと情報が漏れないようにするだけなんだろうけどね。

なんでそこまでわかったのかというと普通に店員と話したからだった。守秘義務とかないのかねw。それはともかく、バッテリー交換をしたところの情報は共有されていたようだった。なんつーか、個人情報を見られているような雰囲気。まぁMac自身のってことだけれども。自分の個人情報らしいものは入れて渡さなかったからそういうのはないのですけれども、携帯とかパソコンとか個人情報の塊なところがあるから、修理に出す時には気にできるときは気にするのは基本なのかな、と。


返ってきてしばらく経つけれども、前みたいにスリープさせておいたらハングしてすごく熱くなっていたとか、画面の色が変だとか、あまつさえブートしないとか、とりあえず今の所はない。修理から半年ぐらいはサポートしてくれるはずなので、そのくらいは持ってくれないと話にならないのだけれど。ダメだったら一度近くの修理できるところに相談したほうがいいのかもしれない。買っちゃったほうが早いし、お金が唸るほどあって新しいものがいいなら、そのほうがいいのだろうけど、そういう人ばかりじゃないだろうし。

半年経たないうちに二回もAppleの修理にMacを出したわけだが、こんなこともなかなかないだろう。それもお金を取られずになんとか直してもらった。まぁどっちもAppleのほうが悪いからリコールとかしておいてお金取るほうがまずいのだろうけど。というか、もうロートルな製品ではあるんだけど、これから先SSDに換装してまだ使う予定だったりするし。そういやMacの外部のSSD対応って大丈夫なのかな。MBAirとかで汎用品を使えたり使えなかったりしたから、少し怪しいところもあるけれども、基本物理的に入れば大丈夫かな。もうMacと言えどほぼWindowsマシンと変わらないから、Bootcampとかができたわけだし。

今度買うときは、どかーんとノートにメモりを積める状態になってからにしたいなぁ。昔からパソコンの寿命は載せられるメモリと、OSとアプリケーションが要求するメモリがあわずに、RAMが不足している場合が非常に多いからねぇ。スワップが発生しちゃうと動作速度がどうにもならないけど、正直CPUの遅さっていうのは相当なレベルじゃないと問題にはならない。そこは用途によるところだけど、パワーが必要なところはWindowsのデスクトップマシンに任せればいいことだし。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット