So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年08月| 2017年09月 |- ブログトップ
前の10件 | -

趣味を職業にするなと言われた時のこと [徒然]

高校の時に、趣味は仕事にしちゃうと辛いぞーと先生に言われた時がある。確かにその一面はあるんだろうなと思ったけど、趣味であったプログラミングを職業にした自分としては、職業にしたいとまで思わない趣味は趣味じゃないという気はしている。

趣味によって稼ぎにくいとか、ほかの職業に潰しが利きにくいとかはあると思うし、実際仕事としてしまうには踏み込みづらい。僕の場合は、SE稼業しか就職氷河期には就職できなかったというのもあるのだが、プログラマー自体をしていたのは良かったかなと思っている。

奥田民生と岸田繁と妻夫木君がボクらの時代に出ていたのだけれど、プロになりたい人がいるけれども、プロになるより音楽を楽しんでやっている人の方が結果的にいいんじゃないかなぁということを言っていた。音楽でプロになるというのは、バンドだとかだとさらに難しくなるんだろうけども、意図的に売れたいというのは無理な話で。

それが裏方の作り手だったら別だけど、アイドルの握手券をつけてつまらないCDを売るゲスになりたいかと言われれば、そんなくだらない曲量産したくないというのは音楽に携わっていたら誰もが思うだろう。やっぱり売れるにしたって実力というか、まともに自力で売りたいという気持ちはあると思う。

やっぱりやりたいことをやって仕事にするというのは楽ではないけれども、モチベーションは上がりやすいのは確かだ。やりたくないことをやって仕事にするというのも結構しんどいことなんじゃないかと思う。ただ、やりたくなくても仕事をやれて稼げてしまう人は、それなりに優秀な人なんじゃないかと思ったりします。仕事のための仕事というか、稼ぐための仕事というのは、レベルを高く保つのは難しいんじゃないかと感じます。

趣味を仕事にするなと言った意味としては、好きなことで行き詰まると職業としても趣味としても辛いから、趣味は別に息抜きとしてとっておけという気持ちがあったのだと思います。でも、片手間にできる趣味ばかりではないし、やっぱりしたいことを仕事にすること自体に悪いことは本来ないし。売れにくい趣味で成功できればいいけど、つまらない仕事でそこそこ仕事していてもらえるお金をはるかに下回るのは割りを食っているとしか思えなくなる時も来そうな気はするよね。まぁバイトしながらじゃないと食えないような職業は、若い時しかできないのだろうからやれるときはやっとけという気はしているんだよねぇ。

なんにしても好きで継続してできることについてはやるべきかなとは思う。それがお金になるかどうかは別にして、好きだったらやればいいじゃん誰がなんと言おうと、という気はする。基本、人に迷惑をかけなければ何やってもOKだと思うけどね。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Twitterまとめ投稿 2017/09/20 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/09/19 [Twitter]


コメント(0) 

きついのになぜ低賃金 [徒然]

多くの人材不足の職業では、色々なつらいことも多くて人が集まらない。人が集まらないのに賃金を積極的に上げないから、やっぱり人は集まらない。なぜこういうミスマッチが起きるのだろうか。

福祉関係には今後人手が見込まれるのに、老人ホームなどには求人が押しかけているという話は聞かない。人が来ないから賃金を上げているという話もほとんど聞かない。経営者が儲けるには賃金を上げるなんてできないと思えるような状況の話を聞いたことがある。そりゃ集約的な仕事に人件費をケチれば儲けはたくさん出るだろうよ。福祉といっても老人などを助けるとか言う話じゃなくて、金をいかに搾り取るかということになってきていると思う。

賃金を上げるべきなのに、その仕事に従事しようという人の善意的なものにかこつけて、お金的なモチベーションを上げることもない。雇う方の言い訳として、賃金を高くすると金だけを目当てにしてくる人間が増えてサービスがおざなりになる、ということを言うのかもしれない。だけど、状況を分かっていない人間が入ってきて、キツいわ金稼げないわで仕事が適当になるほうがもっと問題なんじゃなかろうか。

土方をやっていて大した学歴もなくてもそこそこ稼げるのは、肉体労働と危険な環境を甘受しているからだろう。金と労働の取引なのである意味では対等であろう。でも福祉とか保育園とか幼稚園とかはそれだけで暮らしていけるだけもらえないケースだってあるらしいからひどい。なんというか、やりがいのある仕事を言い訳にして、低賃金で搾取されているとしか思えないんだよね。しかも、社会的になくてはならないもので、事によっては重大な結果を生むことも多いんだし。

東南アジアから介護に人を入れるって話もあったけど、なんか外国の人に失礼な気はするよね。みんなやりたくないから外人にやらせるみたいな感じがしてならないのだ。まぁイヤイヤ日本人がやるよりか、賃金も安いのでロボット的にでも外人にやらせた方がいいと考える国と経営者の考えなのだろうが、押し付け感がハンパない。結局、経済的にどう解決するのかが問題になっているのだろうけど、個人の人生の質としては低くならざるを得ないわけで。

老人は金を持っているからたくさん金を持っていかれて低いサービスを受けざるを得なくなり、若い世代はお金がないから育児に金はそれほど払えないから、保育の現場にはお金が入って来ず、末端の人間にはお金が入ってこない。今までは専業主婦だとか地域社会が子供を育てていたのだけれど、今は共働きでないと潤沢に生活資金が稼げなくなっている。国でも女も稼げみたいなことを無理くり言っているけれども、それに対する対策が非常に薄くていつもの口だけの自民党なのがうざい。

20年間不況が続いて、自民党の三本の矢も実質一本しかなくて、その一本の日銀頼みもほぼ失敗してしまった。なんにしても好況にならずとも、必要なところにお金が回る世界になって欲しいものだ。老人ばっかりの選挙民で、子育てに金が回せないとか日本が没落しろと言っているようなものだだし。まぁそれまで人口増加での好況に沸いていた自分たちは、死ぬまで逃げ切れればそれでいいんだろうけど、公共財というものは未来に繋がるのを前提としているわけで、途中で終わりですと打ち切るわけにはいかないのだ。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Twitterまとめ投稿 2017/09/18 [Twitter]


コメント(0) 

初めてPowerShellを使った [ソフトウェア]

PowerShellなんて何に使うのかわからなかったけど、使い道は一応一つはあるんだって話。

Windows10を使っていて、bashでネットワークのディレクトリにアクセスしようとしたら、そんなパスはないと言われた。よく考えたら Bash on Windowsを動かしているコマンドプロンプトは素のままでも、ネットワークのディレクトリはcdで移動できなかったりしました。

もしかしたらと思ってWindows PowerShellを使ってネットワークのディレクトリをcd と打った後にウインドウにディレクトリを落として実行すると、普通にネットワークのディレクトリに移動できて、リネームのコマンドが使えた。Sambaというかネットワーク接続をしているサーバ内でコマンド処理をしたい場合は、PowerShellを使いましょうという事でした。

実際使ったのはリネームのコマンドで、

dir | rename-item -newname { $_.name -replace '_','-' }


アンダーバーをハイフンに変更した。数が数百になると手でやれる量じゃない。
あまりに長すぎて覚えんなぁ。Linuxぐらいシンプルだと応用も聞いていいんだけど、リネームだけなんてつぶし効かねーし使うときまたググって調べそう。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1411/07/news133.html

実は同じことをDOSのバッチでもできるのだが、ネットワーク先がコマンドプロンプトで移動できないので結局PowerShellを使うか、ネットワークからファイルを引きずり出してローカルで処理して戻すぐらいしか考えがない。

http://d.hatena.ne.jp/jak-san/20090402/1238671393

そういやPowerShellでbash on windowsを動かして、ネットワークのディレクトリに移動できないのかな?
あ~できないわ~。PowerShellを前面に押し出すなら、そういうところを簡単にBashへブリッジしてほしい気はしました。Sambaクライアントとかなんとか使えばできるのかな。というか、Sambaはコマンドラインで使ったことがないんだけど…。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2017/09/17 [Twitter]


コメント(0) 

MSのOSSの歩み寄りがちょっと気持ち悪い [プログラミング]

GitHubへの貢献(?)が一番多いというベンダがマイクロソフトらしい。自前でコードリポジトリを立てていたらしいがCodePlexはおしまいという事らしい。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1707/18/news003.html

MSの事だからWindowsとOSSのブリッジ部分ぐらいなんじゃと思っていたけれども、それは今は昔みたいだ。とはいえ、自社の.NETのCore部分だとかオレオレ的なものが多いのは当然な事だったりする。そのうちWindowsまでOSSにしてしまうんじゃないかという勢いだけど、それはないだろうなぁ。あっても盛り上がるのは最初の時だけで、色々制限が出てきてウンザリして去ってしまうのだ。AppleのDarwinしかり、SunのOpenSolarisしかりである。

ともあれ以前言ったようにパソコンが仕事の道具と化して、開発者が使うものになっていくことから考えると、MSのOSS戦略は理にかなったものとなっています。思えばBash on WindowsもLinuxと親和性を高めるために必要な技術で、中途半端にPythonが使えますよとかやっているよりか、仮想化をしなくてもLinuxが使えますよという風に人を呼び込んだ方がいいと思ったんだろう。何にしろ、WindowsにOSSをローカライズするのが面倒なんだろう。元がアップデートしたらそれに合わせてWindows用のパッチを当てるとかいたちごっこもいいところだ。

それと外向きのサーバのWebアプリでMSのソフトを使うってのは自殺行為に近いんじゃないだろうか。他のOSSにしても脆弱性はたくさん見つかるわけだけども、IISを好んで今も使っているっていうのはあまりないんじゃなかろうか。あれだけ問題起こしたもんね。企業で内向きに作るとして脆弱性はあまり考えなくて良いにしても、IE6あたりの非互換性も嫌な思いをした人も多いだろう。あえてASP.NET、IIS、IEの組み合わせで作りたいと思う人も少なくなったと思う。今はOSSもお手軽に使えるようになったので、わざわざWindows上で動かそうという気にならないんじゃなかろうか。

そのわりにはSQL Serverとか人気があるんだよな。というか、Oracle嫌いでサポートは欲しいユーザー企業の受け皿になっている気がするんだよね。調子に乗ってSQLServerをLinuxでサポートするとかやってた気がする。無理やりよくやるなぁとは思うけれども、需要があると見込んだからには頑張って売るんだろうな。どうでもいいけどSQL Serverという名前も直球すぎて他のRDBも大抵はSQLなSeverじゃねぇのという状態ではあったりする。

AzureでOSSを動かすとか言っていろいろやっているみたいなんだけど、実際どこまで本気で使われているんだろうかと不安に駆られてしまう。別に不安になる必要はないんだけど、騙くらかされてAzureでOSSとかコンテナとかやっちゃうユーザー企業が出てきそうでならないんだよね。

Office365を無理やり使わされたユーザー企業に居たことがあるんだけど、新機能を無理やり導入させられていたもんな。メリットはないわけじゃないんだけど、普通はそういう運用はしたくないなぁということをやっていた。そのうち、運用でもうちっとマシになりそうな気はしたが、そこまで強く引っ張ってくれるベンダーじゃなかったし、いい実験場にされていた感じ。というか、もう事務作業なんて枯れていていい時期なのに、イノベーションとか何とかそそのかされてやっちゃったんだろうな。

バージョン管理のサーバをやめてGitHubにしてください、って言っちゃう企業にOfficeの新しく使える機能なんて自ら作れるわけがない。新しくExcel関数を増やして過去との非互換性を作るのが関の山だ。まぁMSなんて誰かが作ってくれた市場を押しつぶして占有することしか能がない会社だから、こんどはOSSだとぐらいしか思えないんだよね。まぁOSSにしてもMSに全てやられるほど懐が浅いわけじゃないし、どう頑張ってもMSにはたどり着けない場所に行ってしまっているわけで。

ただクライアントOSとしてのWindowsは悪くはないと思うよ。Windows10のゴリ押しには辟易したけれど、お手軽にパソコンを使えるという点においては、Linuxの出る幕ではない。よくDesktop Linuxで古いマシンも使えるなんて初心者に向けてやっていたけれど、何か問題が起きてもきちんとフィックスしてくれるわけでもないしね。多くは自分でやれで終わり。そんなもの多くの人が使うはずがない。確かにWebアプリも増えて、Firefoxが入っていればWindowsやMacと同等のことができる。でも、それ以上でもそれ以下でもないんだよね。昔よりか改善した程度。少しずつ良くなってきているとは思うけど、Windowsでさえ手こずる人間がいる中で、普及するかといえば見ての通りで。まぁトラブルがなければLibreOfficeもあるし使えないことはない。


MacもiPhoneやiPadの台頭でシェアを伸ばしてきているらしいけど、教育現場ではChromebookとかに食われてトントンな感じじゃなかろうか。日本の教育現場はどうなんだろうか知らんが。もはやMacBook Airが出てきた時のような飛び付き方はしない。実際、食指が動く製品はないし。少なくともmacOS方面では期待はしていない。というか一時期iOS以外は完全に見放していたからなぁ。Mac miniとかMac Proとか死に体の状態の製品があるわけだし。

まぁ伸び代としてmacOSには見込みがない上に、iOS用アプリ製造機の様相を呈してきているわけだしなぁ。UNIX的なCUIのところも、Win10のBash on Windowsであまり目立つ良い点ではなくなってしまっているし。最近やっとAPFSが本格導入されるぐらいで、良い話があるわけではない。クリエイティブ系が良いなんて話はとうの昔に去ってしまったしねぇ。悪いわけじゃないけど、良い話もない。特にハードウェア的にいい話が全くない。それはWindowsも似たり寄ったりだけれども、ほぼアーキテクチャが同じになってしまったのだから仕方あるまい。

Intelのノート用の低TDPのCPUが4コアまで増えたのはいいことかな。最近のMacはうすうす傾向だし、使えるCPUが速くなる。またCPUの対応がほったらかしにならなければいいのだけれど…。MSの話で言えばXamarinかな。興味も仕事もないからあんまり知らないのだけれど、クロスプラットホームというのはかなり難しい話ではあるよね。Webブラウザなんかはよく成り立っているなと思うんだけれど、パクリパクられしているうちにデスクトップOSは均一化してしまったのかもしれない。

そういやGolangなんかはクラスプラットフォームを前提に作られていた。クロスコンパイルも普通にできるし、初めからそういう仕掛けを作っている言語っていうのも今時なのかもしれない。というか、あまりプラットフォームに縛られていると普及に足かせとなりかねないしね。とはいえ、その実力はワーム作りぐらいにしか役に立っていなさそうだ。

MSにしてもWindowsだけに軸足を埋めているわけにはいかないらしく、危機感を持ってOSSに進出しているのだろう。AppleもSwiftを渋々OSSにしたわけだし。そのわりには、主要部分が普通に使えるぐらいにしか整備はしてくれていない模様でした。あんなにいろんなところが工事中だったらOSSとして使えないよ。Goと共にコンパイル言語の新二大巨頭になって欲しいのに。結局、SwiftはiOS開発用として終わってしまうのだろうか。あんなにOSSにしてくれと騒いだ割には外部コミュニティが活発に活動しているという感じではないし。まだC#のMonoの方が物になっている。実際Xamarinに発展したわけだし、Swiftもそのくらいには頑張って欲しいところです。

ただApple系のOSSはMacPortsを見るにつけ腐っていると言わざるを得ませんでした。ガンガン不具合報告が上がってきているのに解決済みと言うばかりで、問題があるから言っているのにわけがわからない状態でした。まぁHomeBrewがあったからいいものの、MacPortsって元Apple社関係の人がやってたんでしょ? あれはいただけなかった。あんなものコミュニティでも何でもないでしょ。使う人のレベルが低かったにしてもあそこまで酷くはならないんじゃないかな。

Open Darwinもあったんですか的にポシャってるし。結局、商業的な会社がOSSに中途半端に手を出すとそういうことになるってことですよね。MSはガチできている気はするのですが、どこかで踏み込めないんじゃないかと思っています。そもそもGPLとか商用とは水と油のようなものだし。実際、GPL汚染とまで言われてしまっている。GPLの効力をわからずに使っちゃったからいけないんだけどね。Ciscoとか散々痛い目にあったんだろうと思うのだけれど。でも、その程度で揺らぐようなちゃちな会社じゃないよね。どこに行ってもガンガンに使われているし。


ただIron Python頃のMSとは違うOSSへのアプローチをしているなという感じはする。それがMSにとって最良のことなのかどうかはわからないけど、技術者にとってはOSSへの選択肢が広がることはいいことなんじゃなかろうか。ちょっとしたツールを使うためだけでもBash on Windowsを使ってみるというだけでも、全体のリテラシーを上げる一助になろうものだ。というか、いちいちLinuxも使えない学生を一から鍛えるとか面倒くさすぎる。

わざわざLinuxを仮想環境でインストールする手間をかけたくない人でもお手軽にできる環境というのは今時は必要じゃないかと思うのだ。また前世紀終了時頃のLinuxインストールブームを起こすことなんてできないし、無理強いしてやるものでもなかろうと。ただ単にaptでHTTPDを入れて立ち上げてアクセスするだけでも、初めの頃は俺ってすげえ感は味わえると思うんだよね。スマホで足りてくる世の中では、パソコンで開発しようとする割合も減ってくるだろうし。Webは誰かが提供してくれるものだけじゃなくて、自分で作り出せるものなんだと自分の手で早めに確信して欲しい。


コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2017/09/16 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/09/15 [Twitter]


コメント(0) 
前の10件 | -
2017年08月|2017年09月 |- ブログトップ