So-net無料ブログ作成
検索選択

最近いくつか漫画読んだ。 [本]

やっとこさ、UbuntuでMozc入れて日本語入力ができるようになったです。Google日本語入力がLinuxのがあった気がしたんだけど今はないな〜。

ともあれ、計画的に&突発的に漫画を買いました。まずはハンター×ハンター。

HUNTER×HUNTER モノクロ版 34 (ジャンプコミックスDIGITAL)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 34 (ジャンプコミックスDIGITAL)

  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/06/26
  • メディア: Kindle版



HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 冨樫 義博
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/06/26
  • メディア: コミック


まぁ安定した面白さではあるけれども、正直ヒソカと団長との戦闘の読み合いがクドい。そこが面白いところでもあるのだけれども、正直あまり文字を読みたくない気はする。クリエイティブでクレバーな戦闘は、ジョジョの奇妙な冒険からあるのだろうけど、正直ジョジョぐらいじゃないと読むのがしんどすぎる。よく考えているのはわかるんだけど、そこを演出的にどう工夫して見せるかというところが欠けている気がする。

ともあれ、やっと連載も再開されたとかで新大陸編も進むことでしょう。というか、王位継承戦とかも結構面倒な感じ。とりあえず王子たちの念が気になる。しかし暗黒大陸にたどり着けるんでしょうか。なんか冨樫的なカタストロフィーが起こりそうな予感。というか、団長も絡んでくるみたいだから、さらに面倒な感じになりそう。当然ヒソカも入ってくるだろうし。ゴンは一騒動終わった後にキルアと共に投入される気がするな。それも一緒に入れるとごちゃごちゃしすぎる気がする。

暗黒大陸に入るまでに40巻は超えそうな気がする。冨樫さんにはもう少し楽しませてほしいものである。正直、設定だけで面白い時期は過ぎてしまったから、これから作家としての設定をどう使うかの勝負になってくると思う。クラピカは主人公張りに出ているが、レオリオもちょこっと見切れていて活躍してほしい気はする。にしてもゴンたちはどうやって追いつくんだろうな。


もう一つはNEW GAME6巻。インターンでの新しい娘たちが入ってきての展開。

NEW GAME! 6巻 (まんがタイムKRコミックス)

NEW GAME! 6巻 (まんがタイムKRコミックス)

  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2017/06/27
  • メディア: Kindle版



NEW GAME! (6) (まんがタイムKRコミックス)

NEW GAME! (6) (まんがタイムKRコミックス)

  • 作者: 得能 正太郎
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2017/06/27
  • メディア: コミック


元気系と巨乳ちょいツンデレが入ってきたけど、連載を長く続けようとすると人数を増やして何とかするってのは安易な気がするな。キルミーベイベーとか基本3人+αだし、面白いというのは人数が多ければいいって話じゃない。基本多すぎると、キャラが被るわブレるわで、相当上手くハンドリングしないとゴチャゴチャしてしまう。

アニメ二期目がやるらしいですが、一期は途中で見るのやめて放置。アニメ自体悪くはないのだけれど、単行本読んでいるからそんなに見る必要性を感じなくなってしまった。とりあえず、今日も一日がんばるぞい!で入った自分としては、萌えだけで持たせるきらら系のマンガは辛いことも多い。ゲーム業界って言っても、こんなに女子が多いってことはないんだろうなぁ。まぁ基本百合が描きたいらしいので、男はいらないのだろうけど全くと言っていいほど噛んできてない。まぁ読者はそういうのは望んでいないのだろうが。

まぁ6巻にもなると新たなる展開が求められるか、惰性で同じものと維持していくのかに分かれるよな。まぁ百合系は好物ですよ?w。かわいければいいってものなのかもしれない。


最後に突発買いのマンガ「精神科ナースになったわけ」。

精神科ナースになったわけ (コミックエッセイの森)

精神科ナースになったわけ (コミックエッセイの森)

  • 作者: 水谷緑
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2017/04/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



精神科ナースになったわけ (コミックエッセイの森)

精神科ナースになったわけ (コミックエッセイの森)

  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2017/04/17
  • メディア: Kindle版


不謹慎っぽいが病んでいる人が出てきて面白い。病んでいるから変なのは否めないんだけど、病んで普通じゃない事をする人にも、そうする理由と原因があるという事だ。帯にもあるんだけど、おかしいとおかしくないの境界線ってどこなのかなと確かに思う。明らかに精神的に病気だと思われるけど、病院に行ってなさそうな人は結構電車に乗っているといるもんね。

妄想に関しては一番面白かった。明らかに他人から見ると妄想だとわかることでも、本人にとっては切実な事実であろうことだ。そうじゃなかったら、普通に生活できているんだろうけど、普通に暮らせないほどの問題だから精神の病気なのだろうなと思うわけで。

あとリストカットの少女の話も過去のトラウマが原因で、かまってちゃんなのかなと思われつつも、自分はそう思ってない感じがしていた。でも実際かまってほしいだけじゃないところもあるみたいで、リストカットそのものとかまってほしいのが直結しているとも限らないのかなと思った。ただ痛いのは嫌なんだけど、傷跡を見ている方が痛い印象があるので個人的にはやってほしくないなと思う。

印象に残っている言葉として「生きたいから 生きづらいと 死にたくなるんだよ」というのが的を射ていると思った。幻聴妄想かるたの一つだけど、普通の人が考えていることより切実さがあるのか、主人公もズキューンと胸を射抜かれていた。生きづらいから死にたい、というのは、あまり精神的にいい状態ではなのだが、誰にでもそういう死にたくなる時ってのがいつかは訪れるものだと思う。だけど、ほとんどの人はそれが短かったり弱かったりで病院に行くほどじゃないのだろうけど、それでもうつ状態になって精神科とかにかかる人は少なくないだろう。

見ているとそこまではないけど、生きていると片足を突っ込むことはあるよなという事が少なくなかった。病院には精神でも体でも入院したことはないのだが、できれば入院するほどひどくはなりたくないものではある。他人ごとではないのかもしれないけれど、やっぱり職業物は読んでいて楽しいことが多い。楽しいというか興味が惹かれるマンガでした。そんなにたくさん読みたいものじゃないけど、そういう人がいてどこかで暮らしているのだなぁと思うと感慨深い気はする。

コメント(0) 
共通テーマ:コミック

Twitterまとめ投稿 2017/07/04 [Twitter]


コメント(0)