So-net無料ブログ作成

MacでHHKB使えた〜 [MacOSX]

前にデバドラがなくてHappy Hacking KeyBoard Liteを使えない時があって、今時デバドラがなくて使えないことなんてあるんだと呆れた。MacOSにとってそんなにキーボードって特異的なものなのかと気になったけれど、それにしたってIntelアーキテクチャにしてWindowsが素で走るようになってから、キーボードもWindows用のを使えるようになったはずなんだけど、それってやっぱりOSレベルの話だったっけ。

とにかくLionあたりかそのくらいの時に使えなかったんだけど、最近のOSになってデバドラが出ていて入れてみたら動いた。しかし、キーボードのデバドラ入れるのにOS再起動ってありえないだろw。UNIXとしてもカッコ悪すぎるわけだが、色々考えてインストーラを作るよりもとりあえずリブートかければいいと考えたんだろうね。まぁ富士通のレベルなんてこんなものだろうし、わざわざMacにリソースを割くなら他のことしたいというのは当然のことでもある。Mac専属の人間がいないとしたら、それは致し方ないことなのかもしれない。でも、OS再起動はないでしょ。最近のWindowsだってそういうこと少なくなったっていうのに。

でも、昔はノートを使うのに外付けキーボードを使うなんてアホだぁと思っていた時もあったんだけど、ある時テレビか何かで外人がノートにキーボード付けて使っているのを見て、そういうのもアリなんだと感じた。そのあと夏でパソコンが熱いのでHHKBを買って使ってみると思いの外使い勝手が良かった。机の上は狭くはなるものの、アルミユニボディが直に温度を伝えることを考えると妥当な方法なのかなと思う。もともとMacのキーボードは出来が良い方なのだが、廉価版とはいえHHKBに勝てるものではない。

今までMacOSXのデバドラ開発に手をつけることはなかった。WIndowsとかよりかは情報が開示されているらしかったが、特にそこに手を入れる必要性がなかったので、やろうという気にはならなかった。オープンにしてくれるのはいいのだけれど、実際に使う人が多くならないと意味ないよなぁと思ったり。結局売りとしての機能じゃなく、売り文句だけであったのであろう。実際恩恵にあずかった人間はいても、キーボードのデバドラでOS再起動しないといけないほどの情報しか出ていなかったのかもしれない。なんにしても個人的に発信する情報が少ない分野は、ベンダー側がきちんと情報を出してほしいものです。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2017/06/05 [Twitter]


コメント(0)