So-net無料ブログ作成

久しぶりにWindows7を入れる。 [ハードウェア]

まず起こらないと思っていたSSDが壊れて、中身のアップグレードしたWindows10が死んだので、Windows7に戻した。なんかWindows7入れるの久しぶりだなぁ。7のサポート期限っていつまでだっけ?オリンピックまでぐらいだった気が。2020年 1月14日かぁ。老い先短いな。

ともあれ、あと二年くらいは使えるわけで、その時にWindows10にすればいいやと思ったり。そもそもパソコンのハードが古いので、わざわざWindows10のライセンスを無駄にすることはない。やっとWindows10はこなれてきたけれど、Windows7でも何ら問題ないなと思っている人も多いはず。実際、企業遣いとしては2020年の期限を気にしながらも継続して使うというのが普通じゃないでしょうか。特に企業内でOSを統一している場合は、Windows10は拙速という事になるんでしょう。

それで壊れたSSDは戻らなかったので、新しいSSDを買いました。一時期の安さから言うと高いのですが、たぶん安かった時期がちょっと異常だったのだろうと思います。Sandiskの240GBを1万円強でお買い上げ。安い時は半額までは安くはなかったけれど、かなり値下がりしていたことは確か。恐らくフラッシュメモリが供給過剰になっていたため、値崩れを起こしていたのではないかと思われる。量産効果と買う人が多かったのとが安値に傾倒したのでしょう。

それにしてもWindows7でSSDってこんなに起動が速かったっけ。240GBあるからみんなアプリも入れちゃえるのでサクサク感がたまらない。いやWindows10でもそうだったんだけど、気になるところが別にあったりして素直に楽しめなかったりした。Optaneとか出たけどHDDの容量がSSD並みの速さになるのはうれしいことだ。ただ新しいハードと特別なWindows10を新しく使わないといけないというのが玉に瑕だけれど。


Windows7を入れていたら最終的にパッチが250個ぐらいになった。一気に入れるときになると203とか出てたな。そんだけ多いのだからダウンロードするファイルも重く、いっぺんに1GBくらいダウンロードしていた。こういう時は光回線がありがたい。まぁADSLなどのメタル回線だってそんなに問題があるとは思えないんだけど、今となっては無線を除くと光とケーブルテレビぐらいしか選択の余地がないからなぁ。

一気にパッチを当てるのも面倒だったんだけど、wannacryとかが気になってはいたので、データHDDを外してアップデートを繰り返した。Windows Updateをやってもやってもパッチが後から後から出てくるんだよね。200越えたらSPを出すのが普通だと思うけど、MSは面倒くさくてやらないっぽい。とはいえwannacryとかはまともなルーターだったらまず感染しないだろうから、そこまでは心配はしていなかったけど、ヘボい会社は感染してしまったというニュースがあった。さすが日立というところかw。それにクリティカルなデータを扱う医療系とか意味わかんないんだけど。

そんなこんなでWindows7マシンが出来上がりました。ソフトウェア的には最新だけど、ハードウェア的にはロートルだよなぁ。RAMはMAX8GBだし、CPUはSandyBridgeだし。だけど、全然遅さは感じないよ。これも会社とSurface3が遅いのに慣れたからだろうな。それにしてもノートってのは可搬性を気にしすぎていて、電気の消費量をかなり厳しくしているよなぁ。それでMAXパワーがかなり落ちる。Atom系は継続した処理なら問題ないけど、一気に処理力を必要とする場合は非常にとろい。

マルチスレッドで対処できればいいのだけれど、瞬間的に処理量が増える場面では、準備ができていない場合はシングルスレッドで対応するしかない。gccでコンパイルみたいな待ち受けて処理する場合は、マルチスレッドで時間短縮もできるのだろうけど、そもそも処理に体感速度を求めていない処理だったりするしね。

そういう意味では基本シングルスレッドだったFlashは重くてスマホに載せられなかった理由もわかろうもの。HTML5ではマルチスレッドに対応しているという謳い文句は特にはなかったけど(実装の問題だから)、JavaScriptのイベントモデルではマルチスレッドに対応しやすいような気がする。


それにしても最近のCPUはコア数がまたかなり多くなってきていて、Core i9を出すとか出さないとか言ってる。
http://japanese.engadget.com/2017/05/30/core-i9-5-12-18-cpu/
あ~Core i9実際に出すんだねぇ。12~18コアとか鬼だなw。AMDのRyzenが予想以上に出来が良かったので、抑え気味だったコアの増量を一気に出してきたという感じ。う~ん、僕としては一つ10万円以上(999ドル)もするCPUをパソコンに入れる勇気はないな。財力もないし用途もない。それよりかシングルスレッド能力が高めなモデルを買った方がいい感じはする。基本パソコンは自己満足かコスパの世界だからねぇ。

とりあえずCore i5かi7が余波で安くなることを願いつつ、RyzenがGPUを乗せたAPUバージョンを待ちたい。いまはもうRAMも軒並みDDR4に移行しているんだよなぁ。使う用途は正直ないんだけど、一つは現状の速度のマシンを持っておきたいという誘惑にかられる。とはいえ、SSDが高い現状としては、新しい中身を購入する気にはならなかったりする。一度安い時代を経てしまうと、また安くなるんじゃないかと二の足を踏むいい口実になってしまうのであった。まぁ大して使いもしないパソコンに大枚をつぎ込む意味はないわけで、何かそれを生かせる遊びがあったら買ってしまうのになとちょっと口惜しい気もする。

いつかは壊れたり遅くなったりして買い替えが必要になってくるわけだけど、昔に比べたら処理のために放っておく時間ってのは少なくなって、速さを金で買うような時代ではなくなってはいるんだよね。一時期はエンコードなどのために色々腐心してパーツを寄せ集めていたわけだが、そうすることもなくなり色々なことがネットで済むように時代になってしまった。パソコンのパーツすらヨドバシでネット通販するなんて一時期を考えると考えられない感じではある。

最近はLinuxに傾倒していたわけだけども、プログラミングもWindowsとかMacに回帰するのも悪くないなぁと思い始めている。何にしてもGUIでプログラミングできるというのが、Windows95から入った人間としては気持ちがいいのだ。それにWindowsプログラミングをするためにC/C++を使いはじめた自分としては、そこいらは続けてやるべきなんじゃないかと思うところもあったりする。最近はネットを探せばただアプリがない分野はないともいえるほど充実している。でも、だからこそ自分で手を入れるべきなんじゃないかという気持ちもある。


コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2017/06/01 [Twitter]


コメント(0)