So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ
前の10件 | -

一周回ってどうでもいい話 [徒然]

テレビが面白くない。特に夕ご飯時のゴールデンタイムの劣化が激しい。昔はくだらないけど面白いものはあったが、今はくだらないだけで面白くないか、くだらない状態にも至っていない。バブルの頃にテレビを浴びるように見て育ったのだが、やはりつぎ込む金が少なくなっているんだなと思わせる。どうでもいいけど、やたらたくさんタレント出してグダグダな話を続けるのだけはやめてくれ。ほんとにつまらない。仕事から帰ってきてテレビをつけても、一周テレビ局をザッピングして回って、NHKに戻ってニュースを見ている。なんでこんなにも見るものがないんだろう。

大体の曜日に夜はこの番組を見たいというのがあったが、そういうのがほとんどない。年を取って興味が失せているというのもあるが、面白い番組というのはそれなりにあるのだが、金をつぎ込めるスペシャル番組しかなかったりする。まぁ昔見たことがあるなぁというのはまだいいとして、そんなの深夜番組でやっとけよというどうでもいい番組ばかりで困る。恐らく、番組の作り手が媒体としてテレビしか見ないような奴らしかいないのも問題だろう。そしてタレントも安定はしているが大して面白いわけでもない人が大勢いる。ホンジャマカの二人とか何が面白いの? まだデブネタで固めている方はいいが、恵という意味の分からない司会をやっているけど面白くもなんともない人っていうのも今の時代には代表的だろう。

テレビ局側のブッキングも司会者がお笑いから司会をできる人を欲しているらしく、結構同じ人ばっかり使われる。宮根はお笑いじゃないけど、お笑い系統ではあるよな。犯罪的な行為をしているけど、しれっと報道で道徳的な文句を垂れていたりして、お前が言うなという状態になっている。報道側が週刊誌にすっぱ抜かれているようではダメだよなぁ。そういう意味では古館はウザいがまだマシだったと言える。

それにしても、一周回って知らない話とか、そんなこと知りたいとも思わないよ、という事ばかりで笑う。笑うと言っても面白いわけじゃなく作っている側に失笑。本当に内容的に深夜枠のクズ番組みたいで酷い。深夜枠は嫌いじゃないけど、深夜のテンションで暇をつぶしているという状態だから見られるっていうのもあるよな。それをゴールデンタイムに持ってくるとか正直ウンザリする。

正直、NHKもそれほど興味があって見ているわけでもない。他のものが見るものがないから見ているだけで、NHKも民放に寄せてきているからあんまりうれしくない。昔はNHKスペシャルとかもっと興味深いものがあったんだけど、そういうのも少なくなったような気がする。NHKですらWebの動画のネタを借りてきていたりするから、どんだけトピックがないんだよと飽きれもする。面白いことに慣れてしまっているのもあるとは思うんだが、もっと考えて番組を作らないといけないんじゃないかなとは思う。

それにしても小林麻央が亡くなったから海老蔵ばっかり出ていてウザい。報告しなくてもいいよ。そういうところ、天性の芸能人だよな。NHKに変えてみたら「ひよっこ」で嫌いな桑田佳祐が歌っていたが、最後のところとかがPet Shop BoysのGo Westそのまんまパクリやんけ。ペットショップボーイズだってきちんとカヴァーしているのに、そういうパクリ方はないよな。

いい加減サザンも桑田も嫌い。なんで売れるのかはわかるけど、そういうパクリとか平気でするところとか、面白いのとひょうきんだけなのを勘違いしているのもウンザリする。


コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

Twitterまとめ投稿 2017/06/24 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/06/23 [Twitter]


コメント(0) 

nvencを使おうとして、CUDAでハマる、GT1030の罠にハマる [Linux]

NVENCはCUDAが必ずしも必要じゃないって、Windowsだけの話じゃん。というわけで、CUDAインストールでハマっているものです。CUDAインストールするとUbuntuが起動しなくなります。aptから入れると大丈夫なのですが、NVIDIAのリポジトリから入れるとブートしない状態になっています。NVIDIAも結構ポンコツだな。というかLinuxの技術者が自分と大して違わないほど寸足らずか。nvidia persistence daemonとやらが悪いのか、そのあとでブートを妨げる何かがあるのかよくわからない。

Video_Codec_SDK_8.0.14というのを取ってきて、サンプルファイルを動かそうとしているのだけれど、とりあえずコンパイルが通るようになったものの、ビルドできた実行ファイルが思うように動かない。エラーだとcudaのcuInit()が動いていないみたいなエラーが出るのだが、コンパイルの時にCUDAが入っていなくてもコンパイルは通る。CUDAを入れたり入れなかったりで不安定な中で少し不確かではあるのだが、CUDA関係でコンパイルエラーが出たことはなかった。CUDAはOptionalで入れても入れなくてもいいみたいな書き方をしているけど、サンプルファイルをそのまま実行しようとするとCUDAが必要みたいな感じになってくる。NVIDIAのドライバは必須なのだが、それだけでは動かないのだろうか。

そして、そもそもドライバのNVENCの機能が動いているかどうか怪しい。Video Codec SDK 8.0を落としてきて使っているのだが、それ自体でインストールされる機能はなく、サンプルファイルとヘッダファイルとドキュメントが入っているだけ。だから、nvencが実装されているドライバを入れれば動くはずなのだ。SDK8.0が要求するドライバのバージョンが結構高めで、UbuntuのAPTから入れられるnvidia-cuda-toolkit 7.5とか、NVIDIAのリポジトリから入れるCUDA 8.0とかでは、一緒に入れられるドライバがSDK8.0の基準にみたっていない。CUDAは必要。でもそのCUDAはドライバが古い。どないせいっちゅうねんw。

色々試してはみたものの、そもそも自分のGPUではCUDAが思うさま動いてくれてないようなのだ。CUDA自体なのか、ドライバを入れる時点で問題がおきているのかは分からないのだけれど、とにかくCUDAを使おうとするとイニシャライズの時点でこけるっぽい。GT 1030ってCUDA使えないとかいう話聞いた事ないんだけど。とにかくCUDAが動くかどうか、動かせるか試さないことには話が進まない気がする。それとCUDAを含めたグラフィックドライバの問題がある気がする。

とりあえず、Windowsでも動かなかったらハードウェアの方がおかしいと考えていいと思われ。DirectXを入れてタダのVisual Studioで開けてコンパイルしたらすんなり通った。やっぱりWindowsは整備されていて楽だわ。グラフィックドライバ入れてブート途中で止まることもないし。

しかし、エンコードするサンプルの実行で止まる。エラーも出ないんだが出力もない。何が問題なのか分からなくなったので、Visual Studioでデバッグするしかないか。Visual Studioでコマンドラインアプリのデバッグって少し面倒なのだが、また設定とか調べないといけないなぁ。


うわ、残念なお知らせw。
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/mreview/buy/1062193.html
GT 1030はNVENCディスエイブルっぽい。その他の機能も使えないのかよ。全くの安物買いの銭失いだよw。改めてGTXシリーズ買います。こういうの買う前にググらないと話にならないよなぁ。ググらないカスになってしもうた。

Zotac VCX zt-p10510e-10l GeForce ?GTX 1050 ti 4 GB gddr5 128b DP HDMI dl-dvi LP

Zotac VCX zt-p10510e-10l GeForce ?GTX 1050 ti 4 GB gddr5 128b DP HDMI dl-dvi LP

  • 出版社/メーカー: Zotac
  • メディア: Personal Computers



グラフィックドライバについても新しいからきちんと実装ができていない可能性があり、実装されていない機能を呼び出しに行って死ぬとか起きてそう。というわけでNVENCの実装はしばらくはGTXシリーズを買うまではお休みです。あ~休みの日数日とグラフィックカード代1万円強を返してくれ~NVIDIAよw。


コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2017/06/22 [Twitter]


コメント(0) 

うんこ漢字ドリルは今どきの子にはウケるのか [本]

親戚の子に買ってあげた、うんこドリル。名前がドリル型のうんこみたいだな。

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生

  • 作者: 文響社(編集)
  • 出版社/メーカー: 文響社
  • 発売日: 2017/03/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


楽しんで勉強してくれればと思う。でも、生意気に「うんこなんていうのは子供だよね」とか言っているらしい。子供のくせに…。自分が小さな頃はうんこちんちんで大笑いしていたというのに(古い…)。

自分は良かれ悪しかれ、お勉強は最近してない。半年前は試験を通るように勉強していたのだが、終わったので楽しむことしか考えてない。とりあえずNVENCを使えるようになりたいと思って、今結構調べ物はしている。しかし、こういう決まり事っていうのはわりと情報が少なかったりするんだよね。かといって情報が一元化されているかというとそうでもなかったりするので面倒なのだが。

しかしインターネットが発達した今、調べようとすれば誰でも手に入れられるというのはいい時代になったものだ。昔はGoogle検索もなかったから調べるのもしんどかったのだが、常時接続が当たり前になった今は調べられない事自体信じられないわけで。あんまり情報漏洩が続いてガチガチにしすぎてクズみたいな開発していたやつらがいて恥ずかしくないのかなと思っていたけれど、やっぱりWebを扱う以上は外とつながっているという前提がないと話にならない。今はもうそこもそれほど神経質になってはいないとは思うけど、いい加減バカみたいなのばっかり集まっていてどうしようもないところだった。まともな人もいたけど大勢いるとクズみたいのもたくさん入ってくるものだ。そしてまともな人はウンザリして出て行ってしまう。

流動が多いIT業界だけども、他のところもそれなりに多いのだなと思った。正直、常駐先の会社もIT系の会社がほとんどだったから、プロパーな人などは数少なかった気がする。だから、あんまり親会社自体の人の動きは少なかった気がするんだけども、それはブラックな企業では当てはまらない事が分かった。業界にもよると思うけど、サブリース関係の会社は酷いみたいだった。営業の人間が一か月に一人はやめていったから、その仕事がひどいものだというのが分かろうものだが、土地持ちの老人をだまくらかして、その土地を担保に賃貸マンションを建てさせるとか意味が分からない。普通なら土地を貸してもらって、上に企業の金で箱モノを建てるならわかるけど、それを相続させる名目で土地担保に自分の責任で建てさせるとか正気の沙汰じゃない。正直、商売方法がゲスである。親にそんな営業がたかったら、オレオレ詐欺以上に信用するなと言うだろう。

そもそも、法律の抜け道で儲けるというのはあまり金儲けとしては正攻法ではない。営業成績がいい人はいいが、そうでない人は酷い思いをする。でも、営業の仕方も問題があるので、普通の人間ではまともにできなくても仕方ないんだよね。だって自己責任で私達の事業に投資してくださいと言っているようなもんだもん。株とかは普通にやるだろうけど、土地を担保に売り渡すとか非常にリスキーだよね。この先、人口が減ってきているのに新しい賃貸マンションがそれほど需要があるとはとても思えないし。

そういう意味では、プログラミングをして金を稼いでいたのはいくらかマシな仕事だったのだろうなと思う。ただ、自分の会社がやたらと常駐先の会社からもらう金に過度にマージンをかけているというのは納得いかなかったけど。無駄に時間をかけて仕事をしていなかった分、正直まともに本業の仕事ができていた時には損をしていたと思う。フリーになれば良かったのだが、色々と問題があったし、常駐先の会社からお誘いもあったりもしたし、そこのところは思いきれない小心さはあったのだろう。

うんこドリルやってくれるかなぁ。勉強を嫌がらずに楽しんでやってくれればいいなと思っている。

コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

Twitterまとめ投稿 2017/06/21 [Twitter]


コメント(0) 

UbuntuにCUDAを入れたら動かなくなった。 [Linux]

Ubuntu16.04にCUDAを入れて再起動したら、ブートしなくなってしまった。元々nvencを使うだけなら入れる必要がなかったのかもしれないが、一応入れておいた方が良さそうなことを書いていたので入れてみてnvenc用のサンプルファイルをコンパイルしてみたら、全然入れる前と同じように通らなかった。

そしてREADMEを読むとドライバを入れたらどうにかならしかったので、入れようとしたらXが動いていると入れられないとか言い出す始末。あれ、これはデジャブか? というか普通に前にもやった気がする。そんなわけで再起動してGUIを発動させないようにGRUBか何かの設定を変えて入ってみようとかと思ったが、全く入れなくなってしまったという状態なわけだ。

リカバリモードでCUDAを削除してみたんだけどうまくいかず。削除はされているはずなんだけどなぁ。GRUBが終わってUbuntuのロゴが出て消えるところまでは行くんだけど、それ以上は進まない。色々試したみたものの、Linuxってまともな環境のロールバック方法がシステムで用意されていないと思うので、こういう起動しなくなる状況ってのはキツい。間違ってUbuntuを日本語環境で入れてしまったので、さっくり入れ直した方が早い気がしてきた。リカバリモードでは日本語入力できないので日本語ディレクトリには入れなくなるのであった。分かってても日本語がいいかなと思ってしまうところが学ばない人間なのだとやる気を挫かれる。

そもそも正式な方法でCUDAを入れているのになぜ立ち上がらなくなるのだ、というNVIDIAへの不信感があるのだが、Linuxは自分で解決しろ文化があるのでそこいらは投げっぱなしジャーマンを食らったような気持ちだ。前もはまった気がするなぁ。どうしようもないのだろうか。Linuxをインストールするのに慣れるというのはあまり賢くないし、賢くないにしても何とか環境を生きながらえさせるよりも最初から作り直してしまった方が早いという効率性もあったりで、正直こういう状態はずっと続くんだろうなと思うとウンザリする。まぁそこは提供する側のクオリティに対する意思と、そのやる気のなさを乗り越えるユーザーの気合いによるんだろうが、OSSというのは結局商業的なものにはかなわない責任問題というものがないから仕方ない。

英語で入れてCUDAはNVIDIAの.debファイルからじゃなく、普通のaptから入れることにした。nvenc使うだけならCUDA入れなくてもいいかもしれないんだが、結局入れざるを得ない状況になりそうなので入れる。

というか、ドライバもaptから入れられるっぽいね。プロプライエタリなものとOSSのものがあるから選ばないといけないようだけど。う〜ん、ドライバが新しすぎて選択肢が古すぎて無い。やっぱ新しいSDKを使うにはNVIDIA提供の最新ドライバが必要っぽい。

https://cosmo0920.wordpress.com/2011/02/13/ubuntu10-10%E3%81%A7x-sever%E3%82%92%E5%81%9C%E6%AD%A2%E3%81%97%E3%81%A6%E6%93%8D%E4%BD%9C%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AB%E3%81%AF/

これをlightdmにしてstop startしたらできたみたいだけど、--compat32-libdir optionが云々言われて、サンプルファイルがきちんとコンパイルが通らない。-lnvidia-encodeがライブラリを見られず、コンパイルがこけてしまうのは相変わらず変わっていない。そもそもきちんとドライバが入っていないようだ。インストール時にオプションを入れないといけないのだろうか。入れてみてうまくいけばいいのだが、正直32bitのものを入れてうまく行くとは思えないのだが。上手く行くなら最初から入れてくれという話で、やってみたらダメだった。そもそも--compat32-libdirなんてオプションないじゃん。もう一回普通に入れてみたら色々別のメッセージが出た。前ドライバを入れた後にライブラリをaptで追加したからかもしれない。

ln -sf /usr/lib/x86_64-linux-gnu/libGL.so.1 /usr/lib/libGL.so.1

をしろと言われたが、元々のディレクトリにlibGL.so.1じゃなくてlibGL.soしかなかった。こういうちょっとした罠がそのままやると失敗に繋がるんだよな。きちんとチェックをしないといけないのが面倒。というか全自動でやってくれ。前の引数をso.1でなく.soに変えてやったらドライバが入ったみたいで、サンプルファイルのビルドが全部成功したみたいだった。でも、実際に動作するかどうかまでは試してない。

というように、開発環境を整えるまでに面倒なのがCUDA関係とかGPGPUの関係だったりする。基本的なLinuxのお作法を知っていないと乗り越えられない部分も結構あるなぁ。それはプログラミングとはまた別のスキルとも言えるし、本来はそんなことは気にしたく無い部分ではある。

CUDAはインストールはオプショナルと書いているけれども、結局は使うことになりそうな気がするので、本気でやるつもりなら入れた方がいいかもしれない。なんだかんだ言ってサンプルファイルにもCUDAの選択肢があったりするし、NVIDIAでGPUを使うならCUDAは避けて通れないだろう。純粋にDirectXとか使っているなら別かもしれないけど、Linuxで使わないという訳にはいかない気はする。


《後記》

リブートしたらパスワード入力画面から先に進めなくなったので、Ctrl + Alt + F1でapt updateをしてみたら、エラーとともにコマンドを打てと出てきたので、打ったら入れるようになった。それで、コンパイルしたエンコードのサンプルを動かしたら、

NvEncoder.cpp line 143: cuInit error:0x3e7
NvEncoder: NvEncoder.cpp:144: NVENCSTATUS CNvEncoder::InitCuda(uint32_t): Assertion `0' failed.

と出てきた。でもCUDAが悪いんじゃなくて、ドライバがきちんと入っていなくてNVENCが発動できないらしい。ログインできると思ったらドライバが入ってるようで入ってないらしい。コンパイルリンクは通るが実動はしないという理由にはなっている。

https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?pid=115175

めんどうなのでPPAから入れることに。nvidia-381-devってのを入れてみた。ダメだ。サンプルが動かないし、コンパイルし直したら-lnvidia-encodeが見えないのが再発。どうしたらええねんw。


《再後記》
どうやらGeforce GT 1030が悪かった模様。NVENCは使えないみたいだし、他の機能についても制限されているらしい。NVENCを使いたい人は買っちゃダメです。GTX1050以上を買いましょう。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2017/06/20 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/06/19 [Twitter]


コメント(0) 
前の10件 | -
2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ