So-net無料ブログ作成
検索選択

そうか新しいMacが欲しいんだ。 [ハードウェア]

いつだかSurface Pro 4がすごく安くなっていて、欲しいスペックのPCが5万円近く安くなっていた。うわ、欲しいと思ったけど、今Surface3持ってるしなと思ったりもした。

でも、ちょっと前にSurface3買ったし、速いノートは嫌いじゃないけど、高く付くからどうにも食指が伸びない。本当は欲しいんだよ。でも、生来の貧乏性が邪魔をしてしまうわけですよ。

みんなが大学の生協とかで馬鹿高いペンティアムノートを買っているときに、これまた馬鹿高いFMVを買った。でも、当時高かったTFT液晶のノートに比べると全然安かった。当時は高いお金を出せばいいものが買えた時代だったのだ。今はスペックが上がる程度だけど、段違いに質が変わる事も多かった。

そんなわけで問題の多いFMVを買ってもらったわけだが、やたらパーツを交換して安さを演出していた。実際に払った金を考えるとそれほど安くもないんだけど、当時の完成されたパソコンを買うよりかは安かった。そのうち完成品でも安い時代が来て、パソコンといえばノートという時代が来た。

自作デスクトップでパワーの必要な作業を、ノートなら別に軽い仕事ができればいいという観念があったので、今みたいにノートでもがっつりパワーを使いましょうという方向へは行かなかった。一時期のTDPを無視したデスクトップ版をノートに載せるみたいなのはファンがうるさくてどうしても相入れなかったのだ。

アルミユニボディーのMacBook Proを買うまでは安いMacで済ませて来た。白iBookにCore2DuoなMacBook。たいして高いものではない。でも、パソコンを並行していたのでさける金額はそのくらいのものだった。ただ安価なPCはどんどん出て来ていて、その流れは安価なタブレットに流れたと言えるでしょう。そのためノートPCにかける金は更になくなったのでした。

たぶん初代あたりのユニボディーのMBPを使っているのだけれど、基本性能が良くて今も全然使っています。既存の問題で二度も大手術を経た割には金を払っていないのでコスパは十分です。まぁAppleの不手際だから金を払わなくても修理しなくてもきちんと動いてくれないと困るわけですが。ともあれ、古い製品ながらも中身は結構新しかったりするので(設計は古い)、使っていて不都合ってのはそんなにないです。そんなに負荷のかかる仕事をするわけでもないし、SSDにしたからストレージの動作は軽いし。

あと一、二年はこのまま使い続ける予定ですが、Macが欲しくないわけではない。正直、小さいMacはずっと欲しかった。でもその手の方向性はWindowsパソコンで満たしていたので、少々高めなMacBook Airを買うことはなかった。その後に出た新MacBookに関しても円安の割高感がたたって買おうという気にならなかった。あれが二、三万安かったらわからなかった気はする。

MacBookは遅いと言われていたけれども、それはそれでバッテリーの持ちを強化している方向性と考えれば納得できなくもない。でもCore i3くらいのパワーは最低欲しいなという気はしている。あとType-Cポートが一つしかないというのもどうしても納得できなかった。パソコンとしてはポートが少なすぎるし、そこまでタブレットに寄せるんだったら、なぜLTE SIMが入れられなかったのかとどうしても考えてしまう。同じ値段でSIM FreeなLTEが入っていたら考えなくもなかった。

というわけで完全に不完全なMacBookを買うことはなかった。今のMacBook Proのスペックを多く持っているのであれば、MacBookもあったのかもしれないが今後に期待することにしましょう。少なくともUSBポートは電源以外に二つ以上は欲しい。ただでさえ、中身をいじって拡張する方向性が塞がれているのに、外付けの機器を付けられないとか意味がわからない。そんなのパソコンじゃない。

でも、軽くて小さくて高精細なノートパソコンという点については欲しいと思う。やっぱり欲しいという気持ちはある。ソファーかベッドに寝転んで使いたい。どこか行きたいところに行って取り回して使いたい。そういう気持ちは依然ある。ただ単に高精細なMacBook Airが出てくれていたら買っていたかもしれないね。何でそういう方向性に行かなかったのかが意味がわからないのだが、それはMacBookが答えと言いたいのだろうね。でも多くの人は納得しなかったし、MBAほど新MacBookは売れていそうにない。

11インチの小さいMacが欲しい。それも多くの条件を満たしたものである必要があるけれど、必要とする最低条件ってのはそんなに人によって違わないはずだ。もしそうだったら別のスペックの製品で十分満足しているだろうからね。カラーバリエーションなんてどうでもいいんですよ。望んでいるのはそういうことじゃない。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2017/02/01 [Twitter]


コメント(0) 

32bit on 64bitじゃなくてその逆。 [プログラミング]

ふと32bitOSで64bitバイナリを動かせたらいいなぁとか思ってしまった。すぐにそんな高度なこと無理だと思い直したが、無理な事じゃなさそうかもなと思ったりした。

そもそも32bitバイナリと64bitバイナリってどこが違うんだろう。Win32は全部64bitに最適化されて作ってるのか、とか考えると気になる。Win64ってのもあった気がしたんだが、別に64bit以降の時にコンパイルのし直し程度以上のことをした人はいないんじゃないかと思ったり。

そもそもWOW64という仕組みがあるんだから逆もできるんじゃないかと思ったり。でもメモリを切り詰める方と伸長する方は全然違うんだろうな。動くときに64bitアドレスで動くものを32bitに制限するのは無理じゃないにしても面倒な気がする。

https://ja.wikipedia.org/wiki/WOW64

そもそも仮想化で32bitOS上で64bitのOSが動かないから面倒なのだが、おそらくはハードウェアの仮想化っていうのも、仮想ハードウェアデバイスをフィジカルなハードにつなげているだけなんじゃないかと思ったり。そう考えると大してVirtualBoxが大きくないことも理解できる。きちんとKVMとか見てソースから理解すればいいのだけれど、面倒なのでやらない。


まぁそもそもの会社のPCが32bitOSなのが悪いんじゃ。でも、バリバリ開発をしている人のマシンも32bitだって言ってたから、事務な私はなすすべもない。今はWindows10でLinuxのバイナリも動く時代だから何とかなりそうな気もするんだが、そこはシステムプログラミングは面倒なので、やってもデバドラぐらいまでになるのかな。まぁWindowsのデバドラはこの先書くことになるなんてことはないのだろうけど。もしかしたらMacとかはあるかもしれないけどね。あくまで興味的に。

妄想してないでLLVMの仕組みとか調べろよというのは確かな話で。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット