So-net無料ブログ作成
検索選択

リア充に見られたいけど、けなされたくない人が多い。 [徒然]

InstagramとかTwitterでリア充ぶりをこれ見よがしに晒している人がいるけど、まぁ自分をよく見せたいなんてのはありがちな事だよね。でも、さらにそれを指摘されたりけなされたくない人もいるみたい。キラキラ女子の真似、とか書いて実際にキラキラ女子をこれ見よがしに見せている人っている人もいるらしい。何というか防衛本能強いな。褒められたいけどけなされたくなのはわかるけど、なんつーかそこまで防衛線を張ってまで見せたいものなのかね。

でも、それを指摘していたのが、東大出のAV女優のライターだったのだが、そこまでやってるなら何にだって言える立場かもね、貶されても当然だから守るものもないし。色々な人はいろいろな守るものを持っていて、今回のそれは自尊心と虚栄心という訳なのだが、この世の中がそれでできている部分も多いから文化の一つなんだろうなと思ったりはする。キラキラ女子の真似とか書くのは卑怯だとか言っていたけど、そりゃけなされる一方の芸能人としたら卑怯に思えるのかもしれないけど、芸能人はそれで金を得ているんだからええやんと思わないでもない。というか、そういう風に自分を晒して金を得ている似非に言われたくないなぁとは思う。

今も昔もリア充を誇示したい人は多いわけで、海外旅行などは最たるものだろうと思う。まぁSNSに海外渡航中の画像をアップして空き巣に入られるなんてことがあるらしいけど、リア充アピールも大概にしないといけないなぁと。というか、リア充でもないし誇張して伝えたくもないから、そういう人の気持ちはわからないよなぁ。自分を必要以上によく見せて誇張すること自体に何の意味があるだろうか。自分が気持ちいいとか、快適だとか使いやすいとかだったら金をかけようとは思うけど、他の人に見せつけるために行動するという意味がわからない。というか第三者から嫉妬されて否定されたり指摘されたりしてもしょうがないよなぁ。意図されたところと違うところで批判されるのは間違っているとは思うけど、自分から突っ込んでいって嫌な思いをするって意味わかんないよなぁ。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0