So-net無料ブログ作成

通信制限に引っかかった、ので原因探し [ハードウェア]

スマホを使っていて通信料プランに引っかかって泣いている人が多いみたいで、自分はLTEで動画を見たりするようなあほな事をしないから大丈夫さ、と思っていたら今月初めて引っかかった。今までと特に違うことをしていないしなぜなんだろうなと思って不思議だった。

通信量を確かめるアプリを見ると、確かに毎月ギリギリだったりしたのだが、iPhoneのモバイル通信を使うアプリを切り詰めていって無駄遣いをなくしていたので、速度制限の警告メールは今まで来たことがなかった。しかし、とうとう月末もそれほど近くない一週間前弱ぐらいの時期に制限がかかるとか、ちょっと早すぎるのではないかと。

まずSmart Newsの動画広告が怪しいと思って、バチバチ切っていった。それでもまだ新しいのが出ているけれども。しかし、最近普通のサイトでも動画のバナーとかがあったりして、それをスマホサイトでやるんかいという暴挙に出ているバカ広告会社が結構ある。動画GIFとかでも重いなと思っているのに、ガチで動画フォーマットを使うとか意味不明だ。それまでFlash広告などをやっていたけれども、HTML5が手に余って再現できないとかそういうケースが多いのかもしれない。まぁ動画をファイルサーバに置いてタグを貼るだけだからな。

というか、別に固定回線で速くて通信量が決まっていない環境なら別に問題ない。記事を読むのにはちらちらしてうっとうしいとは思うけど、仕方無しと思ってすぐに読むのを切り上げることにしている。でも、スマホでやられると話しにならないよね。重いし通信量削られるし。

それとWi-Fiスポットが非常に減ったことが通信量増加に拍車をかけている。バスの中でも使えたんだが止めてしまったらしい。あまりに使いすぎて逼迫してしまったんだろうな。というか、LTE <-> Wi-Fi <-> スマホをやっていたら、Wi-Fiに多数接続したらパンク状態にはなるな。バスの実業務が滞りかねん。

一時期はWi-Fiスポットの充実を各キャリアが競っていたけれど、結局LTEでやれや的な結論に至ったらしい。外にいるとき大体は移動中だし、APがあっても人が多くてつながりが悪いとか話にならない。今までそれなりにWi-Fiで何とかなっていたというところも十分にありそうだった。少なくとも家ではLTEは極力使わないようにはしているのだが。

というわけで毎月2GBでやりくりするのには、結構面倒なことになりそうだということでした。

コメント(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

コメント 0