So-net無料ブログ作成
検索選択

iPhoneの音楽が同期されない問題が解決した。 [MacOSX]

iPhoneではちょこちょこ問題が起きてはいるが、4月ぐらいから音楽が同期されない状態になって困っていた。いろいろ手を施したら直ったのだが、LINEのトーク履歴が死んだとか、メールの設定をやり直すとか、iPhoneのリカバリ共通とみられる問題も噴出した。正直、何がどう効いているのか、複合的な操作なのか、OSの入れ直しだけで直ったのかよく分からない。

とにかく音楽ファイルが同期されなかった状況を書いておこう。まず4月ぐらいまではMacにつなぐと普通に同期されていた。新しくiTunesで再生してライブラリに登録されると、自動的にMacのバックアップの際に入れられる状態になっていた。その機能がiOSのアップデートか何かで動かなくなってしまったようだった。特に操作的には何かしたというわけじゃないので、たぶんiTunesのアップグレードかiOSのアップグレードで問題が起きたんだと思う。そう考えるのが普通だと思われる状況だった。ファイルが同期されないだけじゃなくて、プレイリストの表示もなんか変になっていた。スクリーンショットを取っておけばよかったな。曲の表示が0とか8とかブランクになっていたりとか意味不明な状態になっていた。


どうにも要領を得ないので、iTunesでいろいろしてみた。Apple Musicの設定をiPhoneと一緒に殺したりしたが、検索したページのようにうまくいかず。まずファイルを個別に手動でアプライしてみたがダメ。というか、そういう方法が使えるかどうかも分からない。どうせずっと全体を同期させていたから128GBのiPhoneを買わざるを得なかったのだった。面倒なので全部音楽を消してから入れ直そうとしたが、iTunes側からの削除ができない。iPhoneの設定側から同期しなくなる前のファイルを消して、音楽ファイル全体を同期させようとしても復活せず。見込みはないと思ったものの、iPhone側のファイルを全消しするメニューを選ぶも、iPhoneの設定アプリ自体が落ちて実行されず。個別には音楽ファイルを消せていたので、完全にダメになってはいなかったようではある。

iTunesもインストールし直してみたがダメ。通常ではアンインストールできないアプリケーションなので、ググるとわかると思うけど、rm -rfとかで無理やり消す方法しかないらしい。これはあまりいい方法じゃないと思いつつもやってみたが解決しなかった。

もしかするとiPhoneの方の問題じゃないかもしれないと思ってMacのディスクを検査してみた。やってみると実際問題が出てきた。しかも、⌘+Rかなんかで再起動して、SSDからブートしないやり方でリペアしないと直らない問題が出ていた。MacOSXはファイルシステムが壊れやすいくせに、自己分析して直してくれる仕組みがなくて自分で定期的に見てあげないといけない酷いOSだ。他のOSは少なくともブート時に問題があったり、時間が経ったりしていると自動的に動いてくれたりする。ファイルシステムがおかしいとマイナーな不具合が出がちなので、ググっても設定で直せない状態になっている時にはやってみた方がいい。

しかし、直したそのあと音楽ファイルを同期させても問題は解決しなかった。さらに問題なのは、音楽を同期させるたびにいらないiOSのシステムバックアップをしてしまうところだった。悪くなる前に戻そうとしてもできない状態になっていた。仕方がないのでバックアップファイルをTimeMachineでロールバックして、そこからきちんと動いていた頃にリカバリさせようとした。

https://support.apple.com/ja-jp/HT204215

で、~/ライブラリ/Application Support/MobileSync/Backup/ にあると書いてあったので、そこだけをTimeMachineで戻したらiTunesは昔のバックアップを認識してくれた。それでiPhoneを昔の状態へリカバリ。色々設定し直さないといけない状態になってしまった。しかし、それでも音楽ファイルは同期せず。どないせいっちゅうねんw。

もう面倒なので「iPhoneを復元...」(iTunesでイメージからの「バックアップを復元...」の上の方にあるもの)をしてみることにした。結果的にそれで直った。たぶんOSのリカバリをしたんだけど、結局バックアップからのリカバリも後からしてくれる仕様になっていた。今度からこっち使おうかな。新しいOS自体が不具合の場合には使えないことにはなるのだろうけど。

実はOSのリカバリの後にするバックアップからのリカバリの前に、勝手に同期するように直っていたらしい。放置していた時にはもう音楽ファイルを同期している最中になっていたから。だから基本バックアップからのリカバリは関係していないOSの問題だったと言えるだろう。なんだかマイナーな不具合っぽいので、どこを見てもあまりいい解決方法が書いていなかったのだが、図らずもやりたくなかったシステムの最新化によって直すことができた。というか、ダメな時にもOSのバージョンは最新になってはいたんだけどね。アップデートの時に問題が起きたのかどうかはよく分からないけど、とにかく直って良かった。

色々やっていて何が良かったのかは分からない状態なんだけど、バックアップをTimeMachineでロールバックさせて戻すことまではしなくて良かったんじゃないかと思った。できたからやっちゃったけど、できるならばあまりやらない方がいい。今までやった設定が古い状態に戻ってしまうし、設定もいくらかやり直さないといけない作業が加わる(メール設定とかアプリの設定の一部とか)。

Appleの製品はたまにつまづくととことん面倒なことになりがちだ。あきらめることもできるんだけど、このインターネット社会ではググれば解決できることも多いしね。今回は半分自力でやった感じだったけれども、どちらにしてもマイナーバグだと解決方法が分かりにくくて仕方がない。最近は無駄に自動化されている部分も多いので、手作業でどうにかなる部分ってのは少なくなってはいるんだけどね。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 0