So-net無料ブログ作成
検索選択

ハッピーターンの嫌いなところ [徒然]

これまでハッピーターンを食べてこなかったが、幼少の時は母がお菓子の選定の全権を握っていたので、それに逆らわずせんべい類ばかりを食べていた。たまに買ってくるポテチの美味い事は忘れられません。でも食べすぎるのですぐに禁止されていました。

ハッピーターンについては、粉は濃くておいしいのですが、元々のベースがおせんべいなのがどうしても許せなくて、どうしてコーンベースのお菓子にしないのかと不満に思っていました。亀田製菓が作っているから仕方ないかもしれないですが、とてつもないせんべい感を感じてしまうのは僕だけでしょうか。

あとどうしても許せないのが包装。個包装になっているのはいいのですが、ねじってあるだけで放っておくとすぐに湿気りそうです。スナック菓子だからポテチと同じように一気に食ってくれ、という発想なんでしょうが、どうしても個包装してあるんならきっちり湿気遮断してくれよ、と思ってしまうのですよね。

恐らくはねじってあるのは、ハッピーパウダーが取れないように付けてあるのでしょうし、その点では海苔巻きせんべいの個包装とかと同じなんでしょう。だから、そういうせんべい的な発想が嫌いなんだよね。ダサいというかどんくさい感じがします。せっかく粉がおいしいんだからいろいろどうにかしてほしい気はしている。だから、積極的にハッピーターンは買わない。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0