So-net無料ブログ作成
検索選択

カスパラでもSSD高かった。 [ハードウェア]

SSDが高いと言われていた今日ですが、近くのドスパラに行っても高かった。ネットでは他の店ほど高くなかったんだけどな。ドスパラは値下げが遅くて、値上げが早い。なんつーか、ネットで買った方がいいんじゃないかと思うんだけど、それはそれで面倒だからやってない。

Macに付けたCrucialの525GBも買ったときから数千円高くなっている。たった数か月で乱高下するってのはRAMと大して変わらないな。まぁ作り方というか半導体のチップであるという点では同じではあるのであろうが、流せば売れるという状況になってきたんだろうね。HDDもそこそこ変動が大きかったけどSSDほどじゃなかった気がするしね。どちらかというと、RAMの方と同じなんだろうなと思う。だってHDDって基本的に値下がりしかしないものだったからね。洪水で高くなるということがあったけれども、それは非常にまれな例だったわけで。

帰ってきてヨドバシのサイトを見てみたけどやっぱり高い。為替の影響を受けやすいパソコンパーツだけれど、SSDもメジャーになって在庫が増えてもダメなときはダメだな。それにしてもSSDは大容量化と低価格化が激しかったなぁ。やっぱり買う人が多くなれば安くなるという定番の法則が働いているのね。

そんなこんなでしばらくはパソコンが直せない状態になっているのでした。それにしても壊れるのもタイミングが悪いよな。そういう星の下に生まれたのだろうなぁ。240GBでいいから前ぐらいの値段のレベルまで落ちてほしい。たくさん容量はいらないから。だけど128GBくらいではちょっと心もとないんだよね。前壊れたSSDの容量でもあるし、もちっと余裕をもって使いたい気はしている。

高くなるのも速ければ安くなるのも速い、という状況になってほしいものですね。買うのに踏み切る勇気が必要だけれど、どっちにしても安くなっていく方向性は変わらないのだし。それにしてもSSDはもはやSATAでは遅すぎてPCIeの世界へ踏み込もうとしているわけで、2.5インチのフォームファクタもそんなに長生きできないんじゃないかと思ったり。SATAは長くても取り廻せてよかったんだけどな。高速化が進むとそうもいかなくなるわけですわな。SATAの前のIDEが長さ制限を食らったように、マザーボードにピッタリ付かないといけなくなるのは仕方がないのかもしれない。


コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 0