So-net無料ブログ作成
検索選択

いまいちUSB3.0のありがたみが実感できない。 [ハードウェア]

USB3.1へスキップしてしまうかもしれません。でも、手元に一応USB3.0のポートがあるPCがあるので、使いたい気持ちはある。ただ、USB3.0を実感できる製品が手元にないのが問題だったりする。

前に書いたがUSBメモリが3.0なのだが、どうにも速い感じがしない。一応、Surface3はUSB3.0対応のはずなんだけど、内蔵ストレージの遅さが足を引っ張って速さが体感できていないようなのだ。他にもボトルネックになっているところもあるのかもしれないが、ローエンドのチップセットやストレージでは体感できなくて当たり前なのかもしれない。

なんでこんなにもUSB3.0の速さが味わえないのか。それはひとえに対応するストレージがないからだろう。USB1.1からUSB2.0の時は待望されていたのもあるけれど、実質的な用途が広がったのがあった。人間が操作する端末をつなぐポートから、ストレージのデータを流すポートへの変化が目に見えたから、その違いが段違いであった。

FireWireがあったもののAppleが自分で自分の首を絞めたために、USB2.0が爆発的に普及する前にニッチを開拓できなかったのがある。それまでは記憶ストレージドライブをつなぐにはSCSIくらいしかなかったわけだけど、USB1.1が代替することはできなかった。ギリギリ低速のSCSIを代替できるぐらいで、少し速いCD-Rドライブですらつなげられずにいた。SCSI機器をコンバートするUSB1.1のアダプタケーブルがあったのだが、もちろん帯域が足りずにデイジーチェーンなんてできるレベルではなかった。

そこをUSB2.0はバリバリ速いCD-Rドライブを接続できたし、ポートも複数あって使い勝手がいい物であった。2.0が出る前は、対応チップの生産が難しいと言われていたのだけれど、NECかどこかが難産の末生み出した覚えがある。そしてCD-Rより速い外付けHDDも流行りだした。ブートディスクには使えなかったけれど、バックアップやデータストレージとして使うには十分な速さがあった。HDDを携帯音楽端末に使うiPodなども出てきて有効に使えた。というか、今考えてもHDDなんかを持ち歩いて音楽なんて聞いていたよな。まぁそれでHDDの耐久性が高まったという良い副産物はあったのだろうけれど。

それまでUSB2.0で問題はなかったけれど、ずっと2.0の速さでいいわけないでしょという流れはあった。ここで歴代USBの速さを見てみる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%B9#.E8.BB.A2.E9.80.81.E9.80.9F.E5.BA.A6

USBの規格転送速度
USB1.11.5 Mbps,12 Mbps
USB2.0480Mbps
USB3.05Gbps
USB3.110Gbps


2.0から3.0で約10倍に速くなっているけれど、そういう実感がない。そこのところは、外につなぐものがないと意味がないわけで。2.0の時は光学ディスクでも最高速度まで引っ張れる力を見せつけてくれたが、3.0の実力を出そうとするとSSDの速さが必要になってくる。外付けでSSDなんてそんなに使わんもんなぁ。実際、そんなに売れ筋の商品じゃないだろうし。値段的にはUSBメモリの方がたくさん売れているのだろう。ただ、3.0のUSBメモリはそれほど爆速な感じはしない。それは前にも言った。そもそもSSDほどは速くないはずだ。

というように、USBの価値としては速度は思ったほどうれしいものではなかったりする。ただ、BD-Rを焼くときに外付けの2.0では遅いなと感じた。2.0ではバスパワーが少ないので、ACアダプタで電源を取らないとダメだし、取ってもそんなに速くなるはずもなかった。なわけで、近々3.0なBD-Rドライブを買おうと思う。これは3.1を待っても仕方ないだろうし。なんにしてもバスパワーが最大100Wだったっけ? やっぱりそっちの性能を高く見るべきだろう。

というか、もう外付け機器の需要も供給もそんなにないんだな、と思うとちょっと悲しくなる。速くしたって利用目的がないんじゃ宝の持ち腐れじゃないか。だから、画像出力用のThunderboltと兼用になるとかはわかる気がする。だって用事がそれくらいしかないじゃないかと思う。それにしてもUSBでどんどん収束されていくなぁ。USBで電気供給する未来なんて考えていなかったしなぁ。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 0