So-net無料ブログ作成

MS Officeの最近。 [ソフトウェア]

半自営から会社勤めに戻って、OpenOffice系からMS Officeに戻った。別に大した違いはないのだが、やっぱり一番違うのがVBAだろうか。そこいらの互換性が一番OpenOfficeの普及を妨げたのはいうまでもない。

Office2013を使っていると思うんだけど、VBAが埋め込まれたドキュメントを開こうとしても、設定なしでは開けないみたいだ。それに今まではメニューに普通に乗っていたマクロ関係が見当たらず、いちいちこれも設定しないとダメみたいだった。なんだよ、VBAに救われたにしてはあんまりの待遇じゃないか。

ともあれマクロがついたファイルを開いてマクロウイルスなんかが蔓延ってしまったので、MSとしても出来る限りはせき止めたい気持ちはあったのだろう。でも、そんなこと言ったらexeでインストールしたり、そのまま動かしたりするのと変わらんじゃないか、と思ってしまうのだよね。まぁそこのところを意識せずに開いてしまうのが、メールに添付されて来る標的型攻撃メールのマズさなんだろうけど。

とにかくWindowsでできることがほぼ全てできてしまうので、マクロ付きオフィスファイルはexeとなんの変わりもなかったりするわけです。Win32APIを使うのはちと面倒だが使えなくはないし、それをexploitなしに動かせてしまうところがかなりまずいのかと。ウイルス対策ソフトにしても感知しにくくなるわけだしねぇ。


とマクロだかVBAだかを使うのにハードルができてしまったのは間違い無いのですが、そもそもよくわかった人しか使わないのがVBAだったりはします。でも、それは作る人の問題で、使う人は仕組みがどうだとかは関係なく使っているわけで、業務を簡単にするために使っているだけの人は気をつけようにもどうにもならないわけです。誰かからもらって来るという点においては、開発者だってそれは同じことで、知らない人の知らないマクロは開かないようにするしかありません。

そんなわけでVBA不遇の時代でうぐぅなわけですが、やっぱりVisual Basicの成り立ちから考えてもGUIで作業できるExcel VBAなんかは使い勝手はいいわけです。わざわざVBを買わなくても、大抵のことはOffceのVBAで代替できてしまう。関数だとかはわかりにくいヘルプを見るか、ググって見つけて来るしか無いですが、常時接続の今、そういう情報は腐るほどあるわけで。スタンドアローンで開発していたら付属のヘルプか本に頼るしか無いのですがね。


OpenOfficeではVBAに似たマクロとかPythonで動かせたはずなんですが、エセVBAを使うぐらいだったらPythonを使ってみたい気はしますよね。Pythonはディープラーニングで多少見ましたが、文法はさほど面倒なところはなさそうで、他のスクリプト言語ができれば差分はそうそうありそうな感じはないですね。会社でPythonを入れてなんかいろいろ動かしてみようかな。コーディングは面倒だからやらないw。



あと前にも言いましたが、Windows10になるとOffice2013が消える問題。

 http://www.pg-direct.jp/blog/?p=8400

本当にMSってしょうもないですよね。OSをアップグレードするだけでアプリが消えるんですよ? 意味わからない。ちょっと前、Surface3でOfficeを使おうと思ったらどこにもなくて、ググったら消えるのは納得づくだとか書いてあったみたい。そんなの知らないよ。んで特定のページに行って、Surface3にOfficeをインストールし直したんだけど、プロダクトコードが本体の箱に入ってた。箱捨てなくてよかったw。

さらに悪いことにOfficeを抹殺された後には、Office365を入れるように指示されていたんですよ。何も気を止めずに入れちゃった人っていると思うけど、オフラインなOfficeと両立できると思ったので、使いづらいOffice365をやめて今までのOfficeを入れちゃった方がいいと思います。Office365を個人で入れて嬉しいことって基本的にないと思うので。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 0