So-net無料ブログ作成

WindowsにUbuntuが乗るならwgetもWindowsでやればいいじゃないか。 [Linux]

Windows10で唯一いいと思ったのが、Bash on Windowsの存在。Bashというよりもaptのソフトウェアリポジトリを使えるところが超いい。上手く動かなくてもbuild-essentialを入れればどうにでもなろうというもの。それまでもBash on Ubuntu on Windowsについては何回か書いてきた。

それまではフィジカルなハードの上に普通にサーバを置くか、WindowsやMacの上にVirtualBoxかなんかの仮想化ソフトを使ったりして、いづれの場合にもSSHでつないでいたわけだ。でもBash on Windowsを使えば直でLinuxのソフトが使える。それもバイナリリポジトリを使えるとなると手間はほとんどない。

前までUbuntu上でwgetで画像を取りに行って、zipで固めて、WinSCPみたいなソフトでUbuntu上のファイルを取りに行って、Windowsのグラフィックローダーを使ってみていたりしていた。でもWindows上でできれば面倒(zipの日本語ディレクトリの扱いとか)が少なくて済むし、Linuxのノウハウがそのまま使える。こんな素晴らしいことってある?

開発ではGUIなんて重くなるだけだから、たくさんメリットがなければコマンドラインでいいんじゃねぇか、と思ってしまうとともに、普段の使い道でGUIじゃないコマンドラインなんか使っていられっかと思う人です。どっちにも理由があって選んでいるわけですが、MacとWindowsを選んでいる時よりもシビアに見比べるわけです。

そんなわけでwgetで画像収集の旅に行ってきます。wgetの使い方はこのブログの検索窓で結構見られると思います。まぁSurface3の限られたストレージの上でやるのですから、そんなにガンガン取りに行けるわけじゃないですが。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 0