So-net無料ブログ作成

MSの後追い自殺w [ソフトウェア]

マイクロソフトは後追いパクリの王様だけれど、OSをタダで配ったのも失敗だったよな。今までのでいいのに無理くりWindows10に変更しようとしたのは最悪だった。Windows8もかなり悪いものだったけれど、Win10はアップグレードを無理強いしたところは最高に悪かった。

基本的に一年経たないと使い物にならないOSがWindowsなんだけど、Macとおんなじことやってもなぁ。非互換性とかはそんなに程度は変わらないけれども、Macの方はハードウェアで儲けてるから、その儲けを考えにあまり入れられないMSとしては、タダOSあげるよと言われても本当に大丈夫かよと思ってしまう。

タダOSと言っても、以前のOSからのアップグレード権を付与しただけで、それも完成には程遠いWin10を押し付けられて酷い有様でした。無料アップグレード時期は過ぎて、事は沈静化しそうですが、またWindows7のサポートが切れる頃になって大騒ぎするのかとなるとしんどいよなぁ。OSをいじって楽しむのはWindows9x頃には終わっていたので、もう安定して枯れてくれと願うばかりで。


それにしてもiPhoneのバックアップとデータ同期は別にしてほしい。ただ音楽を加えたいだけなのに、iPhoneの同期が始まってしまうのはキツい。急いでいる時にさっと使えないのは厳しいよな。バックアップを取ってくれるのはありがたいんだけどさ。


macOSに戻ったOSXですが、残念感が漂っているのは今まで苦言を述べてきている通りで、あんまり実質的に良くはなっていない。Windowsみたいに7でいいよ的なところまでは悪くはないが、決して良い機能が加わっているとは言いがたい。

まず腐ってるファイルシステムをどうにかしてほしい。btrfsとかでいいじゃん。でも、互換性とか考えるとダメだとか言うんだろうな。UNIXだったらそこいらの仕組みを入れ替えてもいいように作るのが本来なんなんだけどね。Windowsもいつだったか新しいファイルシステムを作るとかうそぶいていたけれども、結局できずにNTFSを地道に手を入れているみたい。

よく変な実行権限を変えたりしてるみたいだけど、正しい考え方が必ずしも正しい構造を生むとは限らないのである。というか、今まで使ってた部分に抵触するようなことを平気で入れ込むAppleは腐ってるよな。MSだって大きな変化をさせるときにはそこそこ技術者に情報出すけど、Appleは知らない間に入れられて困るコミュニティーが結構あるっぽい。daap関係はOSSが勝手にやったところがあるけれども、ちょこちょこ変えやがってすげー腹が立った。結局mt-daapdがそれに追随できなくなって、他のソフトに変わってまともに使えなくなってしまった。Appleのそういうところ大っ嫌い。

あとmacportsとかAppleから出てきた人がやっていたけどサポートが最悪で、HomeBrewにすぐに乗り換えた。やっぱAppleのソフトウェア技術者は頼りにならん。自分達が変なところをそう思わない節があって、早く気付いてほしいところがたくさんある。でも、新しいところを建て増しして大して使われずに終わる。BSDというOSSから派生したというのに、OSSコミュニティに対して冷淡な気がするんだよね。

これからWindowsでもBash on Ubuntu on Windowsで巻き返されるんだろう。まぁガチのUNIXには負けるだろうけど、正直使っていて悪い感じはしなかった。見た目結構ダメな部分があるけれども、Ubuntuのaptが使えるってところで、正直brewコマンドを超えたんじゃないかと思っている。普通にLinuxにSSHで入れた時にはちょっと感動した。今までフリーソフトを別途入れないといけなかったから、もう少しこなれればクライアントOSとしてはすごく使い勝手が良くなるのは間違いない。

それまでWindowsでPHPができるよとか、IronPythonがあるよとかで、OSS方面へ気持ち悪いアプローチをしていたけれど、正直Ubuntuの環境が手に入るなら、わざわざMacを手にすることもないのかもなと思ったりもする。何にしてもMacはメジャーマイノリティであることは変えられない事実なのだから、安泰とか思っているのも少し考えた方がいいと思う。


あとかたくなにSwiftをOSSにするのに抵抗していたAppleだけど、まぁ普通OSSにするよね、今どきはさ。だから、OSSになったのは当然のことだと思っている。というか、ただのMacとiOSのソフトを作る言語だけで終わるんだったら、本当にマカーのおもちゃで終わってただろうし。だからきちんとOSSになって良かったよ。そういうところはAppleは変態だから困っていたんだ。

C#がMonoでLinux界隈でも使えるといっても、SwiftほどOSSと親和性が高いとは言えないし、やっぱりWindowsプログラマー以外がC#やっているとは思えないんだよね。そういう意味でもSwiftのOSS化は必然でなければならなかった。


最近IBMがMacを採用するとか何とかで驚かれているみたいだけど、かなり前にlenovoにPCを売却しちゃったから、別にクライアントマシンは何でもいいわけだよね。ビジネスマシンはとりあえずMS Officeが動けば何とかなっちゃうってところでしょう。まぁ私としてはどちらでもいい気はするんだけど。安くて楽できる方がいい。


コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 0