So-net無料ブログ作成

DMMのソーシャルエロゲーはどれもいっしょ。 [ソフトウェア]

無課金でダラダラとやり続けているDMMのエロゲー。そこまで面白いわけではないのだが、ゲーム的にバランスが良いものはなかなかやめられない。とはいえ、大体ルールは似通ったもので、ご褒美エロがすんなり見られるかそうでないかの違いくらいしかない。

問題となるのが手持ちのアイテム(?)の所持数の上限。やめてしまうものの半分がこの上限に引っかかってしまう。お金をかけなくても上限を上げることはできるものも多いけど、それを拡大するには貴重なステータスというかアイテムを消費してしまう。そこはそれ、課金すればそこいらは気にしなくて良くなるわけで。

でも、上限を増やしたところで、こまめに強化などにアイテムとかキャラを消費していかないといけないのは面倒だ。それと当然のことながら性能のいいキャラ、SSRとかは手に入りにくい。手に入ってもパラメータを上げにくいとかね、いろいろあるわけです。でも、弱くてもチマチマやっていて楽しいゲームもあるので、それが続いているという状態です。まぁ艦これとかと大した違いはないんじゃないかな。あっちの方がキチンとしたゲーム感覚は高いのでしょうが同じDMMだし、作っているところは全然違うんだろうけど。

しかし、新着のゲームでもHTML5にせずにフラッシュで頑張っているところもありますね。Flashがなくなるまで続けるんだろうな。かなり前にFlashごと会社を吸収したAdobeですが、FlashもPDFも脆弱性バリバリで今までは使い勝手ばっかりでセキュアな部分ってのはおざなりにされていたんだろうね。Adobeの方でもHTML5に切り替えようとしているみたいだけど、Flashを代替するようなアプリができているという感じはしない。使ってないけど、決定打となるものが出てきたという話を聞いていない。

前にも書いたようにHTML5は大体のライブラリがOSSになっているため、製品には使いにくい。特にGPLなどになっている場合は、その扱いがかなり難しいものとなるだろう。それらのライセンスもバラバラで独自のライセンスも少なくないだろう。だからMySQLみたいなOSSだけど、サポートは有償だよというやり方しかできないじゃなかろうかと思ったり。もはやスクラッチでHTML5をFlash並みに使う事ができることができるライブラリを作るのは車輪の再発明であることは明らかだ。

なんかHTML5を簡単に扱えるライブラリを使ってみたくなった。SwiftとかPythonとかもちょっとやりたいんだよね。というか40の手習いってことになるのだけど、言語は覚えられてもそれを使って何とかという気持ちにはならないかもなぁ。とにかく試験が終わったら何かしたい。仕事以外に何かしたい。


コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 0