So-net無料ブログ作成
検索選択

WindowsのOS再起動して何とかしよう精神w [ソフトウェア]

開発者にも多いんだけど、インストール終了の時にOSの再起動を求めることがよくある。今更だけど、本当はシステムに近いところ以外はOS再起動をしなくても、大体避ける方法はあるのだろう。でも、とりあえずのおまじないとしてOSの再起動を求められるのだが、そういうのは技術者として失格だと思う。

Linuxとかで言うとパスを通すだけのために、OSごと再起動しているようなものだったりする。Windowsの開発の世界は素人がやたら入っているので、特に企業で短期間で安い値段で人を雇ってる場合なんかは目も当てられないくらいの状態だろう。普通に開発できる人は上流の方に行っていて、下っ端にいろはすら教えられないというのが現状。

そういうのが多いし、OSのバグ自体も多いので、再起動を速くしようという方向性に出た。それ自体は悪いことではないが、結局いまだにアプリケーションのインストールごときで再起動をさせるものも多い。そこまでシステムに食い込んでないよね? いろいろ面倒くさいから再起動を強いているだけだよね? お前らはくそ技術者だw。


そんなITの世界でもLinuxでは、再起動なしにカーネルのパッチを当てられるようになっている。
 http://news.mynavi.jp/news/2015/04/13/168/
各ディストリビューションでずっとVer.3で足踏みしていたと思うけど、今は4に移行したのかなぁ。最近OS自体を入れてないのでよくわからない。もはやWindowsみたいな理不尽なOS再起動は元より、アプリケーションの問題でのOSの再起動はまずない。普通ない。

Windowsは過去の適当な仕様が多すぎて、利用者もそれに慣らされてしまっているところがある。そういうのって最悪すぎる。再起動三回したんだけど治らないんですよね、っていう人良くいる。一回してだめなら大体だめだよね。

コメント(0) 

コメント 0