So-net無料ブログ作成
検索選択

ばくおん!!とか、はいふりとか、そこそこ今期は面白い。 [アニメ]

何回か話が進んだところで、見たアニメを品評。いつものように全部は見てないけど。

ばくおん!!がバイクを大して知らなくても楽しめる事が良かった。専門的なところで笑いを取ると思っていたが、スズキ乗りとDUCATIファンには残念な内容になっていたりします。正直ここまで楽しめるとは思っていなかった。金髪ツインテール巨乳つり目ツンデレ少女とかいう、あまりにもステレオタイプな登場人物とかはそれはそれでいいという感じ。

どこかの書評で、けいおん!!と同じロゴっぽくて気に入らないみたいな事を言っていて、普通にばくおんを読んでいる人みんなにフルボッコにされていたわけだが、けいおんよりかばくおんの方が全然面白い。というか、けいおん自体が本の面白さ以上に売れちゃった、よくある萌え漫画だから漫画としての本質が面白い方に負けるわな。

でも、よく考えたら女子高生が原付以上のバイクに乗るかと言われると微妙なところ。まぁファンタジーの一つと考えればいいのかもしれない。スカートの制服でバイクに乗るとかエロすぎる。そもそも女のバイク乗り自体がエロい比喩的なものになっているから、それを増幅させてエロくないわけがない。騎乗女子とかもエロいんだよなぁ。

ばくおん!! コミック 1-6巻セット (ヤングチャンピオン烈コミックス)

ばくおん!! コミック 1-6巻セット (ヤングチャンピオン烈コミックス)

  • 作者: おりもとみまな
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2015/05/20
  • メディア: コミック



ばくおん! ! (7)(ヤングチャンピオン烈コミックス)

ばくおん! ! (7)(ヤングチャンピオン烈コミックス)

  • 作者: おりもと みまな
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2016/03/18
  • メディア: コミック


愛のあるディスり。細かい事を知っているからこそできるゆえんだろう。バイクは全然知らないけど、とりあえず2ストと4ストの違いはわかる。中学の技術の時にやった覚えがある。中学の技術ってわりとその後の趣味的なところを直でやってたりするから面白いんだよなぁ。車もよくわからんけど、キャブレター車の内部構造とか大体分かるし。今ではさすがにインジェクションで教えてるんだろうなぁ。


あと、くまみこ最高。主要登場人物が少ない(つまらないギャグは人ツッコミすぎ)し、ネタ的にも田舎あるあるがとてもいい感じです。かんなぎ+のんのんびより、みたいな。田舎でも少し行けばユニクロもファッションセンターしまむらもありますよ、と。のほほんとしていながらも中身は結構激しかったりするのでちょっとびっくり。緩急取混ぜております、という感じ。

ただ自作自演スピンオフはあまり面白くない気がします。四コマ?のキレがあまり良くない。これは買う気ゼロなので自己アフィはしない。というか、最近のAmazonって自己アフィ効いてない気がするんだが、販売実績を見てると。


とんかつDJアゲ太郎は、そもそもの設定がすごいよなぁ。とんかつ屋とDJが一緒という発想はどこから出てきたのか。10分アニメだけど既刊は5巻まであるんだよな。

とんかつDJアゲ太郎 コミック 1-5巻セット (ジャンプコミックス)

とんかつDJアゲ太郎 コミック 1-5巻セット (ジャンプコミックス)

  • 作者: 小山 ゆうじろう
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/01/04
  • メディア: コミック



とんかつDJアゲ太郎 6 (ジャンプコミックス)

とんかつDJアゲ太郎 6 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 小山 ゆうじろう
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/04/04
  • メディア: コミック


少々ファンキーすぎるけれど、題材が大地丙太郎監督とどんぴしゃで、安心して見ていられます。絵の素朴さがまんまのところはさすがだなぁ。油裂温w。なんか揚げる音がレコードのジリパチ音ぽい気もしないでもない。90年代の音楽シーンでわざわざジリパチ音を入れていたCDもあった。80年代以前のダンスナンバーってあまり知らないけど、本気でアゲ太郎のDJリミックスアルバムが出たら買うかもしれない。そっちの方全然手を出していないのでいい契機になりそうな気もする。


ふらいんぐうぃっち」は表紙の生足が艶めかしいのに、アニメでは黒ストッキング履いちゃってるでしょ。嫌いじゃないんだけど、生足が見たいんですけど…。女子高生の生足が見たいんだぁw。内容的にはほんわかゆるゆる系。基本的に悪い人は出てこない世界っぽい。


坂本ですが?は元々マンガの絵のこなれてなさ具合で素直に笑えなかったので、アニメではどうかなと思ったんだけど、アニメもあまりピンとこなかった。キャラがどうにも劇画調でダメなんだよな。何でもかんでも萌えアニメにしろという人間じゃないけど、笑いどころが薄いし、そもそも共感が少ない。


境界のRINNE2は1見てないけど、暇だった時にふと見たら面白かったので、1から見直します。録ってはあったんだけどね。原作表紙からはまた犬夜叉的な少しシリアス路線かと思っていたのだけれど、ガチガチにコメディーだったんですね。ラムちゃんじゃないけど鬼っ娘も出てくるみたい(OPの絵では)なので、ちょっと期待します。いいね、高橋留美子のギャグはらんまあたりからずっと好き。位置が高すぎるおっぱいは教育テレビだけに期待できそうもないw。




コメント(0) 

コメント 0