So-net無料ブログ作成
検索選択

声優が変わると作品に違和感がある件 [アニメ]

よくドラえもんの一斉声優変更で、あれはドラえもんじゃない、とか、大山のぶ代じゃないと嫌だとか、無理なことを言っているのを聞いた。大山のぶ代も休ませてやれよ。というか、ライフワークにもなっているものがなくなってしまって痴呆も進んだんじゃないかと思われ。旦那は大変そうだけど、相手がいるだけマシなのかもな。元々声優陣がよれてきたので全体刷新という事になったのだろうけど、子供の時見ていた作品がいまだにやっているのって、声優が一番のネックになっていると思う。

確かにドラえもんの声が変わったときに、しっくりこない感は覚えたものの、他の人みたいに拒否みたいな状態にはならなかった。元々大山のぶ代さん自体がテレビに出ていて、姑臭ぷんぷんの感じであったからだった。新人に出世作と代表作がドラえもんしかないのに、大御所ぶっているのも気に入らなかった。確かに大御所なんだろうけどさ、自分からエラそうな奴ほど信じられないのってないよな。

ともあれ、しばらく見ているうちにそんなに気にならなくなっていった。そんなに見ていたわけじゃないけど、あぁドラえもんってこういう声じゃなかったんだよなと思う程度で、絵柄もマンガの絵に近くなっていたので、刷新して正解だと思った。作者が死んでも声優が死んでも、テレ朝はやり続けるだろうから。

どっちにしても、新しく見始めた子供にとっては、昔のドラえもんのほうが違和感があるだろう。私達が慣らされていたからこそ聞けた声なんじゃないかと思う。そもそも大山のぶ代に落ち着くまで何回も声が変わっていたらしいが、あの変などう考えても猫じゃないロボットの風体に似合う声がこれだと決めた人はすごいと思う。だってあの声はどう考えてもつぶしが利かないしね。作者がドラえもんの声ってこういう声だったんだ、と言わせるほどのものだったから、他人から気付かされるぐらいのものだったという事なんでしょう。

だから、普通に今のドラえもん見れてます。あんまり見ないけど違うとも思わない。そこまで思い入れがないだけなのかなぁ。ルパン三世の山田康雄が亡くなったときに、物まねの栗田が入ったときは気持ち悪くて仕方がなかった。その後はあまり見てない。内容的に大して面白くないし、僕が好きなルパンはパート2だからねぇ。ピンクルパンも、緑色っぽいジャケットのルパンもあまり面白くなくて見ていない。Fiat 500を知った後カリオストロの城を見た気がするし。

なんつーか、無理して真似ている感じがあって、はじめは見れたものじゃなかった。その後はそうでもなかったけど、山田康雄のわざとらしくないわざとらしさ、には遠く及ばない気がするんだよね。だから、別に無理して真似て近づけることもなかったんじゃないかと思う。くりかんにしてもさんざん言われたんだろうけど、今でもやってるのかすら知らない。

とにかく、それだけ何回もリバイバルされたり、ずっと続いている作品を描けたら人生の勝ちだよなぁ。でも勝ち負け言ってるような奴はそんな作品を作り出すことはできないのだろうけど。まぁアニメ化された作品を持つだけでも大したもんだよ。アニメ作るほうがダメな場合だって腐るほどあるし、それで被害をこうむらなければいいと思うけどな。

基本、アニメは書籍を売るための餌であるわけで、アニメで連載分を全部やってしまったとしても、何もしないで売れない状態のままであるよりかはずっといい。だからこそ、テルマエロマエで100万円しかもらえんくても、波及効果として安く命を売り渡すようなことをしないといけないわけだ。まぁ売る方としてはどの方向に盛り上がろうと損は基本的にしないわけで、作者としては自分の書籍が売れてくれることを願うばかりである。

声優にしたって、ただ普通に声優していても売れないのは、小さな劇団員でいるのと同じようなもので、今の過剰な演出でアイドル風にして売っているのも仕方がない事なのはご存知の通りで。とにかく、アニメ自体がオワコン(懐かしい)である事は誰にもわかっているけれども、それでも毎期たくさん結構高いレベルを維持されているアニメがあるのはすごいことだと思う。ただ、空回り感は否めない。それは本人達が一番感じていることだろう。だから、Flashアニメみたいな堕落したものが出来上がるのだろう。元ネタがないと面白くもなんともないあそこなw。

何にしてもジャイアンがあまりいじめっ子ぽくなくなっていたのが、声が変わったことよりも新鮮であった。いじめはどの時代にもあるんだろうけど、劇場版だけ良い子になるってのはまずいとは思っていた。

コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0