So-net無料ブログ作成
検索選択

3TBのハードディスクを買って泣くw [ハードウェア]

もう3TBのハードディスクの問題がなくなっていたと思ったら、まだあってWindows10が混ざって更に悪化していたという話。

元々2TB以上のHDDはマザーボードも対応して、OSも対応していないといけないという状態であった。3TBのHDDが出てきた頃はいろいろ面倒なので、2TBで普通は我慢しろ的な状態になっていた。実際、値段もバイト単位が高かったので、3TBを買うメリットは少なかったが、頑張れば使えなくはない状態ではあったらしい。僕はあからさまに避けて今まで2TB以上の3TBとかのHDDは買っていなかった。それはそれで正しかった対応だったと思う。

バイト単位も安くなってコストパフォーマンスも良くなって、今なら状態も悪くないだろうと思ってSeagateの3TBのバルクディスクを買いました。でも見事にはまった。まずWindows10でUSBアダプタを付けて、認識した容量が746GBとかいう中途半端なもの。ググったらすぐに問題が出てきて解決すると思ったら、Windows10だったからか問題がでて746GBまでしかやっぱりダメだ。

http://hidekyan.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/3tb-hdd-usb-506.html

コマンドラインからやるけどやっぱり746GBなんだな。結局USBからじゃダメなのか、Windows10だからダメなのか、どっちにしても好転せず。どうやっても3TBも認識しない。とりあえずパーティションを削った状態にしたままにした。

面倒なのでWindows7でSATA接続してみると普通に3TB弱認識した。普通にやればできるのはわかっていたが、パソコン内部にアクセスするの面倒だったんだよな。Windows10でSATA接続すればどうなるかはわからないけど、できなかったらことだよなぁ。とりあえず、クイックじゃないフォーマットをかける。やっぱり買ってきて一度は普通のフォーマットをかけないと心配。クイックフォーマットでもいいんだろうけどねぇ。

フォーマットが寝ている間に終わったので、ディスクチェックをクラスタも詳細に調べるのをやったら、もっと時間がかかりそう。まぁ3TBだから当然なんだろうけど。朝にやって昼頃に終わっていた模様。フォーマットもチェックも全くデータが入っていないのに時間はかかるもんなんだなぁ。昔のHDDの速さだったら一日あっても終わっているかどうかわからないけど、SSDほどじゃないにしても速くはなっているんだろう。書き込む密度も大きくなっているんだろうしね。


Windows7でSATA接続で3TBにフォーマットしたHDDを、Windows10のマシンに付けたらすんなり3TB弱を認識。大事を取って必ず動くであろうWindows7を使ってフォーマットしたが、いずれもさっくりパーティションを削ってSATAでフォーマットしたら大丈夫だろう。いや、Win10はやってないけどさw。そうじゃなきゃ納得いかん。

とにかく2.2TB越えのHDDは、USB変換してやらないほうがいいよという話。それはWindows7でもWindows10でもおそらくは同じことだから。746GBとかいう意味の分からない数字が一致しているから、おそらくは汎用のドライバでいってるのかなと思うのだけれど。

ググったときWindows7の時のUSBか何かのドライバをWindows10から全部消して、新しく取ってこいみたいな事が書かれていたけど、それってあまりスマートでも確実性のある方法でもないよね。そもそもがその方法の理由が類推でしかないわけだし。まっさらなWindows10でUSB接続で3TBが普通にフォーマットできるのであれば、その方法は不格好であるにせよ問題はないのだろうけど、元々Windows7などから移行する時のバグでしかないわけだから、Microsoftが直す問題である事は確かで間違いがない。

そもそもパーティションを確実に消すにもコマンドプロンプトが必要なのが訳が分からないし、今更GUIでできないのはどうなんですかという気にもなる。LinuxだってGUIで普通にできる時代ですよ? まぁWindowsでもGUIだけでできるのかもしれないのだけれども、746GBの罠から復活したのはCUIなツールであったわけだし。

とにかくWindows10は今まで普通に扱えていたはずのHDDやらDVDやらBDやらが使えなくなる傾向にある。往々にしてサードパーティがWindowsの変更に対応していないことで起こる問題がほとんどであったが、今回のWindows10も傾向は同じにせよ、普通に使えていたものが使えなくなるというものが多すぎる。というかHDDとか光学ディスクドライブとかなかったらどうしようもないものまで、汎用ドライバで対応しているであろう部分が劣化している。少なくともOSが与える機能として成り立ってない。

Windows10はタダで移行できるが、その代償は大きかった。これならばWindows7のまま2020年まで使おうというのが一番無難な使い方ではなかろうか。Windows10の移行をしないといけないのは、あと数か月のはず…2016年7月28日までですね。Windows7で残すべきマシンと、Windows10に移行しておくべきマシンをきちんと見極めておきたいですね。USBでつなぐといいとかダメとか面倒くさすぎる。どうにかしてくれよMS。結局中身がわからないから、試行錯誤と類推で判断するしかないんだよね。

コメント(0) 

コメント 0