So-net無料ブログ作成
検索選択

感染症多いなぁ。 [自然科学]

現在はジカ熱が伝染病として流行っているらしいけど、いつになっても感染症の多様さは減らない。

エボラ出血熱を振り返る番組がNHKでやっていた。一万人も死んだんだ。地震の津波で日本でも数千人規模で死人が出たけど、何人亡くなったのだろう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E6%AD%BB%E8%80%85%E3%83%BB%E8%A1%8C%E6%96%B9%E4%B8%8D%E6%98%8E%E8%80%85%E3%81%AE%E6%8E%A8%E7%A7%BB

行方不明者も含めると2万人か。というかエボラ超えてたんじゃん。どれだけのカタストロフィーなんだよ。

福島の原発は放射能をまき散らしたけど、現在の死者としては原発で死んだ人は地震直接の影響よりかは少ないだろう。まぁ数十年後に放射線の影響がわかるんだろうけどな。生きていく人を苦しめる意味では、そっちの人災のほうが恐らく防げただけに問題が大きい。

ただ感染症は人がある程度死んでいけば収束はする。隔離とかするから体制が整い次第は問題は少なくなり、多くの人は直接かかわらない限りは忘れる。SARSとかエイズとか色々あったけど正直自分が罹らないだろうと思えたら忘れる。世の中色々あるからね。

現在は風土病が交通機関の発達で爆発的に感染者が増える傾向が強い。結局、病気は元々あって人が爆発的に増えたから病気が抑え込んでいるという方向性もあるのだろう。人間がたくさんいると環境負荷が高くなって自然破壊も甚だしくなるしな。

日本みたいに自然がぶっ壊れてもほっとけば草ボーボーになって森林になる気候ならいいけど、ヨーロッパでさえ森林が切られると元に戻らずヒースみたいになっちゃうわけで、程度の違いはあれ人が暮らすってのは自然を破壊してもぎ取る行為なんだよね。循環型社会なんていうけど、それまでの社会ってみんな循環しないと続かなかったから、今みたいに破壊的にはならなかったんだよね。

まぁ欧米などの持続しない社会構造が色々な地域に持ち込まれ、地域の破壊が地球の破壊に拍車をかけている感じだ。まぁ困るのは人間だけならいいのだが、気候まで変動させてしまうと生態もおかしくなってくるし、その前に森林伐採で新種として見つけられる前に絶滅する品種も多く出てきているのだろう。放っておけば人が死んでカンブリア紀みたいに増えたり大絶滅が起こったりするんだろうけど、それ自体は人間がトリガーになってはいけないんじゃないかと思うけどね。

とにかく病気は人を減らしてまともな状態にしてくれている気がする。基本的に食物連鎖に組み込まれていない生物は自分で量を調節しないといけないんだけど、その人間があまりに性欲を爆発させてしまうと終わりだよね。そういう科学的なリテラシーがない場所ほどセックス以外の娯楽がないだろうし。自然状態なら肉食獣に食われたり病気などで均衡が保たれるんだろうけど、それらは人間は乗り越えてしまった。さらに先進国がトップダウンで薬などを与えて、多産少死の状態になってしまう。

死に至る感染症が出てくるのは均衡を保つ上で自然なことなのかもしれないが、人間の意図としては方法があるなら生き延びたいと思うのが心情だろう。誰だって無駄な死に方はしたくない。でも、生まれること自体をある程度コントロールできるようになるまでは、それなりの知識が必要だよなぁ。本当はそういう知識がない場所に、トップダウンで先進国が生かしちゃいかんと思うんだよね。その先にきちんとした生活があればいいよ。でも、仕事もなくプラプラしている後進国の人間や、冷戦時に武器を与えられた者たちが内戦を繰り広げている状態に人間らしい意味があるかと言われると辛いところだよね。

どんな病気でもいつかは乗り越えられるだろう。でも、それを乗り越えて人間が増えすぎること自体がいいことだとも思えない。すべての人達が平等に暮らせるわけもないし、底上げするにしたって限度があるのだ。

コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0