So-net無料ブログ作成
検索選択

日経Linuxとかガラが悪い。 [本]

前々から日経Linuxはあまりいい印象を持っていなかったのだが、やっぱりあんまりまともじゃない。ソフトバンクの本があまり編集がかかわっていなくて、内容がマニアックで時事的に偏りがちなのだが、それと同じことが日経系の雑誌にも言える。まぁ雑誌だからその時点で役に立つ時事ネタを扱った方がいいのだが、技評などと比べて普遍性が著しく無いというか、ちゃんと編集のチェックがかかっていないというか。

そもそもがあまり技術者寄りというか、仕事よりじゃないところがあって、Androidが流行だった頃にrootを取るとか平気でイリーガルっぽい事を勧めていた。そういうのはあんまり変わっていなくて、Tailsというディストリビューションを紹介してたりする。あの~Torの秘匿サーバにアクセスするのって、例の猫にSDカードの冤罪をさせた件から、日本のISPで禁止しちゃってるんじゃなかったっけ? もしかするとうっかりTailsっていうディストロを使ったら、ISP経由で警察に目を付けられる可能性はあるかもしれない。

あまり好きじゃない雑誌を買った理由は、付録に#!シス管系女子のPDFが付いているって事で、まとめて読もうと思って買いました。

日経Linux(リナックス)2015年10月号

日経Linux(リナックス)2015年10月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2015/09/08
  • メディア: 雑誌


Petitとフランス語(?)で書いてあるだけの事はあって、少ししか書いてなかった。やっぱりまとまったムックを買うべきなんだろうか。

まんがでわかるLinux シス管系女子 (日経BPパソコンベストムック)

まんがでわかるLinux シス管系女子 (日経BPパソコンベストムック)

  • 作者: Piro(結城洋志)
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2015/02/18
  • メディア: 単行本



まんがでわかるLinux シス管系女子(日経BP Next ICT選書)

まんがでわかるLinux シス管系女子(日経BP Next ICT選書)

  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2015/02/18
  • メディア: Kindle版


Kindle対応の本も増えてきたなぁ。

しかし、この雑誌もラズパイばっかだな。Linuxが組み込み系で使われるのが一般的になった今、こういうのも組み込み系と言っていいのだろうが、IoTな世の中ではインターネットを使えなきゃコンピュータじゃないみたいな勢いになってきている。

Raspberry PiでやれることはLinuxのマシンで出来るって事なので、特段ベアな基板でやる必要はないのだが、その小ささとGPIOなどのポートがあるという事で、組み込み的な事ができるという事なんだろう。僕はまだ若かったころに玄箱や白箱のLinuxをいじくってわりと勉強になった。その頃はPowerPCもまだまだ一般的であったのだが、最近はx86, ARMがほとんどでちょっと怖い社会ではある。あまりハードの事を気にしないで済む世界にはなっているのだが、組み込み系もレベルが高いものから、ローレベルなハードウェアをいじくれた方がやりやすいのだろうね。

にしても、表紙の題名に「テク」とか、「いじり倒す」とか、あまりお上品じゃない言葉が出てる。今回は詳しく読んでないから何とも言えないけど、コマンドラインの誤植とか結構多くて、たぶん編集は書く人に全部投げちゃってるんじゃなかろうかと思う。どう考えても一段階抜けていたり、パスが全然違ったりしてどうにも信用できないんだよね。とりあえず、同じ条件で動くのが最低限で最高の状態であろう。他の状況でまんま動くことなんてありえないし、きっちり書く意味はやっぱりあるんだよね。

ハードウェアを使うのは楽しくはあるんだけど、ある程度のレベルまでやろうとするとスキルが届かない。やっぱり、ソフトウェアの舞台でやれることをやった方が自己満足は満たせなくてもある程度進めるのではないだろうか。というか、今さらハードウェアができるほど余裕がないよね。余裕というかモチベーションがない。

シス管系以外で唯一気になったのは、KVMのサーバ仮想化の実践活用、というところのネットワーク設定。VirtualBoxみたいに楽なのだといいのだけれど、やっぱり基本はコマンドなんですね。ここではRHELを使っているけど、Ubuntuでもnmcliがあるみたいなので、KVMじゃなくてコンテナで使えればいいなと思っている。そこいらのインターフェース部分が同じなのかどうかのかが全然わからないですが、やってみるしかないですね。VirtualBoxみたいにGUIのスイッチをポチれば設定完了になればいいのだけれど、そんな簡単なことはないよね。そういう意味ではProxMoxは良かったなぁ。/etc/network/interfaces をいじれば済む状態になっていると言うことないよね。

一時期、brctlとKVMでやってた時があったんだけど、面倒すぎてやめた。boot2dockerとか使うと楽にできるといいんだけどなぁ。正直、なんでOSにLXCというコンテナ技術があるのにDockerなんて使わないといけないんだと思ってしまう人だから、ハードウェアを一つつぶしてまで作らないんだろうなと思ったり。というか、一時期Dockerがやたら目立っていたけど、そういう関係は鎮火してしまったのだろうか。やったらそういうのが多かったけど今の状況はどうなんだろう。


あ、そういえば洋書というか、外国の雑誌で似たような表紙の雑誌があったけど、そこから情報を得ているところもあるんだろうな。日経系の雑誌って名前を変えてさも自分達が作っているような感じで(部分的にはそうなんだが)、日経サイエンスという雑誌がある。あれ、超有名な学術雑誌サイエンスの翻訳版ではないんだよね。別の雑誌を日経サイエンスと称して出しているだけで、すごく紛らわしいw。日経ってのはそういうことを平気でする会社だったりする。意図的であれ、そうでないのであれ、誤解されるようなことをするのは一流企業のすることではない。まぁ日経ってのはそのレベルなんですよね。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

コメント 0