So-net無料ブログ作成
検索選択

音楽の定額ストリーミングがあまり評価されていないが [音楽]

Apple MusicとかAWAとかLINE Musicとか月定額で、音楽のストリーミングサービスがたくさん出てきているが、あまり盛況とは言えない状態だ。いろいろ見ているとサービスの無料化に切り替わる時がネックになっていると思われる。

元々若い世代がYouTubeなどで違法なPVを見ていたりして、タダで聞けるのに、動画もついているのに、どうしてお金を払わないといけないんだ、という論法らしい。恐らくガキは金もないから、他に金を使いたいところなんだろうけど、やっている事は違法行為の延長上にある行為としか言えない。

なもんで、若者に金を払って音楽を払うという行為が定着しないのだろうが、そもそもストリーミング以前にダウンロード販売もきちんと軌道に乗っているのであれば、ストリーミングなんて意気込む必要なんてないのだが、埋められるニッチは埋めておこうという事なのだろう。

月額いくらという課金なんだけど(たぶん)、使わなくても課金されるはずなんだよな。使わなくなったら課金しないとか、アクセスしたときに課金されるとかのシステムだったらまだ使う気になるんだけど、使い倒しても全く使わなくても一緒とかは非常にきつい。ただでさえLTEになってからの通信料は上がりがちなのに、使わないものにお金を払っている余裕はない。

まだ通信料については継続して使う状況は分かっているけど、可能性として音楽配信は忘れて使わなくなる可能性が高い。使っていても忙しくて頻度が落ちてしまうとコストパフォーマンスが落ちる。それなら好きな曲だけ買った方がいいって事になる。それでは意味がない。

みんなが課金を嫌って使わなくなるよりも、使っている日だけを一日ずつ課金するとか、今だったらいくらでもやり方があると思う。あぁこの曲聞きたいけど手元にないな、という時とか買うほどじゃなかった時とかは、YouTubeを探すよりもApple Music使ったほうが音もいいし確実にあるし、という足のむけ方がいいと思うんだけど。

とにかく、今のままのビジネスモデルだとメインボリュームの若者が金を出さない可能性が高い。課金方法をもう少し考えるべきで、値段に関しては今のままでも大丈夫だと思う。日割りで計算すれば一日50~100円で十分ペイしそうな気がするんだが。使わなくなって全くお金が入ってこなくなるよりも、ダラダラと使い続けさせるのもちろんの事、途中でやめた人も入ってきやすくして、新規客も敷居が高くない状態にするしかない。

このまま行ったら恐らくApple Music以外は廃れる。アップルのも怪しいところだけど。

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0