So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

Adobe Flash早いところ消えてくれ。 [ソフトウェア]

AdobeのFlash Playerのアップデートが煩雑で嫌いだ。やたら脆弱性が見つかるために使えなかったり、アップデートが頻繁にあったりして頭にくる。そのアップデートのやり方がクソで、Adobe死ねとか言いたくなる。

まず自動的にダウンロードしてくれない。Chromeは中に組み込んでくれているから気にしなくていいものの、IEやFirefoxは別途入れないといけないので面倒だ。それも普通にexeをダウンロードさせるサイトに誘導するだけで、インストール作業としては難しくはないものの、頻繁にあると手間なのだ。

更にダウンロードページには、ChromeとかMcAfeeのソフトを入れるオプションがオプトインされている。Adobe死ねといいたくなる理由はそういうところだ。別にFlashを使いたくて入れているわけでもなんでもなくて、Flashじゃないと使えないものが仕方なしにあるというだけで、HTML5で動くんならそんなもの入れたい気持ちなどさらさらない。

AdobeはFlashを入れざるを得ない立場を利用して、他のバンドルソフトを入れさせようとする。最悪だ。いちいち面倒さを強いる以上に自分たちの利益まで得ようとする。ほんとAdobeってクソ企業だよな。FlashもPDFも穴ぼこだらけで、ワームのつけ入る隙になっているし、社会に悪影響を与えているといっても過言ではない。他のPDFビュアーは問題ないことも多いのだろうから、社会的な役割をきちんと果たしてもらいたい。

そもそもPhotoshopが高いというところから始まった気がするね。GIMPがWindowsに移植されてからは、Webの用事ではPhotoshopはいらなくなったけど、印刷しようとなるとやっぱり必要になってくるのだろう。元々DTPのソフトだしね。しかし、頻繁に使う出力する会社などはいいにしても、個人ユースでサブスクリプションとか酷過ぎる。新しいOSの問題で買い替えるのはいいにしても、少ししか使わない用事に大金払うのはどうかと思うんだよね。

Adobeには文句がたくさんある。PhotoshopもPDFもコンセプトはいいのだが、技術的に未熟でセキュリティの甘さを散々露呈している。Flashはもらいものだから仕方ないとはいえ、大企業と言えないくらい数多くのセキュリティホールを生み出してしまっている。それも先んじてセキュリティホールをふさいでるんじゃないでしょ。指摘されて直すなんて個人ユースのツールじゃないんだから、金もらってやってるならきちんと技術者仕事しろよって言いたくなる。


Oracleの手に渡ったJavaも昔からの問題が山積らしくて、始めからスクラッチした方が早いなんて言っていたところがあった。そこまでひどいのかはいいとして、長い間使ってきたプロダクトっていうのはセキュリティホールが出やすくなってしまうのは宿命らしい。結局、脆弱性をつく方も使っている母数が大きいものしかやらないだろうから、普及した後で昔の恥ずかしいインプリが晒されるという事なんでしょう。まぁ始めからセキュアな状態を前提として作っているよりも、まずは間違いなく動くことを目的にしているだろうから、どうしてもそういう状況が生まれてしまうんでしょう。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2017/01/19 [Twitter]


コメント(0) 

Windows10のいいところ。とMicrosoft MovieMakerが落とせない? [ソフトウェア]

Bash on Ubuntu on WindowsがUNIXになったMacのように良い点だと言っていましたが、それ以外はダメOSの烙印を押されたも同然ですね。Windows8が黒歴史のようになっていますが、その理由となったタブレットOSめいた部分は消えてないし、それによって不安定になっているのは否めないし。10が8よりマシだという話で、別にWindows10が特別いいOSだという話でもなんでもない。

ひとついいところあった。レジュームで復活する画面がいつも違うことかな。Windows7でいくらかまともなOSのテーマが出来たのですが、カジュアル使いというにはちと当たり前すぎました。Windows10だとWebから取ってきているらしきスタート画面だったりするので、毎回気分が一新していい感じです。実はそういう細かいところのほうが使い勝手と同じように気に入る点になるんだなと思いました。

デスクトップテーマでいくつかの壁紙を手に入れられるのはWindows7と一緒なんだけども、オープニング画面みたいに勝手にバキバキ変えてくれるバージョンがあれば飽きなくていいのになと思ったり。見たくないものはすぐに排除できる仕組みがあればいい。そうじゃないと不快なままデスクトップを使い続けるか、いちいち設定をいじって変えないといけなくなる。まぁ長短あるけど気分が変わるからそういう仕組みをデフォルトで入れ込んで嫌いな人は、自分の画像や好きなテーマから選べばいいわけだし。

というか、Windowsはいつになっても使うのに苦労が絶えない。その時の常識がたくさんあって後々にあまり使えなかったりするのはどうにかしてほしい。OSを使うためにパソコンを使っているわけじゃないのだ。


話は変わるのだが、Microsoft Movie Makerを落とそうとしたら今月でサポート終わりだから、ダウンロードもさせないよということになっていた。そんなのないよぉ。Windows10でまともに動くかどうかわからないけど入れてみようと思っていたら、2017 年 1 月 10 日 にサポートが終わっているとは。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/13785

と思ったら生きていた。なんだろう。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/14220/windows-movie-maker-download

Windows10でも動いているっぽい。純正なので変な機能とかは入っていないだろう。というか、動画の編集とかしたことないんですが。面倒くさくてやらない。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2017/01/18 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/01/16 [Twitter]


コメント(0) 

小室哲哉と宇多田ヒカルと洋楽懐古主義者 [音楽]

マツコの知らない世界で、久しぶりに小室哲哉を見た。爆発的に売れた後、イキリすぎて消滅していたのだろうが、また稼ごうと出てきているみたいだ。いつものマツコデラックスのツッコミ具合が小室様神様みたいなデレぶりに変わって気持ちが悪かったw。僕は個人で売れている頃の小室哲哉の音楽が大嫌いで、少し違う音楽を聞きかじった人はみんな嫌っていた。ただし、売れ方を見ていても当時のメジャーは小室につんくであった。そのことを理由にしたわけではないが、余計に日本に目をつけず洋楽に深くはまっていったのは実際のところだ。

小室の音楽を聴くと暗い気持ちになっていたというブログに、私もそうだったとTwitterで賛同していたら、第三者がそれはないでしょう、なんて突っ込んできた。お前、自分がメジャーだと思うのなら、昔思っていた気持ちすらも否定するんだな、と気持ち悪く思っていたのだが、実際にそういう人がマジョリティにはいるのだ。マイノリティからすればそんなのいいお世話である。小室やつんくで暗い気持ちになる人間だっていたのだ。それなのに、そんなことないでしょうと言うんだよ? どれだけ傲慢なんだよ。

どっちにしても、日本で売れている曲なんて聞こうとも思っていなくても耳に入ってきたし、どれも歌謡曲の延長だと思っていた。小室が売れたDepartureなんて英語の題名だけど、音楽の中身殆ど演歌じゃん。良く言って歌謡曲の範ちゅう。それがわかっていない人は音楽を聴く価値がないし、演歌だせえとか思っていてもその人間の中身は歌謡曲に染まっていたのだった。


自分を客観視できない人はさておいて、小室哲哉が終わったと思った時が、宇多田ヒカルが出てきた時というのが笑った。それまで売れて鼻高々だったらしいが、ほぼ洋楽のR&Bが小室を粉砕したわけだ。彼は歌詞が理解できないと行っていた。It's automatic. 何が自動なんだ?とか言っていたけれども、宇多田がネイティブスピーカー並みの英語を使える事も俎上にあげていた。小室だけじゃないけど、なんとなくかっこよさげなので英語を歌詞に混ぜる人は多いのだけれど、それが身についた英語かどうかはほぼない人が多い。小室の英語力は中学生並みなのはみんなから指摘されていたし、実際後になって小室も反省していたところらしい。

という自分も洋楽を聴いていて、ノリでいいなと思っていたけれども、実際に細かく歌詞を見ていると感動するものでもないなというものが割とあったりする。そこのところはネイティブか歌を聞いてすぐに何を言ってるのかわかるレベルじゃないことに残念さを覚えるが、日本でこうして洋楽を聴いているのも悪くないなと思ったりはする。多分、日本で日本の曲を聞き流していたように、洋楽も聞き流していた可能性はあるからだ。

結局のところ、何か自分の環境の外に求めるものがあるという青臭い感情があっただけなのかもしれないが、それはそれで皆大切にするべきものなんだろうなと思う。だから、自分しか好きじゃないと思えるような趣味でも続けていくことは、大衆に迎合することよりも非常に価値があることなんだと思ってほしい。ノルウェイの森の永沢さん(だっけ?)みたいに、人と同じものを見聞きしていると同じ考えしかできなくなるというのは本当のことだった。そんなつまらない人間になりたい人はみんなで仲良くやってください。そしてくだらない過去はどんどん忘れていくのです。

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Twitterまとめ投稿 2017/01/15 [Twitter]


コメント(0) 

レコードとCDとダウンロード販売と私。 [音楽]

村上春樹がレコードとCDの違いみたいなことを、旧態依然とした感じで書いていた。懐古主義もいいところだし、CDのライナーノーツにレコードの良さを書くのもどうかと思うが、実際そうなのだから仕方ないだろう。やはりアナログの良さというものは味わった人間じゃないとわからないのかもしれない。


村上春樹 雑文集 (新潮文庫)

村上春樹 雑文集 (新潮文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/10/28
  • メディア: 文庫



村上春樹 雑文集

村上春樹 雑文集

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/01/31
  • メディア: 単行本




自分は初めて買ったのはCDだったので、レコードに思い入れはないのでそんなものかと思うだけなんだけども、同じようなことが今でもあったりはする。今はCDなんか買わずに、Webからダウンロードして聞くものらしいです。自分としてはデジタル音源だとしてもモノが残らないと安心できないんだよね。

日本は外国よりもCD離れは激しくないらしいけど、それは恐らくブックレットが充実していたり、握手券とかのおまけが充実しているからだろうと思う。だからダウンロード販売に違いがなければ、恐らくCDも今よりも衰退してしまうのだろう。

更にダウンロードどころか定額で月額いくらというサービスもあって、そっちはカスタマイズかけられるラジオみたいなものだなと思ったりしました。いや~通信回線はどんどん早くなっていきますね。2Gの頃はストリーミングどころか、ダウンロードもおぼつかなかったですが、今はデジタルで配信できるものは何でも送っちゃえみたいな文化になりつつあります。

ただ、通信料はそんなに安いとは言えないものになっていますし、速くなったところで上限に達する時間までが速くなるっていう感じが拭えません。ダウンロードは一回だけ我慢すればいいだけですが、ストリーミングはそこそこの音質でないとデータ量的に厳しい気はします。お手軽なのはわかるけど、データ定額のレベルじゃないと安心できない気もする。

そしてレコードは手軽に持ち歩けません。フィジカルな大きさに価値があると言われてしまえば、ジャケットが大きいとか色々親しみは持てるかもしれませんが、CDの音質で手軽に持ち歩ける現在には利便性が低すぎるのは確かでしょう。アナログは必ず劣化するし。

そうなるとダウンロートかCDからリッピングして使うのが安定して使えるわけですが、通信状態の変革はどんどん進むのでその先はなんとも言えません。最近、ハイレゾも流行っているので、ストリーミングは無理だし、リッピングは難しくなるだろうし、ダウンロードするのが一番の汎用性を持つものとなるのでしょう。

もちろん、レコードでもストリーミングでもその人の価値観が合えばいいのでしょうけど、僕としては多少面倒でもフィジカルなCDをリッピングして聞くのが、音質的にもコストパフォーマンス的にも適している気もします。それにハイレゾといってもCDからリッピングして満足している状態の人も多いだろうし。正直DSDレベルの良音質は、聴く環境によって左右されてしまうから、ポータブル向きでは決してないと思っています。

外の音をノイズキャンセリングしたところで、音を混ぜて打ち消しているわけですから当然音の質が変わっちゃうんですよね。ノイズキャンセラーの威力によるんでしょうけど、それってスピーカーの出す音質の変化ぐらいは普通にあったりするので、正直今のハイレゾブームは少なくともポータブルには向いてないと言えるんでしょう。ハイレゾはできれば静かな家の大きなスピーカーと大出力のアンプで聴きたい気はします。どっちも最近使ってないですけどね…。

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Twitterまとめ投稿 2017/01/13 [Twitter]


コメント(0) 

久しぶりのXcodeでの開発。 [プログラミング]

mailpeeper-tlsはコンパイラのワーニングの通りに直しているので、それが妥当かどうかはほとんど考えてない。やたらlongからintの暗黙キャストが行われていて、受け側も渡す側もlongにしておいた。まぁメモリの使用量は増えてもそんなに問題ないだろう。にしても64bitのintってlongと同じってどこかでみた気がするのだが、そもそもintってOSのbitによって違うんだよね? それともLLVMは環境に影響されずintは32bit整数とか決めちゃってるんだろうか。まぁいいや、Xcodeの実装とかかもしれないし。

正直Cocoa使うの久しぶりです。できるならARCとかにしちゃいたいけど、面倒でやってません。いちいちreleaseしないといけないのね。ともあれ、Xcodeメニュー > Edit > Convertに変換する方法があるみたいだけど、信用が置けなくて使ってません。まぁ大丈夫なんだろうけど、メモリリーク気になるしやった方がいいのかな。

人のコードを触っていると綺麗に書く人だなぁと思うコードと、お前精神状態疑うよという酷いコードが結構真っ二つに分かれる。幸いなことに私がいじくっている元のコードはきれいだった。どちらかというと私が汚染している感じw。ん〜自分が書いているコードなら、人に見せる場合はコメントを含め綺麗に書くんだけど、まぁ基本切り貼りで動かなかったら手を入れる感じのお気楽コーディングで通しています。自分で検証コードを書いてから本体に組み込むような慎重派だから、本体に粒度が低いベタベタなコーディングはしません。ただ、元からあるものを直すとかは仕方なくべったりしてしまうことも多いけど。

Xcodeは出た当時は、こんなIDEがタダで提供されるなんてApple太っ腹、と思っていましたが、今となってはEclipseもVisual StudioもIDEはタダな訳で。先鞭をつけたという意味では画期的だったかもしれない。昔はコンパイラとかすごく高かったんだよ。Borland bccがタダで配られた時は嬉しかったけど、結局Win32APIがわからんとどうしようもなかったので、ネットが今ほど整備されていなかった状況では如何ともし難かった。今と違ってネットに情報を見つけるのも一苦労だったし。Googleが検索始めたら何の問題もなくなったけど、その前は頑張ってInfoseekとかで見つけるしかなかった。

正直Xcodeはそれほど好きじゃないです。Visual Studioの方が慣れているというか、探し物がすぐに見つかる感じがしました。今はXcodeでも右クリックメニューからGoogle検索する項目が出てくるけど、できれば付属のヘルプに飛ぶ項目があればいいのだが、そこいらへんはIDEとして断絶している感じ。どこかに内蔵ヘルプに飛ぶメニューあったっけ? まぁネットの方がサンプルコードが具体的にあったりするので、ググった方が早いんじゃということなんでしょうが、そこは自分達の一次情報を見せて欲しいんだよね、見づらくても。


んで、deprecatedな関数を潰しているのだけれど、やっぱり代替する関数が全然違う動作をしていたり、扱う型が全然違かったりで、動作検証を含めて難航気味。自分でスクラッチしたわけじゃないから、元の動作の意味を考えて、GUIとの動作を勘案してやらないといけない。変えた理由はわかるんだけど、元のコードにがっつり関数依存の制御が入ってしまうと直すのがシンドい。

それにしても、どうしてこうもXcodeのプロジェクトに非互換が入りまくるのかな。Windowsでここまで変化があったら批判芬芬だろうな。MSは下位互換というか未来に行っても比較的動く方だと思う。Macとかコンパイルし直さないと動かないとか多すぎる。前にスクリーンセイバーを作っていた時も、OSが変わるごとにコンパイルし直さないといけない時期があった。アホかとか思った。エミュとかで過去の互換性を維持するかのように見せて、すぐそのサポートを打ち切るしね。まぁ企業対応が最悪という評判はそういうところから来ているのかもしれない。

なんというか、今までよくMacについてきた人がたくさんいたもんだよね。レガシー資産をすぐに切り捨てるので、ジョブズの潔さが出ているとも言えるのだが、正直横暴すぎるよね。また同じことしたらどうなることやら。わりと仕様に利益があるUSBのType-Cコネクタでさえ、iMac登場時のUSBほど暖かくは迎えられていないだろう。

僕としては、お手軽お気軽にプログラミングできればいいのだけれど、この先Apple不安だなぁ。MSではもうほとんどプログラミングしていないけれど、そのぶんHTML5とかのWebプラットフォームを気にしているから、どうしてもWindowsを離れることができなかったりする。結局、パソコンでビジネス使いするのWindowsだし。今ではスマホからアクセスすることも多くなったわけだけど、やっぱり作るのはWindowsマシンでってことになるわな。iOSを扱わない限りは仕事でMacを使うことはできないわけで。

そういう意味では使うのに腰が引けてしまっているところがある。iPhoneはすぐにAndroidでも乗り換えできそうだけど、パソコンは開発環境として使ってしまうといろいろ根深い理由ができてしまって移行するのがしんどくなる。今は熱心な人に後を押されてメンテしているけど、正直自分がこのソフトを改造したの半分忘れてたしね。今の開発の活動拠点はWebであるので、仮想化がある今、実はどこでも開発できたりはするんだけども、macOSを使って楽しい時期はとうの昔に過ぎてしまっている。

だけどUbuntuのGUIでいつも使おうなんて思えない。そこのところはWindows, Macを完全に離れることは不可能だ。かなりできることは多くなってきてはいるけれども、メーカーのサポートをきちんと得られるという状態にはなっていない。そこが非常に残念だ。


あ~Notification Centerが上手く使えない。NSNotificationCenterじゃなくNSUserNotificationCenterを使うっぽい。あとデリゲートとかなんかせんとあかんぽい。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
前の10件 | -