So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Twitterまとめ投稿 2017/10/24 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/10/23 [Twitter]


コメント(0) 

知らんうちにネットエロゲーやめていた。 [ソフトウェア]

主にDMMのネットエロゲーをしていたのだが、資格取得のため控えていた。そこそこ熱心にやっていたのだが、再開するのが面倒になってやっていない。まぁそこまでのものだったといえば、その通りなのだがなんか寂しい気もしている。

ゲームで時間を拘束するのはいいんだけど、かなり強制的にイベント期間をぶっこまれるので、他に何かがあった時は結局やれなかったりで気がかりになって面倒だった。自営業をしようとしていた時は、適当に時間を取れていたのだけれど、勤め人になってしまった限り時間が割けなくなってしまうのは必然であった。

友達がFF11をやっていて、生活がそれを軸に回っているのを見て、それはちょっと入れ込みすぎなんじゃないかと思っていた。案の定、社会は据え置き型のゲームではなくて、モバイル系というか携帯ゲームに移行してしまった。健全に金を落としているかどうかは別として、スマホのゲームは世の中を席巻している。事実、据え置き型のゲームのサードパーティはスマホゲームに続々と進出しているわけで、ボリューム的にはスマホのゲームを重要視しているのは明らかだ。

スマホもパソコンのブラウザゲームも課金ありきのものになっていて、基本無料ですよと呼び込んでいるけれども、無料で遊べるゲームというのは本質的に面白くはない。多額課金者のもとに成り立っているビジネスモデルなので、初めに金を払って遊ぶゲームほど完成度は高くないし、そこは昔のモバゲーのままでいられないから、品質のギャップを埋めようとしているところはある。

こっちもタダで面白いよりかは、妥当な金額を払って満足できる、というものの方がいい気はするんだよね。映画がテレビで遅れて放映されるように、同じものでタダでというなら、ある程度制限を受けてでも使う気にはなるのだろうけど、最初からタダだけど課金しないと本当に面白いところは遊べないというのはしんどいというか、気分的に時間の無駄感がありありとしてしまう。ただ、暇な時間を埋めるにはいいのだろうなとは思う。そこを狙ってのスマホゲームというところなんだろうけど、課金ガチ勢にとっては据え置きだろうがモバイルだろうが関係ないよね。


相当暇じゃなければ、もうソーシャルエロゲーには戻らないし、多くのゲームがFlashでできていたりするので、スマホじゃできないしそもそも終わって行く技術だから明日はない。未来があるゲームだったらとっくのとうにHTML5かスマホのアプリ化をしているはずで、大体のFlashゲームは作り変えることなく終わって行くのだろうと思われる。

というか、Flashはなんだかんだ言って便利な技術であったのは言うまでもないことで、まだ延命されて使われているのはそれだけ広く使われていたからであった。なんにしろ、HTML5よりかあまりプログラミングの技術を使わないでリッチなメディアを作れるというのが最大の特徴であった。ジョブズはリソースを食い過ぎるからFlashはダメと言って、iOSから締め出したわけだが、やっていることに対してそこまで重い処理をしていたわけではない気はする。

むしろ簡単に作り込めることで、無駄に処理が重いものを作れてしまっていた事に問題ができてしまっていた。実際、ブラウザゲームのほとんどがFlashで作られていた時期もあったようで、HTML5がなかった時期はインタラクティブにやるとしたら、Flashを使うしかなかったのだろう。なのでFlashの使い道が高度化してしまったことが問題であって、その高度化は今HTML5で少々引っかかっているであろう簡便な方法で作れる事が利用を牽引してきたのだった。

スマホで動かそうとしたらHTML5に移行しないといけないわけだが、そもそも表示領域が狭いスマホに対してバナー的なものをどう押し込めていくかというのも問題だよな。元2chのまとめページとかポルノ系のページみたいにやたら本文に割り込む形で、スポンサーのリンクを貼りこむのは正直ウザいし、そんなのできれば作る方だってやりたくはない。そういう意味ではHTML5にしたってパソコン用のページを見てもらわないと適正なコマーシャルができないというのもあると思う。

HTML5で本来のコンテンツやWebアプリを作り込むのはいいとしても、Flash広告に代わるものをHTML5に求めるのは少々酷な気はしている。第一、そういうバナーを作る人たちがHTML5を扱えるほどの技量を持っていないし、そこまでのスキルでは安い作業をしてもらうことはできない。だからFlashのGUIで大抵のことができてしまう環境はある程度の受け皿を持っていたのだった。

結局、Flashが大成した訳はひとところで終わるワンストップソリューションであった事にあるのだろう。メディアをプログラマブルに作れるのは回線容量的にも役に立っていたと思う。Flashが下火になる事で、やたらと動画GIF以外の動画バナーが増えた。あれ大したこと見せてないのに、動画のどでかい容量を食うからスマホで使っている時は本当にやめてほしいんだよね。まぁ動画GIFもものによってはでかいのだろうけど、どちらにしても256色の足かせは辛いしね。

回線速度は余裕でも、日本の携帯通信費の高さからいうと、自分の宣伝するだけに高い金払わせるなんておめえバカかと思ってしまう。自分らのHTML5の技術の無さからくる安易な動画広告はやめてほしいもんだ。家でパソコンで見ている分には問題ないのだが、携帯回線は定量制か従量制なんだから、お前のCMになんて金払う価値なんてないんだよと言いたい。

Flashがもたらした恩恵をどうにかお気楽に他に移行させてほしいと願うしかない。Flashが好きだというわけではないが、代替案があまりに寸足らずか冗長すぎて、今現在まともなソリューションになっていない。誰かどうにかしてくれ。あ〜エロゲーしない時間は何にあてようかなぁ。エロゲーはお気楽であったのだが、気を抜いて遊べることってそれほどないんだよなぁ。

コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

Twitterまとめ投稿 2017/10/22 [Twitter]


コメント(0) 

自作するぞ~(もうちっと経ってからw) [ハードウェア]

年末臨時収入が入りそうなので、Coffee Lakeマシンを自作しようと思う。i7 8700を買おうと思っていたけれど、そんなにイキらずにi5 8400でもいいんじゃないかと思い始めている。ともあれまだ売ってない。

そもそも12スレッドが活躍しない利用方法だという事と、i5がそこそこシングルスレッド能力が高くて、元々HyperThreadingを信じていないことが主な理由。一番は値段かな。性能が低かったら嫌だけど、通常使っていくうえで6コア6スレッドでも十分すぎるスペックだといえる。

他にGPUを使うんだったらゲーミングマシンとしては十分だという事でしたが、CPUの中にGPUも入っているので3Dバリバリゲームじゃなければ、そこそこ使えるんじゃないかと思うんだけど。

まだCPUは公には売ってはいないし、対応マザーボードもまだ出てないし、ご予算を計算するにはまだ早い感じ。手に入れられるのはメモリとSSDくらいかなぁ。と、この記事を書き溜めている間に出てきそうな気もするけど、潤沢に出回るまで待ちだったりする。色々不具合とかも出てきかねないしねぇ。しばらくは様子見をした方がいいのかもしれない。

SSDも気になるんだけど、HDDは最近気にかけてないなぁ。NASを買った時にはチェックしたけど、少しは安くなったのかな。ともあれ3TBもあれば大体問題はないだろう。最近は壊れにくいし、容量も必要十分なものになっていて、SSDに主力が移った後でもまだまだ重要なパーツであることは間違いない。


ドスパラは25周年って言ってセールやってるけど、言うほど安くはない。まぁそりゃそうだよな、カスパラですからね。
http://www.dospara.co.jp/5info/cts_dospara25
Palitのビデオカードが2500円のポイントが付くので、今度の自作のために買っておこうかな。

近くに他のパーツショップがないから仕方なく買っているけど、メモリの相性保証が付くのが一番のメリット。というか、メリットはそれぐらいしかない。印象として平均以下の店なんだよな。アキバみたいに競合店が多いところならマシなんだろうけど。

あ〜ポイントが高くつくのはGeforce 1070以上なのかぁ。一番安くても42,500円の製品だから2500円安くなっても焼け石に水だな。やっぱりクソパラだよなぁ。高いものを売りたいという気持ちはわかるけど、基本お買い得製品ってのは市場価格が安いものぐらいしかないのであった。

他にパソコン本体とか多少は安くなっているのかもしれないが、ドスパラのノートでひどい目を見て以来完成品は買うまいと思った。それにIntel 第8世代のCPUの前に売り払ってしまおうというセールでしかない気がしている。25周年とはいえやっぱりしょっぱい店、ドスパラ。安かろう悪かろうか、高い製品はポイントがつく量販店で買ったほうがいい場合も多い。実際、ヨドバシで買うことも多くなった。

ドスパラほど初期不良が多くて交換を渋る店もないもんな。なぜ今も使っているのかよくわからないんだが、他に買いに行く店が近くにないんだからものによっては仕方がない。パーツの店だからわからなくないけど、まず客の誤解を疑う対応をどうにかしたほうがいいよ(9割はこっちが悪くない)。それと店員が客向きの外交的な奴が少なすぎる。パソコンいじりが好きそうな内向的ないかにもな奴が多くてうんざりする。


いしだ壱成、クソだな。ルーティーンとかいって人を奴隷のように使っているだけじゃないか。そんなの自分でやれよ。まだ飯作ってもらうとか、家事やってもらうとか、仕事をきちんとやっていればいいのだろうけど、仕事だってきちんとやってんだかどうなんだかよくわからないし。というか、離婚をネタにしてテレビに出てくるとかどこまでゲスなんだよ。

石田純一もあまりまともな人間じゃないと思っていたけれど、子供はヒドすぎる。なんか二世タレントとかみんなクソぞろいだな。人格的にスポイルされてしまっている。世の中にクソみたいなのはごまんといるが、それが普通だと本人は思っていて、それがおかしいとは思っていないから始末が悪い。病気とか生まれついての問題とかならまだしも、そういうんじゃないんだもんなぁ。

まぁ努力もあるんだろうけどタレントで売れるなんて宝くじに当たるようなもんだろうし、そこから学ぶことなんてスポンサーにへーこらするぐらいしかないから、子供に教えられることなんて何もないのかもなぁ。というか、売れない時期があると厳しいだろうけど、売れたら実力以上のお金を得られる構造ってのも腐る原因になっている気はする。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2017/10/21 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2017/10/20 [Twitter]


コメント(0) 

WPA2の脆弱性って具体的に何なのか [ソフトウェア]

WEPの脆弱性はWPAができていたから放置状態にされたけど、WPA2は最新のプロトコルなので直すか新しいのを使わないとあかん。だけど無線LANはソフト的に対応するにしても、ファームウェアを変えるのはしんどいことも多いから厳しいな。でも、ちょこちょこ見ている感じでは、クライアント側を対応すれば大丈夫みたいだ。というか、それも含めて詳しく知りたい。

まずはIPAでざっくり。
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20171017_WPA2.html
複数の脆弱性があるとしか書かれていない感じ。ただ、外からAPを経由して暗号化を破ることができるらしい。絵からするとそうなんだけど、これはAPが中継機能を持っているという事なのだろうか。

とにかく盗聴ができるのでHTTPSとかで暗号化していないと、パスワードとか打ち込むと丸見えになりますという事なんだろうなぁ。まぁパスワードを入力するページは普通はセキュアなので、公開していない情報を暗号化していない経路で送るとまずいという話ですね。WPA2が暗号化していないフリーWi-Fiに変わったようなもんですかね。公衆Wi-Fiは問題あるという話をよくされますが、その危険性と同じ状態になるわけで、そこまで危険にさらされるわけではありません。

まぁ危険度は上がるわけですが、そもそもインターネットはどこかで盗聴されてもしょうがない仕組みにはなっていますからね。そんなに簡単に盗聴できるわけじゃないですが、アメリカのように国が気合を入れて盗聴している場合は、簡単に途中で見られる可能性は高いわけです。まぁそのためのHTTPSなわけですが、RSAが破られたという話ではないのでそこまで気にする必要はないのだろうかと。


具体的にどういう攻撃をされるかという話なんですが
https://jvn.jp/vu/JVNVU90609033/index.html

  • パケットの復号やインジェクション
  • TCP コネクションのハイジャック
  • HTTP コンテンツインジェクション
  • ユニキャスト、ブロードキャスト、マルチキャストフレームの再送


って言われてもピンとこないですね。原因を見てみると少し話が見えてきました。

WPA2 プロトコルには、ハンドシェイク中に Nonce およびセッション鍵が再利用される問題があります。攻撃者はアクセスポイント (AP) とクライアントの間で Man-in-the-Middle 攻撃を成功させた後、ハンドシェイク中に特定のメッセージを AP またはクライアントに再送することで、Nonce やリプレイカウンタ をリセットし、すでに使用されているセッション鍵を再利用させることが可能です。


セッション鍵と書かれていることから、そのセッションだけ使う暗号鍵なんだろうなと思われます。

Man-in-the-Middle 攻撃というのは大体わかっているけど、具体的にどういうのかわかってないな。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070109/258271/
単純に時刻同期を使ってパスワードをやりとりするワンタイム・パスワード方式では,中間者攻撃に対して無力

今回のセッション鍵もワンタイムパスワードと同じようなものなんでしょう。その暗号化鍵を使いまわしさせてWPA2の暗号化を復号して中身を見れてしまう。

APの設定画面とかは、WPA2などで暗号化されているのを前提をしているので、AP側がHTTPSではないことも多いだろうから、ログインするときのパスワードは盗まれちゃいかねない。その先のWPA2のキーも盗まれかねない。そんでアクセスされ放題になってしまう可能性が出てきてしまう。MACアドレスをフィルタリングするくらいしか防御方法がないかもしれない。まぁ仮想化技術で見ている人はわかると思うんだけど、MACアドレスもそんなに難しくはなく偽装できると思われ。

ただ、普通の人はAPにIPアドレスでログインすることは少ないと思うから、そんなに気にする必要はないんじゃないかな。普通はWPSボタンを押してアクセスできるようにしているだろうから、そもそもAPが持つWebインターフェイスにはアクセスしないだろうし。WPS自体が今回の脆弱性に影響しなければ問題ないんだろうけど、そもそもWPSをしている時間は短くて限られているだろうから問題ないんだろうね。無線LANルーターを設定するときは、有線でやるのがいいのかもしれない。

今回はAPに無断アクセスされることじゃなくて、間に入られてなりすましとかされることが問題なんだろうと思われ。ともあれ、実証コードが出てくる前に対応に動いてはいるから、きちんと対応していれば問題はないんだろうとは思う。それと基本、無線LANルーターの言及をしているページに「ルータモードやアクセスポイントモードは対象になりません」と書いてあるので、つなぐスマホとかPCをアップデートすれば済みそうである。ただ、APを中継機器として使っている場合はちゃうよと書かれていたみたいなので、落とし穴はないわけではない。

すでにサポートされていない機器とかを使い続けていなければ大丈夫そう。それとクラックされてもHTTPSを使っている限りはそれほど問題になることもないでしょう。まぁクラッカーの人もこんだけ早く対応に動かれたら、クラックするソフトを作るのにもモチベーションが下がるでしょうからそんなに気にすることはなくていいのかな。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2017/10/19 [Twitter]


コメント(0) 

薄型ノートも4コアですか [ハードウェア]

前回パソコンの自作をしたいなという話をしました。Ryzenはもちろん、Coffee Lakeも悪くないらしく、まともな競争が促進されてうれしい感じです。Bulldozerあたりでは値段比からしても勝負になっていなかったしね。

デスクトップパソコンも欲しいのですが、実質的に良く使うノートパソコンの方が変えた方がいいんだよなぁ。薄型パソコン用のTDPの低いCPUが4コアになったので、そういうノートの性能の底上げになっているのだろうと思う。

やたらCoffee Lake-Sのベンチマークとかはあるんだけど、ノートはその他のパーツの影響もあってか、そういう比較のサイトとかはあまりない。そして4コアになるといってもCoffee Lakeではないので、根本的な刷新ではないはず。ともあれ低TDPなKabylake RefreshはHyperThreadingが利くみたい。そりゃあね。

https://ark.intel.com/products/codename/126287/Kaby-Lake#@mobile
https://ark.intel.com/products/124968/Intel-Core-i7-8650U-Processor-8M-Cache-up-to-4_20-GHz

最大周波数も最上位は4GHz越えなので、遅いと感じることはほとんどないだろう。まぁそこそこCPUの値段はするし、CPUのグレードに伴って他のスペックも高くなりがちで、全体の値段も上がるだろう。地道に懐に痛いのだが困ったものだ。

でも考えてみれば薄型にせずあまりTDPを考えなくてもいい設計にすれば、別にKabylake Refreshを待たずとも4コアがあったのだけれど、みんなAppleになど右ならえしてしまっていて、薄くて金属っぽい筐体がやたら多くて、他に選択肢が与えられていない場合も多かったりした。

そういう意味ではノート全体的に4コアにできたこと自体は良い事だろう。MacBook系がずっと2コアでってわけにもいかないだろうし。デスクトップ版もコア数が増えていてパソコンを買い時なのかもなと思ったりする。HyperThreadingも使えるので、単純にスレッド数は倍になって最大8スレッドになる。裏で何か動いて遅くなるという事はなくなるだろう。今どき4スレッドだときつい処理も単発じゃなければ十分にある。


正直CPUがとろくて固まるのと、HDDが読み込みが始まって待たされるのとか、最近はストレスになりつつある。前は当たり前だと思っていたことが、さっさと動くことが当たり前に思えるのだ。Webアプリも増えてレスポンスが悪くて遅いのが耐えられないという事はあまりない。サーバ側のレスポンスの努力もあるのだろうけど、何となくブラウザ経由で遅いなぁと思うと、回線の事とかサーバの処理の事とかを考えるから、何となく待てている気がする。実際、状況によってレスポンスの速さは違うから、それに慣らされているというのもある。

でもパソコン由来のものは自分の手前で何とかなるものだから、どうにもストレスがたまる。人間の対応と同じで、直接受けるところはテキパキやってもらわないと困るのだ。今気になっているのがSurface3のスペック。普通に動いている分にはいいのだけれど、何か引っかかる原因があったりすると、途端に遅さが露呈する。SSDではなくeMMCで、Core iではなくAtomであるわけだが、互いの遅さがかばいあわない感じがする。どちらも速ければ足を引っ張りあわないし、リカバリに時間がかかりにくいですし、最低どちらかが速ければ問題とならないことも多いんでしょう。

やっぱり安い値段のものはそれなりなんだよなぁというのがSurface3をはじめとする遅いパソコンの通奏低音となっている。そりゃ値段が安けりゃ遅いわな。というか、安く済ませる選択肢が増えているような気がする。そのため5万円以下の安価な製品がわりとたくさん出てきている。それというのも安価なタブレットで使われる部品が供給されるからなんだろう。タブレットだとゲーム以外は重い処理ってのはそんなにないだろうし、それはそれでいいんだろうけどパソコンに使うとつらい面も多い。

何というか最近はブラウザで文字を打つことが多いので、パソコンの処理がネックになってきていることも多いんだよね。テキストをストアするのはネットワーク先なので別にローカルのストレージはどうでもいいんだけど、そもそもそんなに保存する文字だとかがあるかというとそもそもない。問題となるのはブラウザの挙動で、最近はインタプリタであるJavaScriptが多用されている。そこでつまづきかねない。それと日本語変換の処理が日に日に重くなってきているので、よく使う日本語入力がボトルネックになりかねない。そもそもパソコンの処理として待ちであるはずの文字入力が待たされるとか本末転倒だとしか言えない。最近はサジェストとかするのでメモリが足りていないとかあるとまずい場合も出てきかねない。

パソコンはどこまで性能が上がるのかと疎まれることもあるのだが、性能が上がったらできる事っていうのも色々あるものだ。今ではサーバと同じような性能を持たせられるので、今の一般的なサーバはx86のものも多いのではないだろうか。さらにWeb系のサーバはスケールアウトとかが著しいので、汎用的なものを使った方がいいのだろう。ソフトも同じものを使えるしね。OSSな世の中でも、パッチとかを当てるのが面倒くさくてx86系にリプレイスしてLinuxベースにしてしまうという事がUNIXベンダー系企業でも起こっているらしい事を聞いた。片手ではUNIXを売っているくせに、自分たちはLinuxを使うという矛盾w。まぁ利用目的によるというのが実際のところなんだろうが何となく納得がいかない。

パソコン欲しいなぁ。今までGPUとかSSDとかはリプレイスしてきたんだけど、CPU周りは進化がかなり遅くなっていたので、ノートもデスクトップもかなり昔のがゴロゴロ現役で動いています。そろそろ刷新とは言わずとも、通常使うマシンぐらいは買い替えたいなと思ったりする今日この頃。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
前の10件 | -