So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

Twitterまとめ投稿 2016/12/09 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2016/12/08 [Twitter]


コメント(0) 

パソコン技術周りをダラダラ書く [ハードウェア]

最近のノートパソコンの傾向として、PCIe接続(SATA Express?)とかM.2接続とかで、SSDのボトルネックを解消しているところがある。並び的には、PCIe接続>SATA接続>eMMCという速さの順なんでしょうが、今のところeMMC接続でなければいいなという感じはします。使っていてeMMCだと(Surface3)ところどころで引っかかる感じがあって、速いSSDを前提としたソフトウェアだとかなりストレスがたまります。

HDDよりかいいだろ、と言われればそうなのですが、正直どっちもどっちだなぁという印象のeMMCですね。基本的に特許回避に使われたフラッシュメモリの実装方法だと思うので、そこのところは値段ありきというのは避けられないところです。なので安いタブレットとかはみんなeMMCを採用していると言っていいと思うので、そこいらの操作感はHDDからSSDに変えた時の爽快感以下であると認識してほうがいいでしょう。

そもそも元々がフラッシュメモリのカードを接続するためにできた規格ですから、MMCという名前からしても古くて遅いというのは当然のところなのかもしれません。というかMP3全盛の時代にちょっとだけあった感じのMMCカードですからねぇ。とはいえ、コスト的な問題からどっこい生きてるタブの中なわけです。


結局、IntelのCPU任せで新製品を出していると、正直みんなメーカー間で同じになってしまうので、パフォーマンスの面ではSSDの改善に走るのは当然かもしれません。まぁ動作でCPUが問題になる作業はあまりノートパソコンではしないというのが普通でしょうし。

そう考えるとデスクトップパソコンって場所を取る以外はわりと制限がないんだなぁという印象になった。まぁデスクトップのマザーボードと、ノートパソコンのロジックボードを比較したら、その大きさだけでも十分なアドバンテージがあるのだろうな。とはいえ次世代メモリの配線距離は短めみたいだから、マザーボードが大きいメリットは活かせないんでしょうが。

ともあれDDR4も軌道に乗っているみたいだし、最近の円安が終わって円高が来たあたりで自作でもしようかなと思ったりもする。配線の長さを一緒にするために、不自然な模様を描くような配線は続いていくのでしょう。というか、電子の速さでもその程度の影響が出てしまうって、どんだけ速いタイミングで情報をやり取りしているんだって話ですよ。CPUにメモリが直結してから久しいが、そうしないと帯域幅が確保できなかったのでしょうね。グラフィックボードなどのPCIe関連の勃興もなかなかすごいし、これ以上SSDなんかの帯域も太くなっていくんでしょうしね。


パソコンは売れてなくて、台湾のノートパソコンメーカーは苦戦を強いられているようです。元々デスクトップパソコンが売れなくなって、ノートに主戦場を置かなくなってから随分経ちますが、今やスマホにシェアを奪われていっている感じです。タブレットもスマホの小ささを補完するような使い方をされているみたいですが、一時期のiPadフィーバーは随分前に終わっています。

やっぱり通信機器であるスマホは強かったって話ですよ。誰も1日ごとに充電を強いられるコンピューターなんて流行らないと思っていましたが、どうせそんなに通話しない人たちから考えると、暇つぶしにインターネット漁れたほうがいいに決まってます。iモードみたいな中途半端なWebで満足できていなかった証拠にもなりますしね。

僕もフルブラウザが乗ったW-ZERO3[es]をすぐに買いました。iPhoneがスマホの最初だと思っている人は少なくないと思うけど、W-ZEROの方が早かったし感動は大きかった気がする。何しろできることがこんなに広がるとは思っていなかった。スマートフォンという言葉はまだ浸透していなかったけれど、パソコン+携帯というコンセプトがいかにキャッチーだったかを思い出します。スタイライスで面倒も多かったけど、スライド式のフィジカルなキーボードがあったから嬉しかった。予測変換がなかったから、慣れている人のメールよりかは返信が遅かったけれど、ガラケーで長文を書くのはしんどいしねぇ。


iPhoneは7まで行きましたけど、今の所6で何の不満もないので、新しく機種変しようとは思っていません。ガラス画面も割れてないし。割れている人をよく見かけますが、気にならないのかなぁ。そういう図太い神経の人間がそんなにもいるのはちょっと呆れます。ただ学生はお金がないとかが多いんだろうけど、社会人でバキバキに割れている人とか見ると、どんなに生活が困窮しているんだよと思ったりします。まぁかける金の優先順位が違うだけなんでしょうけれども、他人から見てもあまり気持ちが良いものではなかったりします。

iPhoneは出て来た時から完成度が高かったので、正直フラッシュメモリの容量と通信速度の速さが悪くなければそれで良かった。あとはアプリだが思いの外使いやすいものと、それはダメでしょうと思えるものがわりと二分化した。既存のWebサービスのアプリ化は大体ダメで、それによって幾らかでもメリットがないと話にならない。使う機能が減るでグレードなんてあったら使い物にならない。

iPhoneにしたのは、iPhoneで開発しようとしたからなんだけど、その時は年間に払う費用があって、それを払わないと実機にインストールさえできなかった。今はその縛りは取れたんだけど、特に自分が新しく作らないといけないものってないなぁと思ってしまったのでした。Obj-Cもできたし、Swiftにも興味があったけど、正直もうプログラミングはそっち方面でしなくても良いや、という気になってしまいました。

それよりかWebサービスなどの方が面白くなっていたので、幾らか飽和状態にあるiOSの方はいいかなと思ってやってません。他にすることがある上に、肉体的にも精神的にも余裕がなくなって来たのでした。仕事だったらやりますけど、今のところそのオファーも計画もないです。いまのところそんなかんじ。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2016/12/07 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2016/12/06 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2016/12/05 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2016/12/04 [Twitter]


コメント(0) 

VirtualBoxでHDDをリサイズしたけど反映されなかった。 [ソフトウェア]

最近VirtualBoxでLXC2を使っているのだが、始めに切ったHDDイメージが小さすぎて気になってはいた。VDIという形式のHDDイメージだとハードディスクを拡張できると見たことがあったので、探してみてやってみた。

https://www.virment.com/extend-virtualbox-disk/

ここではMac上のVirtualBoxなのだけれど、WindowsにもVBoxManage.exeはあった。
VBoxManage modifyhd 拡張したい仮想マシンの仮想ディスクのパス --resize 拡張後のディスク容量

で、できるそうなのだがWindowsでもパスを通さなくてもフルパスでexeを指定してあげて動作することができた。10GBの可変VDIだったのだが、50GBに直すことができたようでエラーも出ないし、VirtualBoxの環境設定を見るときちんと50GBと表示されていた。ここまでは順調だった。

しかし、実際の仮想OS内ではそれを認識していない。dfコマンドで見ても10GBのまんま。まぁどこかでもすぐに反映はされないからいろいろやっていたんだけど、とりあえずVirtualBoxの光学ディスクドライブからGpartedのISOファイルでブートして、VDIなファイルのパーティションを割り振ってない領域に既存のパーティションを広げようとした。でも、10GB以上の領域は確保されておらず、グラフィカルな別環境でも拡大させることができなかった。

これがWindowsのVirtualBoxだからダメなのか、仮想OSがWindowsじゃなくてLinux系だから認識しないのかは分からないのだけれど、みんながやっている通りにできないパターンもあるらしい。スナップショットがなくなれば大丈夫というHPもググって見つけたんだけど、その症状ではなかったし。

partedやresize2fsなどのコマンドラインツールでもやってみたんだけど、そもそものLinuxが50GBに拡大したHDDとして認識しないので無駄だった。なんだろうなぁ。Debian系だからダメなのだろうか(GpartedもDebian系のOSを元にしていた気がした)。とにかく、上手くいかないパターンもあるみたいだ。


もう面倒くさいので、新しく50GBの仮想HDを作ってインストールし直しました。どうしても今までの設定を再度やりたくはなかったのだけれど、小細工しないで素直に最初からやり直せばよかったな。失った時間的に効率的ではなかった。ただ、どうしてもLXCなどのコンテナを使っていると、それなりにHDDなどの空き容量が必要になってくるので、最初から大きめに取っておくのがいいのかもしれない。

やっぱり仮想アプライアンスというか、仮想化環境でもホストOSのセッティングは面倒だ。まぁUbuntuのセッティングなんて死ぬほどやったから慣れてはいるんだけど、やっぱり面倒くさい。

コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Twitterまとめ投稿 2016/12/03 [Twitter]


コメント(0) 

Twitterまとめ投稿 2016/12/02 [Twitter]


コメント(0) 
前の10件 | -